更年期不調理解されず 嫌がらせも

FXブログ
更年期不調理解されず 嫌がらせも
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 更年期不調理解されず 嫌がらせも

更年期不調理解されず 嫌がらせも

40~50代女性の多くが経験する更年期症状。話には聞いていても、実際に自分の身に起きてみると、それが更年期のせいだと気づかないことも多いようです。つらい症状があるのに「年のせいだから仕方ない」とあきらめていませんか?早めに解決策を見つけましょう。

本邦でのNHKの調査でも、更年期症状が原因で、いずれかの雇用劣化(非正規化、降格・昇進辞退、労働時間・業務量減、仕事をやめた)が起きたと自ら認識した者の割合は、全体の15.3%を占めていました。

「症状への業務上の配慮がなかった」「偏見を感じた」「嫌がらせやハラスメントを受けた」といった回答も少なくなく、職場での配慮の欠如も浮き彫りになりました。

嫌がらせ行為がSNS上で行われている場合には、そういった画面上の表示も証拠化しておくべきです。 たとえば、相手のSNS画面に名誉毀損的な言葉が書き込まれていたとき、自分のSNSに嫌な言葉を書き込まれたときなどには、その画面を写真で撮影するか、スクリーンショットを撮影しておきましょう。 プリントアウトして紙の形にしておく方法も効果的です。

40代以降の「更年期」に現れる心身の不調が生活や仕事に及ぼす影響について、厚生労働省が初の実態調査に乗り出す。労働現場からは、つらい症状を周囲に相談できずに孤立したり、症状の理解が得られずに嫌がらせを受けたりした報告も相次ぐ。離職を余儀なくされる深刻なケースもあり、法整備を求める声が上がっている。

症状に応じて、内科、整形外科、心療内科などを転々と受診する人も多いのですが、更年期にさまざまな不調を感じたら、まず婦人科を受診するとよいでしょう。更年期障害の診断で最も重要なのは問診です。気になる症状があったら、「これは関係ない」と自己判断せず、どんなことでも医師に伝えることが大切です。

実際に仕事にマイナスの影響があった「更年期ロス」の内訳を見ると女性では「仕事を辞めた」という人の割合が最も多く、9.4%。男性では「人事評価が下がった・降格した」人の割合が7.8%と最も多くなりました。

また、更年期の女性自身だけではなく、同僚や組織が被るダメージも見過ごせない。更年期にまつわる問題が原因で生産性が落ち込んだり、場合によっては職場を去る女性社員が出てきたりするからだ。

女性の更年期は閉経を基準とします。閉経とは月経が完全に止まってしまう現象を指し、1年以上月経が来ないことを確認してはじめて閉経と言います。世界的には更年期という言葉は使われず、「閉経移行期」または「周閉経期」と「閉経後」という区分をすることが多くなっています。

更年期症状については、大きく3つに分けられます。

さらに更年期症状が原因で職場で抱えた問題について詳しく聞いたところ、「更年期ロス」は当事者ひとりの問題ではなく、職場や周囲の対応に原因があるのではないかということも見えてきました。 降格や人事評価の低下や退職勧奨など労働面での問題に加えて(図・更年期症状が原因で職場で抱えた問題①)、「症状への業務上の配慮がなかった」「偏見を感じた」「からかわれたり軽くあしらわれたりした」「嫌がらせやハラスメントを受けた」という人も少なくありませんでした(図・更年期症状が原因で職場で抱えた問題②)。

更年期障害や症状によって思うように働けず雇い止めにあうケースもあることから厚労省は実態把握につとめたいとしています。

家計への影響が深刻であることも分かりました。更年期症状による収入低下や治療費用の捻出によって生活に起きた変化を聞いたところ、「食費を切り詰めた」「貯蓄を取り崩した」という人が男女ともにおよそ20%に上りました。

更年期症状と仕事を両立するために、国や職場でどんな支援や制度が必要か尋ねたところ、女性では「育児休暇や生理休暇の使いやすさ」が43.6%で最も多く、次いで「休んだときの収入補償」41.6%でした。男性で最も多かったのは「休んだときの収入補償」40.2%、次いで「治療の経済的支援」34.3%でした。

更年期症状が出現する頻度は、日本では前述の通り約37%でしたが、2014年の海外の報告では、40~64歳の女性の約57%に血管運動神経症状(VMS)が出現したと報告され、倦怠感、うつ傾向、睡眠障害等も認められ、QoL(生活の質)が低下します5-6)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
` this.fetchProxy(url, options, 0).then( res => res.json() ).then( data => { if (data.body) this.srcdoc = data.body.replace(/]*)>/i, `