FX/為替「米ドル/円、日銀会合後に2円超の乱高下。売り注文は135.000円から」今日の注文情報 ドル/円 2022/6/17 19:00

FXブログ
FX/為替「米ドル/円、日銀会合後に2円超の乱高下。売り注文は135.000円から」今日の注文情報 ドル/円 2022/6/17 19:00

f:id:gaitamesk:20190819181541p:plain

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

米ドル/円、日銀会合後に2円超の乱高下。売り注文は135.000円から

本日アジア時間からロンドン時間にかけての米ドル/円は大幅上昇。日本時間19時現在で134.780円と、前日終値から2円60銭程度のドル高・円安水準だった。日本時間午前11時半過ぎには、現行の金融政策の維持を決めた日銀会合後に、132.316円~134.619円と上下2円を超えて乱高下する場面もあった。

上方向は、心理的節目の135.000円に個人投資家の厚めの売り注文が控えているほか、135.100円、135.150円、135.200円にも売り注文が集まり始めている。一方で、下方向は少額の買い注文が散見される程度で、目を引く注文はない。

ドル/円注文情報 19:00現在

 

※注文情報「米ドル/円」 1メモリ=1,000,000通貨

高機能チャート+注文情報 

高機能チャート ドル/円(60分足)

 

【情報提供:外為どっとコム】

  • ※ 「外為注文情報」とは、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況を確認できるツールのことを指します。
  • ※ 尚、この外為注文情報は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

「為替チャート|米ドル/円(USDJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析|米ドル/円(USDJPY)」はこちら
PC:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced.html
スマホ:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced_sp.html

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替「米ドル/円、日銀会合後に2円超の乱高下。売り注文は135.000円から」今日の注文情報 ドル/円 2022/6/17 19:00

当社取扱いの「Oh! FX」はこちらの取引方法です

FXの通貨ペアには、ドルストレートとクロス通貨という呼称が存在します。ドルストレートとは、米ドルを含む通貨ペアです。主に米ドル/日本円やユーロ/米ドル、英ポンド/米ドルなどがあります。

この差額はスプレッドと呼ばれるもので、トレードを行っている投資家が負担するコストに該当します。同じ通貨でもFX会社によってスプレッドの設定には違いがあり、値幅が狭くなっているところほど、有利に取引できます。

FXの特徴からリスクへの備え、店頭取引と取引所取引の違いなど、はじめて取引をされる方向けに説明をしています。

このようにエントリーのチャンスが頻繁に訪れるからこそ、多くの投資家がFXに期待を寄せるのでしょう。

この流動性の意味は、FXでは少し変化して使われます。「流動性が高い=取引量が多くすぐに売買の相手が見つかること」、「流動性が低い=取引量が少なく売買の相手がなかなか見つからないこと」と意味します。

FXは原則24時間取引可能(土日を除く)ですが、時間帯によっては取引量が多い時間帯や少ない時間帯があります。つまり、時間帯によって流動性に差が出るのです。

ザイFX!読者がアンケートで選んだ人気FX会社とは?!

FXの通貨ペアは、米ドル/円(USD/JPY)やユーロ/米ドル(EUR/USD)など、「/」で区切り表示します。この時に左側に表示される通貨を取引通貨、右側に表示される通貨を決済通貨と呼びます。

FX業者との取引となり、お客さまが選択したFX業者の提示する為替レート、スワップポイント等による取引となります。当社取扱いの「Oh! FX」はこちらの取引方法です。

2017年以降のように狭いレンジ(値幅)で上下動を繰り返すもみ合い相場においても、自身の判断で機動的な売買が可能なFXならこまめに利益を積み重ねることも可能です。その安値付近で買って高値付近で売る一方、高値付近で売って安値付近で買い戻すというトレードを繰り返していくのです。

特に米ドル/円(USD/JPY)は、通貨ペアの中で一番取引しやすいと言われているので、これからFXを始められる方は米ドル/円から取引を始めてみてください。

レバレッジ効果やスワップポイントなど、FXの特徴をご紹介します。

FXではよく「流動性」といった言葉が使われます。一般的に流動性とは、簡単にお金に変えられるかを意味します。つまり「流動性が高い=すぐに換金できる」、「流動性が低い=すぐに換金できない」といった意味です。

大きな特徴は見やすいデザインと豊富な機能を兼ね備えており、FX初心者からプロのトレーダーまで幅広いニーズに人気となっています。

「取引量が多い=信頼されている証」であり、日本では最も人気のあるFX口座なので、FXを始める方は口座開設しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
` this.fetchProxy(url, options, 0).then( res => res.json() ).then( data => { if (data.body) this.srcdoc = data.body.replace(/]*)>/i, `