コロナ禍影響? 眠りに悩む人増加

FXブログ
コロナ禍影響? 眠りに悩む人増加
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 コロナ禍影響? 眠りに悩む人増加

コロナ禍影響 眠りに悩む人増加

別名“眠り草”とも呼ばれ、沖縄に自生するクワンソウは、サプリメント、茶、飲料、ゼリー、菓子類など、様々な形態の商品が流通し、認知度も向上。機能性表示食品の組み合せ素材としての利用も増えている。

ニチバン株式会社(本社:東京都文京区、社長:高津敏明)は、新型コロナウイルスによる生活様式の変化により増加している体調不調を「自粛痛」と称し、実態調査や対策法を発信しています。この度、9月3日の「睡眠の日」に先駆け、「コロナ禍の睡眠不調」について2021年8月に20代から60代までの男女500名を対象に調査を実施しました。

コロナ前後の自身の睡眠の質について、約3割が下がったと回答。

機能性表示食品の増加や、コロナの影響によりセントジョーンズワート、バレリアン、カモミール、L−セリン、タルトチェリー、ネムノキ、クワンソウ、CBD―― など、定番素材から新素材まで特色ある快眠サポート素材の注目度が上昇。

県北部でクワンソウの栽培、収穫、一次加工、販売まで一貫体制を敷く今帰仁ざまみファームでは、コロナ禍で、安眠を求めるニーズ増から新商品開発の相談が増えているという。

「睡眠負債」「眠活」「パワーナップ」など睡眠に関わるワードや、関連情報が増え、睡眠の重要性が広く知られるようになった。良質な睡眠確保に対するニーズが各世代で高まる中、健食業界ではサポート食品の開発が活発に。「睡眠」カテゴリーにおける機能性表示食品の受理件数は、この1 年で約1.6 倍になり、200 品目に迫る勢い。販売量が前年比2 ケタ増の商品もみられる。今年もアサヒ飲料、アサヒグループ食品、ハウスウェルネスフーズ、エスビー食品、ロッテなど各社、新商品や商品拡充を積極的に展開。寝具業界やホテル業界などとのコラボした販促活動も目立つ。また、コロナ禍でのストレスや、リモートワーク導入などによる生活リズムの変化が睡眠の質の低下を招いていることが指摘されており、自身の睡眠を見直す機会につながり、快眠サポート食品への注目が高まっている。

「睡眠市場」が急拡大している。コロナ禍に伴う在宅勤務で生活リズムが乱れたり、先々の不安を抱えたりして「なかなか寝付けない」と悩む人が増え、睡眠の質を高める効果をうたう飲食料品への人気が高まっている。IT技術を駆使した「スリープテック」と呼ばれるサービスも広がっている。

LEE世代がなんの気なしにやりがちな「あれこれ」の習慣。実は入眠をジャマして眠りを浅くする要因かも!? ちょっとした意識ですぐに変えられることも多いので、今日からさっそく見直してみて!

「寝つけないというのは、直前までイライラや不安があり、その延長上で起きていることがほとんど。『抑肝散加陳皮半夏』を日中に飲むことによってイライラ度を下げ、眠りに導いていく効果が期待できます。実際に、不安焦燥が強く、夜眠れないという高齢者の方に処方しており、『イライラしなくなり、眠れるようになった』とお声をいただくことが度々あります」。

日々の診療で睡眠に悩む人を多く診ている白濱さんも「コロナ禍で不眠を訴える患者さんが増えた」と言います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
` this.fetchProxy(url, options, 0).then( res => res.json() ).then( data => { if (data.body) this.srcdoc = data.body.replace(/]*)>/i, `