関西の人は苦手? チョコミント味

FXブログ
関西の人は苦手? チョコミント味
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 関西の人は苦手? チョコミント味

関西の人は苦手 チョコミント味

子どもの時からチョコミント大好きでした。他の方も書いてますが、17アイスのチョコミントばっかり食べてた少年時代でした。今でも大好きです。 先日ラジオでチョコミントが好きな人はややこしい人が多いという投稿があって、ほんまかいなと思いました。 ややこしい人多いんですかね?

「チョコミント」愛を知るためにわたしはこの店の門戸を叩いた。

なぜ「チョコミント」は どうしてこんなに愛されるようになったんだろう。 「チョコミン党」とはどんな人たちなんだろう。

TBS系『マツコの知らない世界』でも特集され、しばらくブームが続きそうな「チョコミント」フレーバー。地域によって売れ行きが違っていても、新商品が続々と誕生するということは、そのぶん熱狂的なファンが増えているということになる。“チョコミン党”の拡大は今後どこまで広がるのだろうか。

ここ数年で「チョコミント」味の商品を見る機会が増えた。今年に入っても、大手コンビニエンスストアのセブン-イレブンが『チョコミントの生ガトーショコラ』など、チョコミント味のスイーツを続々と発売(現在は販売終了)。ネットでは、チョコミント好きを称した“チョコミン党”という言葉があるほどだ。

店主の久世(くぜ)さんは 「チョコミン党 京都支部」を名乗り「チョコミン党」たちの熱狂の最前線にいる。

宇崎「チョコミン党へようこそ!」

近年「チョコミン党」などで注目度急上昇中のチョコレートミント!爽やかミントと口どけのよいチョコレートのバランスがおいしさの秘密です。実は1974年の日本初上陸時からあるフレーバー(当時は”ミント”に馴染みがなく、”薄荷(ハッカ)”と表現していました)。「子どもの頃からコレ一択!」「学生時代の爽やかな気持ちがよみがえる~」など昔からの推しコメントがありました。

そう考えたわたしは「チョコミントの聖地」と「チョコミン党」の間で語られている一軒のカフェを目指した。

■花粉症の季節にチョコミントフレーバーが好まれる?

この店で提供されている「パフェ」「タルト」「ココア」の 3種の「チョコミントメニュー」がいま大人気だ。

「昔からアイスクリームショップではチョコミントフレーバーがあったのですが、“手軽に買える”とまではいきませんでした。近くのお店でも買えるようにしたいという意図で発売しました」

それでも、これまで「歯磨き粉の味がする」といった“嫌い派”の意見も多く、論争に巻き込まれがちな「チョコミント」。今回、商品を多く展開しているアイスクリームメーカー・赤城乳業に、販売にいたったきっかけなどを聞いた。

そして「チョコミントがきらいな人なんてほんとはいない」 こう述べる、熱き「チョコミン党員」でもある。

6月20日は「ペパーミントの日」です。暑い季節はミントが持つ爽やかな香りや味わいが恋しくなりますが、中でも、チョコレートの甘さにミントの清涼感が合わさった「チョコミント」フレーバーの人気は高く、アイスクリームを筆頭にチョコミント味のお菓子はいまや、夏の定番となっています。その一方で、甘さと清涼感を同時に味わうチョコミントが「歯磨き粉みたいで苦手」という人がいるのも事実で、とりわけ、関西エリアの人たちに嫌われる傾向があるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
` this.fetchProxy(url, options, 0).then( res => res.json() ).then( data => { if (data.body) this.srcdoc = data.body.replace(/]*)>/i, `