沈みゆく業界 快活CLUBの特異性

沈みゆく業界 快活CLUBの特異性
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 沈みゆく業界 快活CLUBの特異性

沈みゆく業界 快活CLUBの特異性

現在の形に至ったのには特有の背景がある。あまり知られてはいないが、快活フロンティアは紳士服販売のAOKIで展開するAOKIホールディングの別事業として生まれた。

一方、快活クラブには、広さ約1畳半の天井付き・鍵付き完全個室が、1店あたり平均20部屋備わっている。そのうち、約4割にリクライニングチェアが設置されており、それらをリモートワークの拠点として提供する計画だ。個室ブースとカラオケなどの遊興施設は明確な区分けがあり、カウンターでの手続きがなければ自由に往来できない仕組みになっている。

いろいろなネットカフェを使ったことがありますが、快活が一番気に入っています。一番の理由は「清潔感」。分煙がきちんとされていなくてタバコの臭いのする店もあります。快活はそうではありません。また、ネカフェはたいていPCのマウスとキーボードは収納されていて、スライドで出てきます。このスライドが古くなっていたり、長年の使用でガタついていたりすることが他のネカフェではあります。快活では見たことがありません。

「快活CLUB」はどんなネットカフェ?

専門分野以外のスキルを身に付けて、多能工化することがビジネスパーソンに推奨される時代。個人にとっても企業にとっても、多様性が成長に向けた1つのキーワードになることを、快活CLUBの事例は示している。

今年か昨年かの1月、大雪で道路が通行止めになり、当日帰宅できなくなった時、快活に泊まりました。店員さんも「大変ですね」と声をかけてくれて、最低限の枕や毛布もそろっており、十二分に満足しました。朝食の無料ポテトが無くなったのは少し痛いですが、ネットカフェは困った時のより所として重宝しています。

快活CLUBも最初はネットカフェがメインだったが、カラオケ、ダーツ、ビリヤード、など、少しずつ機能を増やすにつれ、当初想定していたビジネスパーソン以外にもさまざまな層に愛好者が増えていった。前述のように家族連れもいれば、車で客先を回る営業マンが都心と同じく時間つぶしに使ったり、トーストとポテトの無料モーニングを楽しみに来店したりするシニア層が増えている。

複合カフェ業態もそんな中から生まれた。快活CLUBは2003年に1号店を開業以来、既存の郊外型店舗や居抜き物件を活用する形で出店攻勢を進め、現在は全国に500店舗近くを構える。

快活クラブは、同業の同等レベルのサービスに比べて高めの設定なので、仕事で日常的に利用する者としては、もう少し安くしてくれるとありがたいけどなあ。いずれこの形態(個室形式)でも、過当競争が始まると思うけど。

「家族でどこかに出かけて食事をすれば通常は1万円くらい掛かるところが、3千円程度で済んでしまいます」と、同施設を運営する快活フロンティアの東英和社長は説明する。

さまざまなサービスをバラバラに導入しているようにも見えるが、人々の生活導線上にあるあらゆるものを取り込むことで、上手くシナジーを生み出している。たとえば現在、快活CLUBと併設することが多いフィットネス専門店「FiT24」などは、一見ネットカフェやカラオケの利用客とは層が違うように思える。しかし、体を動かした後に食事を楽しんだり個室で休憩したりする需要が新たに生まれたり、逆にネットカフェの利用客がフィットネスを試したりといった相互利用が増えているという。

都心の駅近くで若者の利用が多い一般的なネットカフェのイメージとは異なり、ロードサイドに出店する快活CLUBが目指したのは「ビジネスパーソンの明日の活力になるような空間」だった。「薄暗く狭い」「時間つぶしにネットか漫画を楽しむか寝るだけ」といったインターネットカフェの一般的なイメージとは一線を画している。

神奈川県港北ビックヨーサンの近くの快活クラブですね。写真。

快活は店内が綺麗。特にトイレ。他のネットカフェはフランチャイズが多いのもあるかもしれないけど、清潔感に劣る。多少高くても、綺麗なところへ行きたいという層は結構いる。

仕事をするため鍵付き個室を利用していましたが、狭いのでもう少し広くしてほしい。壁が薄くて隣の部屋でくしゃみをしても聞こえるし、値段の割には厳しい。快活clubの食事がもう少し美味しくならないかなぁ。一番気になるのは、ブランケット。使い回ししているので、前の人が使った髪の毛やいろんな物が付着していて気持ち悪い。どれくらいの頻度で洗っているのかわからないが、きれいなものにあたったことはない。未だにモーニングポテトの再開も無く、ポイントの規約も変わって、値段も上がったので、このまま色んなサービスをじわじわとやめていくのだろうと思っています。なので、別のネカフェを利用するようになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
` this.fetchProxy(url, options, 0).then( res => res.json() ).then( data => { if (data.body) this.srcdoc = data.body.replace(/]*)>/i, `