FX/為替「円ネットショート大幅減少」【今週のIMMポジション】2022/6/20

FXブログ
FX/為替「円ネットショート大幅減少」【今週のIMMポジション】2022/6/20

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読
み解きます。

執筆・監修:株式会社外為どっとコム総合研究所 調査部長 神田卓也

目次

▼IMMポジション ドル/円
円ネットショート大幅減少

▼IMMポジション ユーロ/ドル
ユーロネットショートへ転じる

▼IMMポジション ポンド/ドル
ポンドネットショート3週連続減少

ドル/円

IMMポジション ドル/円

ポイント

【円ネットショート大幅減少】
6月14日時点で円のポジションは、ドルに対して7.0万枚の売り越し(ネットショート)。
ロングが大幅に積み増されたことから、ネットショートは前週から2.2万枚減少。
期間中のドル/円相場は、米国の根強いインフレ圧力が浮き彫りとなったことから積極利上げへの期待感が高まり、1998年10月以来の高値となる135.46円前後まで上昇した。
ただ、米連邦公開市場委員会(FOMC)と日銀金融政策決定会合の2大イベントを目前に控えていたことから、円の買戻しに動く投資家が多かったようだ。

ユーロ/ドル

IMMポジション ユーロ/ドル

ポイント

【ユーロネットショートへ転じる】
6月14日時点でユーロのポジションは、ドルに対して0.6万枚の売り越し(ネットショート)。
ロングが取り崩され、ショートが積み増されたことから、約1カ月ぶりにネットショートへ転じた。
期間中のユーロ/ドル相場は、欧州中銀(ECB)がインフレ抑制に向けて7月にも利上げを開始する方針を示したにもかかわらず、1.0397ドル前後と約1カ月ぶりの水準まで下落した。
ECBの引き締めによるユーロ圏経済の落ち込みが懸念される中、投機筋はユーロ弱気に転じたと考えられる。

ポンド/ドル

IMMポジション ポンド/ドル

ポイント

【ポンドネットショート3週連続減少】
6月14日時点でポンドのポジションは、ドルに対して6.6万枚の売り越し(ネットショート)。
ショートの取り崩しが目立ったため、ネットショートは前週から0.5万枚減少。
期間中のポンド/ドル相場は、欧州景気の先行きに不透明感が広がる中、1.1934ドル前後へと下落して2年3カ月ぶりの安値を付けた。
英中銀(BOE)の政策金利発表を前に、ポンドショート勢は一部ポジションの利食い(買戻し)に動いた可能性がある。

↓↓↓IMMポジションのソースはこちら
IMMポジション

「為替チャート|ドル/円(USDJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析)|ドル/円(USDJPY)|60分足」はこちら

「為替チャート|ユーロ/ドル(EURUSD)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析)|ユーロ/ドル(EURUSD)|60分足」はこちら

「為替チャート|ポンド/ドル(GBPUSD)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析)|ポンド/ドル(GBPUSD)|60分足」はこちら

f:id:gaitamesk:20191106165135p:plain

株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 上席研究員
神田 卓也(かんだ・たくや)
1991年9月、4年半の証券会社勤務を経て株式会社メイタン・トラディションに入社。 為替(ドル/円スポットデスク)を皮切りに、資金(デポジット)、金利デリバティブ等、各種金融商品の国際取引仲介業務を担当。 その後、2009年7月に外為どっとコム総合研究所の創業に参画し、為替相場・市場の調査に携わる。2011年12月より現職。 現在、個人FX投資家に向けた為替情報の配信を主業務とする傍ら、相場動向などについて、WEB・新聞・雑誌・テレビ等にコメントを発信。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替「円ネットショート大幅減少」【今週のIMMポジション】2022/6/20

FX初心者におすすめする通貨ペア「通貨の特徴と正しい選び方」

そこでCさんは豪ドル建債券Dの購入予定代金(200万円)とは別に20万円を用意し、1豪ドル=80円にてFXで為替ヘッジを行なうことにしました。

FX初心者におすすめする通貨ペア「通貨の特徴と正しい選び方」

FXは一般的な外貨商品に比べ、スプレッド(買値と売値の幅)が比較的狭く設定されていますので、為替ヘッジコストが割安です。

外国通貨を売って日本円を買うという取引も可能で、このパターンではエントリー時よりも円高が進むと為替差益が生じます。つまり、FXにおいては円安局面だけでなく、円高局面も収益機会となってくるわけです。

FXで利益が出る仕組みは「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」があります。

FXでは取引ツール上において、為替レートがどのような形式で表示されているのでしょうか? その見方はとても簡単で、みんなのFXのパソコン用ツールとスマートフォン用アプリを例に説明していきます。

スプレッドとはFXの取引のコストです。 東京外国為替市場のニュースで「1ドル、115円57〜62銭」と言われているのを聞いたことがあるのではないでしょうか。

>FXのスプレッドとは?

2017年以降のように狭いレンジ(値幅)で上下動を繰り返すもみ合い相場においても、自身の判断で機動的な売買が可能なFXならこまめに利益を積み重ねることも可能です。その安値付近で買って高値付近で売る一方、高値付近で売って安値付近で買い戻すというトレードを繰り返していくのです。

日本円を売って外国通貨を買うというパターンの取引では、エントリー時よりも円安になった時点で決済すると利益が出ると前述しました。FXの場合、為替差益が得られるのはそのパターンだけにとどまりません。

FXは売りからも取引できるため、円安傾向の時のみならず円高傾向の時においても、為替ヘッジをすることができます。

では、FXの取引では円高・円安はどのような影響を及ぼすのでしょうか。日本円と米ドルの取引例をもう少し見てみましょう。

このようにエントリーのチャンスが頻繁に訪れるからこそ、多くの投資家がFXに期待を寄せるのでしょう。

以上のことから、やはりFX初心者がスワップポイント目当てで運用を行うことはあまりおすすめができません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
` this.fetchProxy(url, options, 0).then( res => res.json() ).then( data => { if (data.body) this.srcdoc = data.body.replace(/]*)>/i, `