ドル/円:ドル強気。135.50-60をクリアすれば一段のドル上昇へ。

ドル/円:ドル強気。135.50-60をクリアすれば一段のドル上昇へ。

ドル/円:ドル強気。135.50-60をクリアすれば一段のドル上昇へ。

直近の日足は大陽線の出現となり、この足が135.00超えに実体を乗せて終えており、短期トレンドを“ドル強気”の流れに戻した格好となった。135.10-20の週足の抵抗を実体ベースで上抜け切れていないことや、前日の大陰線を切り返しており、大きな上昇エネルギーを吐き出した状態にあることから、週初の上値トライには限りがあり、小反落の可能性があるが、トレンドが強い状態を保っているので、深い押しには繋がらない可能性が高く、週初の押しは買い場となろう。短期トレンドは133円割れで“ニュートラル”な状態に戻すが、130円を割り込んで終えない限り、“ドル弱気”に変化しない。また、135.50-60の抵抗をクリアした場合は一段のドル上昇に繋がり易くなる。日足の上値抵抗は135.50-60、136.30-40、137.10-20に、下値抵抗は134.50-60、134.00-10,133.50-60、133.00-10にある。21日、120日、200日移動平均線は、130.93と122.20、118.57に位置しており、短・中期トレンドは“ドル強気”の流れにある。 一方直近の週足を見ると、下ヒゲが非常に長く実体の小さい陽線引けとなった。下値トライに大きく失敗して週初の寄り付き水準に戻しており、この反動で週初から上値トライの動きが強まると見られるが、週足の上値抵抗を上抜け切れていないので、週初の上値トライに失敗した場合は、下ヒゲ部分の下値抵抗の厚さを試す動きが強まり易くなる。この場合でも、3手前の大陽線から新たな上昇トレンド入りした可能性が高く、今週は高値更新の可能性がより高いと見ている。今週も押し目買い方針継続としたい。今週の週足ベースで見た上値抵抗は、135.10-20(135.50-60をクリアした場合は下値抵抗として働く可能性あり),136.90-00、138.50-60に、下値抵抗は134.40-50,133.50-60、132.40-50にある。31週、62週移動平均線は120.53と115.53にあり、中期トレンドは“ドル強気”の流れに変わりない。 今週の戦略は、ドル買いは134.50-60で押し目買い。急落した場合の下値余地を134.00-10まで見ておく必要がある。損切りは133.40で撤退。ドル売りは今週いっぱい様子見か、135.60に浅い損切りを置くなら135.40台で軽く試し売り程度に。浅い利食いも着実に。 上値は135.20-30に軽い抵抗が、135.50-60に強い抵抗があるが、これをクリアした場合は上昇余地がさらに拡がり易くなり、135.80-90、136.10-20、136.30-40、136.80-90、137.10-20、137.50-60、138.10-20にある抵抗をどこまでクリア出来るかトライする動きへ。下値は、134.50-60、134.20-30、134.00-10、133.50-60にやや強い抵抗が出来ており、下値余地が拡がり難い状態だが133.00-10の抵抗を下抜けた場合は、短期トレンドを“ニュートラル”な状態に戻して131~132円台の足元を固め直す動きが強まり易くなる。この場合でも130円を割り込んで終えない限り、調整下げの範囲内となり、短期トレンドは大きく変化しない。

ドル/円【日足】期間:2021/10/14~2022/06/17(移動平均線は21、120、200日、以下日足は同様)


ドル/円【週足】期間:2019/05/03~2022/06/17(移動平均線は31、62週、以下週足は同様)

ユーロ/円:調整下げが終了した可能性。上下動を繰り返す可能性にも注意。138円割れで越週しない限り、強気の流れは変わらず。

直近の日足は大陽線で終えており、この足が6/8に付けた144.25を基点として上値を切り下げて来た流れから上抜けた位置で終えており、前日の大陰線で調整下げが終了した可能性が高くなっている。今週も上下動を繰り返す展開が予想されるが、先週の値動きの中で139~140円台の足元を固めた感があり、日足が137.50以下で終えるか、週足が138円を割り込んで越週しない限り、基本戦略はユーロの押し目買い方針が有効と見ている。日足の上値抵抗は142.00-10、142.70-80,143.20-30、144.00-10に、下値抵抗は141.00-10、140.40-50、140.20-30にある。21日、120日、200日移動平均線は139.21、133.73と132.19に位置しており、短期トレンドをサポートしている。 一方直近の週足を見ると、実体が小さく下ヒゲが非常に長い陽線引けとなり、下値トライに失敗した形で越週している。前週に上値トライに失敗した反動で、先週は下値追いの動きが先行したが、結果的には週足の下値抵抗にしっかり跳ね返されており、下値を切り上げる流れに全く変化が生じていない。強い下値抵抗に跳ね返された反動で再び上値トライの動きが強まると見られるが、143~144円台にある強い上値抵抗にぶつかる可能性にも注意する必要がありそうだ。但し、145円台に乗せて越週した場合は、新たな上昇トレンド入りの可能性が高くなり、一段のユーロ上昇に繋がり易くなる。逆に、可能性が低いと見るが、138円台を割り込んで越週した場合は下値リスクが点灯、日足が137.50以下で終えた場合はトレンドが変化して、一段のユーロ下落に繋がり易くなる。今週の週足ベースで見た上値抵抗は、142.70-80、143.80-90、144.00-10に、下値抵抗は141.20-30,140.00~140.20、137.90-00にある。31週、62週移動平均線は、132.68と131.79に位置しており、中期トレンドは“ユーロ強気”の流れを変えていない。 今週の戦略は、ユーロ買いは140.40-50の押し目待ち。損切りは“ニュートラル”な状態に戻す139.40で撤退。ユーロ売りは今週いっぱい様子見か、144.00-10まで引きつけて。損切りは144.60で撤退。 上値は、141.90-00、142.70-80、143.00-10、143.70-80、144.00-10、144.40-50に抵抗があるがどこまでクリア出来るかトライする動きが継続しよう。下値は、141.10-20、140.50-60、140.20-30に強い抵抗があり、全てを切り崩すほどの下げにも繋がり難いと見るが、この下の、139.70-80,139.10-20の抵抗も切り崩した場合は下値リスクが点灯、138円割れで越週するか137.50以下で終えた場合は短期トレンドが“ユーロ弱気”に変化して下落余地がさらに拡がり易くなる。(川合 美智子)

ユーロ/円【日足】期間:2021/11/30~2022/06/17(移動平均線は21、120、200日) ユーロ/円【週足】

© 2022/WFXA
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第 119 条により罰せられますのでご注意ください。尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル/円:ドル強気。135.50-60をクリアすれば一段のドル上昇へ。

さらに 豪ドル/米ドルの値動きが気になる

逆に、インフレ率の下げ止まりを確認する内容であれば、FRBの利上げペースは穏やかになるとマーケットは警戒感を緩め、ドル/円は円高方向の調整が期待できる。

米ドル/円相場は先週大幅続伸し、先々週の大幅切り返しに続き、134円半ばのトライで、目先としては一気に135円大台の打診を果たした。上昇加速、また再度高値追うような展開になってきたが、単純に円安ではなく、米ドル高の側面が鮮明になってきた分、「クライマックス」的な段階に来ていることを警戒したい。

もっとも、5月末からの連騰は、3月初頭から連騰の一環として位置付けており、また2021年以来の上昇波の一環として見る場合、上昇一服があってもおかしくない段階に来ている。その段階におけるパニック的な米ドル買い/円売りの相場心理がみられる場合は、一旦冷静に相場の推移を見守ることも大事なスタンスだと思う。逆張りはもちろん禁物であるが、米ドル急伸が続く場合、しっかり利益確定を行いたい。今週の連邦公開市場委員会(FOMC)後、波乱が起こる可能性に注意したい。

我々としては、135~137円といったターゲットゾーンを繰り返し提示してきたため、目先の市況に関して全くサプライズではないが、警戒すべきところもある。前述のように、米ドル買い自体にパニック的な側面があり、その上、円売りの「行き過ぎ」自体を否定できない以上、米ドル高/円安の一段進行自体は否定しないものの、手放しで高値を追えるかどうかは別問題となってくる。なにしろ、往々にしてクライマックスの段階において、何らかのサプライズ的な材料が出やすい時期でもあるため、警戒しておきたい。

しかし、CPIは前哨戦で、本番は来週のFOMC(米連邦公開市場委員会)だ。今夜のCPIで、米インフレ高止まりを確認することになれば、マーケットは今以上の利上げを織り込み、金利差拡大を背景にドル/円は135円、さらには140円を目指して円安が進む展開になるだろう。

豪ドル/円相場は先週続伸し、一旦高値更新をしてから反落、週足では「スパイクハイ」のサインを点灯していた。もっとも、先々週の大幅続伸は、上放れの構造を再度確認した上で、高値再更新を確実視していたため、想定通りの展開と言える。豪ドル対円の優位性が健在であるため、上放れ自体を当然な成り行きとみなし、この意味では、より長いスパンにおいて、これからもブルトレンドを維持できる公算が大きい。

ところで、米ドル/円の続伸、また高値連続更新を背景とした豪ドル/円の続伸自体、当然の成り行きではあるものの、これは米ドル/円次第の側面が大きい。すでに高値再更新が確認され、今さら弱気になる必要は全くないが、米ドル/円次第の側面を重視する場合、一旦上昇一服の可能性を無視できない。さらに、豪ドル/米ドルの値動きが気になる。米大幅利上げ、また連続利上げの想定が圧倒的な市場コンセンサスと化している中、豪州の事情(豪州の大幅利上げが行われたばかり)が無視される形で豪ドル対米ドルの反落が確認されており、米ドル買い優勢で豪ドル対円の上昇渋りも見られた。

この意味では、値動きのみでは市況をフォローしきれないかもしれない。5月末から連騰してきたものの、高値更新後のモメンタムが継続され、6月9日、10日の日足が「スパイクロー」のサインを灯しているところ、安易な頭打ちは想定できない。円安が本物である以上、順張りの円売りのみ、逆張りのスタンスはあり得ないため、仮に137円台を超えた円安の一段進行があっても、米ドル買い/円売りしかできないとみている。

一方、高値更新後の反落は、往々にしてモメンタムの低下を意味し、米ドル/円における「円売りパニック」の雰囲気と相まって観察すればわかるように、豪ドル/円の「出尽くし」感を払拭しきれない。さらに、米ドル/円自体が節目にかかり、また値動き次第で大きく変化するタイミングにあるため、今週手放して高値を追うスタンスには距離を取りたい。言ってみれば、保ち合いの先行でこれからの高値更新に寄与するなら、まず値固めの時期となり、同時期におけるレンジの形成を想定しておきたい。しっかりレンジの下限を拾う姿勢のほうが無難だと思う。

米商務省が発表した2月の米製造業受注は前月比0.5%減となり市場予想と一致したが、1月の1.5%増からの悪化で10か月振りのマイナスとなった。変動の激しい輸送関連を除くと前月比0.4%増、国防関連を除くと0.7%減だったが、市場の反応は鈍かった。4月4日のNYダウは前日比103.61ドル高、ナスダック総合指数は271.05ポイント高と上昇した。ダウは3月31日に前日比550.46ドル安と下落した後は落ち着いており34000ドル台中盤で下支えられて2月24日以降の反騰基調を維持しているが、1月5日の史上最高値から2月9日、3月29日と戻り高値は切り下がっており、上昇が勢い付くには2月9日高値35824.28ドルを超える必要がありそうだ。ウクライナ情勢とロシア制裁に対する先行き不安については今のところ米国市場には大きな影響を与えていない。

ここまでくると、テクニカル上の視点がシンプルになってくる。まず2002年1月高値の135.16円を早期ブレイクできるとみなし、その後137円台の打診が早期達成できるかどうかを確認、それ以上の高値トライは、140円心理大台まで大した節目がないことを覚悟している。逆に6月9日安値の133.18円を下回らない限り、高値圏での波乱があっても強気基調を保ち、米ドル買い/円売りの一段「行き過ぎ」を警戒しながらも、基本は上値志向の継続を有力視している。

昨年1月底を起点としたドル円の上昇は、感染拡大の波を繰り返しながら景気回復することによるサプライチェーンの停滞とインフレ、インフレ抑制へ積極的な姿勢をとる米連銀と金融緩和政策継続にこだわる日銀のスタンスの差が日米長期金利差の拡大と円売りを招いていること、原油高騰による輸入インフレが日本景気への足かせとなり経常収支悪化への懸念から悪い円安の様相となってきたことが背景だ。円安の進行に対して、2015年6月に125.84円へ上昇した際に日銀黒田総裁がこれ以上の円安はないと発言したことで125円=黒田ラインによる円安の限界水準という認識が定着していたが、125円へ迫る中で日銀が連続指値オペを通告して長期金利上昇を抑えようとしたことで、円安容認水準が125円からさらに切り上がっている可能性も出てきているところだ。125円到達でいったん調整安に入ったところから再び125円を目指す中で、円安けん制が強まるか容認姿勢か、市場も試してゆくことになるのだろうと思われる。

というのは、米5月の消費者物価指数(CPI)の40年ぶり高い数字を受け、マーケットはパニック的な米ドル買いに走っている模様だからだ。米大幅利上げがこれからも続き、また場合によっては1回0.75%の利上げもあり得るといった観測が急浮上し、米株安にリンクしたリスクオフが見られたわけである。リスクオフと言えば、昔は円買いだったが、円は資金の逃避先としてその役割が完全に失われており、米ドルが真の安全資産として評価されているため、米大幅利上げ、また連続利上げが確実視される中、米ドル買いの殺到で1番弱い存在の円はさらに売り込まれ、節目なしの様子を示している。

NY原油は4月4日に前日比4.01ドル高(4.04%高)と上昇した。ウクライナにてロシア軍の前線後退後に大量の死者が発見されたことで、欧米によるロシア制裁がエスカレートする可能性が資源エネルギー供給不安を再び強めている。NY原油はロシア軍のウクライナ侵攻開始から急騰して3月7日には130.50ドルまで高値を切り上げた後はやや過剰なパニック買いが落ち着いているが、100ドルを割り込んだところは買い戻されており、米国の戦略備蓄在庫大量放出決定から4月1日に97.78ドルまで下げたところから切り返しに入っており、5日午前序盤には104ドル台を回復している。ウクライナでは春の作付けが始まったが、戦争の影響で大幅な作付け減少の見込みであり、ロシア制裁も踏まえてウクライナ及びロシアの穀物・飼料・肥料の輸出減少が世界規模の食糧需給逼迫を招きかねないという懸念を強めている。原油と天然ガスの高騰も含め、国際商品の上昇が一段とエスカレートするようだと、ドル円にとっては輸入インフレと経常収支悪化による円売りが進むことも警戒される。

米長期債利回りは上昇。米10年債利回りは前日比0.01%上昇の2.40%、30年債利回りは0.02%上昇の2.46%、2年債利回りは0.04%上昇の2.42%となった。先週末に2年債と10年債の利回りが逆転する逆イールドが発生、この日も解消せずにいる。2年債利回りは30年債利回りにも迫っており、米連銀による利上げペース加速を意識した動きとなっている。2年債利回りの上昇基調と指標の10年債利回りの高止まりはドル円には押し上げ材料となっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
` this.fetchProxy(url, options, 0).then( res => res.json() ).then( data => { if (data.body) this.srcdoc = data.body.replace(/]*)>/i, `