スポーツカー 若者が人気を下支え

FXブログ
スポーツカー 若者が人気を下支え
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 スポーツカー 若者が人気を下支え

このふたり乗りのスポーツカー購入のため 予約会には行列ができた

スタイリッシュなデザインがかっこいいと一目置かれています。室内空間や収納スペースはステーションワゴン並と評判でおすすめです。機能性が抜群なのに価格も比較的安く、スポーツカーの選び方に悩む庶民でも手が届く人気スポーツカーです。危険回避システムの「プロアクティブ・オキュパント・プロテクション」の主な機能も標準搭載されていて人気です。

1989年に発表されて一大ブームを巻き起こしたのは、ご存知のとおり。このふたり乗りのスポーツカー購入のため、予約会には行列ができた。いまならちょっと信じられない。SUVばかりに眼がいっている昨今とくらべると、当時のほうが、私たちの趣味は洗練されていたのかも。

MR2の遺伝子は、トヨタのガズーレーシングに引き継がれているのかもしれない。「GRスープラ」や「GRヤリス」などだ。こんなピュアなスポーツカーで、デートに出かけたいと考えるひとが(いまでも)沢山いることを期待したい。

人気ランキング12位はスポーツカーでは珍しくワイドな車幅で話題を呼んでいるレクサス「LC500」です。

スポーツカーは種類が豊富なうえ、燃費の良し悪しも車種によって大きく異なります。少しでも維持費を抑えるためには低燃費のスポーツカーを選ぶこともポイントです。

フェアレディZは1989年に4代目となったが、その後10年以上にわたってモデルチェンジは行われなかった。1996年にはアメリカへの輸出が中止されてしまう。日産は困難な時期を迎えており、スポーツカーに力を入れる余裕はなくなっていた。

軽自動車初の「6速マニュアル」を搭載して加速のしやすさと快適性にこだわって作られたスポーツカーです。ブレーキを高精度に制御しハンドリングをしやすくする「アジャイルハンドリングアシスト」を軽自動車で初採用しています。おすすめポイントは優れた燃費性能をもっているところで、「排出ガス基準75%低減レベル」をクリアするなど環境にも配慮しています。

右左折時やコーナリングの時に視界の妨げとならないように形状やサイドミラーの位置を最適化するなど視界性能や安全性にこだわって作られたスポーツカーです。危険回避機能を搭載し、ドライバーが思い描くラインをスムーズに安全に再現できるようにアシストしてくれます。軽量かつ強度なボディで安全性も高く、選び方に迷っている人におすすめです。

コーナリングやターンイン・アウトのしやすさに定評のあるスポーツカーで、車両の向きとドライバーの目線を一致させることによって操作をより正確に安全にすることができます。国が推奨する自動車安全コンセプト「セーフティーサポートカーS」を搭載し安全性にも配慮しています。コスパも良く、車両本体価格も安いので庶民にも手が届きやすいスポーツカーとしておすすめです。

モータースポーツ会でも活躍中のスポーツカーで、24時間耐久レースで5度の優勝経験を誇るなどその実力は世界でも認められています。内装もシックで大人っぽいデザインが特徴で、しなやかで快適な乗り心地もおすすめポイントです。ハンドリングも素早くでき、高速道路でも市街地でも柔軟に対応してくれる反応性の高さが人気です。

軽量で高剛性のボディを実現する「Ausiスペースフレーム」とパワフルなTSFIエンジンやSトロニックを組み合わせることで高性能で高効率を実現しているおすすめスポーツカーです。選び方のポイントは途切れを感じさせないドライビングコントロール可能にした「デュアルクラッチトランスミッション」です。ドライバーのニーズに合わせてフレキシブルな対応をしてくれるところもおすすめです。

羽のようなデザインが個性的で加速性を高めています。「排出ガス基準50%低減レベル」認定車にも選ばれエコや低燃費にも配慮しているスポーツカーとしても人気でおすすめです。世界第一級の運動性能を実現するため主要システムをコンパクトに設計し、室内空間も広くゆとりを持って設計されているスポーツカーです。

エンジンをフロントアクスルの後方、低位置に配置することで運動性能の向上と乗り心地の良さを実現しています。エレガンスで上品なデザインが唯一無二の存在感を発揮しています。安い価格ではありませんが、機能性とデザイン性を兼ね備えたスポーツカーとして人気を集めています。

アメリカではジャガーEタイプやポルシェ911の人気が高かった。走行性能もスタイルも一級品だったが、価格が高くて誰もが購入できるようなクルマではなかった。性能が良くて安価なスポーツカーがあれば、必ずヒット商品になる。日本に帰るたびに、片山は日産本社で自らのプランを説明してまわった。共感を示したのは、設計部長だった原 禎一と若手デザイナーの松尾良彦である。片山の考えは、次第に形になっていった。

重いコンポーネントをすべてホイールベース内に配置することで高い俊敏性を実現しています。車両重量も1,060kgと軽量で、走りが軽快なのもポイントです。外車スポーツカーの中でも価格が安いので、庶民でも購入しやすいものおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
` this.fetchProxy(url, options, 0).then( res => res.json() ).then( data => { if (data.body) this.srcdoc = data.body.replace(/]*)>/i, `