就活「ガクチカ」過度に目的化?

FXブログ
就活「ガクチカ」過度に目的化?
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 就活「ガクチカ」過度に目的化?

就活生から最近 こんな声を聞くことが多くあります

ゆえに、就活で跋扈するのが普段のアルバイト体験を劇的に語ろうとする学生たちだ。面接では「居酒屋でのアルバイトで、コミュニケーション能力を磨きました。笑顔を心がけ、お客様にもいつも、笑顔で帰ってもらいました。この力を営業の仕事で活かしたいと思います」という学生がよく出現する。面接官からすると「またか」とウンザリするような、お決まりの自己PRだ。お客さんが笑顔で帰ったのは生ビールが美味しかったからではないかと言いたくなる。就活ノウハウでは「だから、アルバイトネタは、差別化できないから話すな」というものが伝授される。

このような流れにすることで、就活生の人柄や、実際に働いた時の考え方や行動が面接官に伝わりやすくなります。また、面接官が知りたいことを提示することで、質問の内容を理解しているという評価も得られるのです。丁寧な流れで学生時代頑張ったことについて伝えましょう。

「居酒屋でアルバイトし、コミュニケーション能力を身につけた」という「量産型就活生」が、納得のいく内定に至ることができるのかどうかという問題はさておき、彼ら彼女たちはそう言わざるを得ないし、大人たちにそう言わされているのだと解釈したい。これも彼ら彼女たちなりの精一杯の「ガクチカ」なのだ。

この例文では臨機応変な強みについて説明していて、個人的なエピソードが何も伝えられていません。面接官は自己PRを聞くことで就活生の人柄を知ろうとしているので、この回答では不十分だと評価されます。「どんな風に臨機応変なの?」「具体的には?」と聞かれなくて済む回答を用意しておきましょう。

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から最近、こんな声を聞くことが多くあります。

まだ就活・転職活動を諦めたくない方は一度相談してみると人生が変わるきっかけになりますよ。

「ガクチカに悩む就活生たち」新型コロナウイルスショック以降、このような報道をよく目にする。「ガクチカ」とは就活の選考でよく質問される「学生時代に力を入れたこと」の略だ。感染症対策のために、大学生活の自由度が制限される中、就活で自分をアピールするガクチカがなく、就活生が困っているという問題である。

そのほかに、ギャンブルなど就活の選考の場では深く話しづらい趣味を選ぶのも避けましょう。

結論から言うと、臨機応変さは自己PRになります。臨機応変に動ける人は、周囲の状況を把握しながら行動することができます。面接官は「この就活生と働きたいかどうか」という視点を持って選考しており、自分で考えて行動できる就活生は好印象を持たれやすいです。

例えば、毎年1回戦負けの弱小クラブに所属していた就活生が、自分の代で初めて1勝をあげた。というエピソードを話したとします。

就活生6万人が利用する人気のエージェントは、ガクチカに困っている方だけではなく、やりたいことが見つからない、自分の強みが分からない、といった方にもおすすめ!気になる方は、公式HPから無料相談を予約してみてください。

私自身、このような企業や地域とコラボしたプログラムを担当しているが、学生たちはよく学び、成長する。所詮、単位取得のためにやらされたことだとしても、それが学生にとっての成長、変化の機会になればよいと私は考えている。そもそも、お金も時間もない中、このような機会でも作らなければ、大学生活はますます単位取得と、アルバイトと就活で終わってしまう。

言い換えると、結果ではなく、「結果を出すために就活生がどんな工夫をしてきたのか」「いかにして成果を生み出したのか」が大切だということになります。

ガクチカがない、という就活生はあまり難しく考えず、自分が好きなことや印象に残っていることの中からエピソードを見つけてみるといいと思いますよ。

このガクチカを読んで、「就活の教科書」編集部のユイさんに興味がでた人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
` this.fetchProxy(url, options, 0).then( res => res.json() ).then( data => { if (data.body) this.srcdoc = data.body.replace(/]*)>/i, `