時短の父 仕事優先の妻にイライラ

FXブログ
時短の父 仕事優先の妻にイライラ
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 時短の父 仕事優先の妻にイライラ

時短の父 仕事優先の妻にイライラ

二人目出産後、「仕事いつから?早く働け」と言われたのは一生忘れない。子どもと「ママがプレゼント買ってきたよ~」と会話していると「俺が働いた金だけどな」と言われました。確かに私は育休中で実際にお金は稼いでないけど、誰のおかげで自分だけ子どもが出来る前と同じ生活が出来てると思ってるんだと言ってやりたい。育休ってこんなに肩身の狭い思いをしないといけないんですね。ちょっと横になっただけで毎日のんびりしてるみたいな責められ方。おかげで私は夫が家にいる時はリラックス出来なくなりました。 働いてる方が偉いという考え方なくなってほしい。こっちは育児と家事どんなに頑張っても褒められないのに。 保育園が休みでイヤイヤ期の2歳の娘と4ヶ月の息子と一日中家にいて私もストレス溜まって娘の「ママ嫌い」の一言にイラついて「あっち行って」と本気で言ってしまった時、私が一番言ったこと後悔して優しく出来なかったことを反省してるのに「2歳に言う言葉じゃない」と夫から一言。その言葉に更に傷つきました。自分は子ども二人を一人で24時間子守りしたこともないくせに!ミルクで泣いてる赤ちゃん片手に、イヤイヤで泣いてる娘をもう片方で抱いて泣き声オンパレードの時間味わったことないくせに! 苦労を経験したことない人に苦労を分かれと言う方が無理だと分かっているけど、私はただその時、そっと子どもから離れて冷静になる時間が欲しかっただけなのに。 さらに許せないのがこの事を「妻が子どもに強く当たる」と両家の母親に相談していたこと。相談するくらいならもっと私に余裕が生まれるように協力してほしかった。子どもではなく私が悪いのは私が一番分かってるんだから。私がイラついていると分かってるなら育児手伝ってほしかった。これを理由に義母から同居の話が出ましたが、そっちの方がストレス溜まるわ!!結局夫は私が勝手に一人でイライラしてると思っているようで私の気持ちは何も理解してくれていません。 イライラの原因99%はあなたのせいですよ。

専業主婦で2子を2歳間隔で生みました。第三子を授かったのですが、子供を産む選択をしませんでした。第二子までの育児協力は全くなく、子育ては稼いでいない妻の仕事だという感じでした。子供が小学校にあがり正社員でフルで働き始めたら、早く家に帰宅できる、給料が低いということで、家庭の仕事育児、送り迎えなどもろもろ結局大学まで教育費も私が負担しました。結局何も変わりませんでした。土日に休みのある日ぐらい、なんで長期にわたって睡眠時間を削ってまで貢献している私のために時間を作ってくれなかったのか、52歳の今でも相手に対して人間性の低さ嫌悪感を抱いてます。第三子を堕胎してからセックスレスです。あの時生んでいたら間違いなく今の私はいません。多分この世にはいないことでしょう。義母も早死にして義父だけのうのうと生きてます。この悪循環は日本社会の法律が根源です。もちろん義理の弟のお嫁さんも私と同意見で女は男の世話をする生き物とみなしています。私は主人の定年の時期に別居前提で話し合いを進めてやっと了承を得ました。みこしを担ぐにはもう力不足なので、他をあたってもらうつもりです。成人した子供たちも理解してくれました。子供育てるときに人間の本性がわかります。これがわかってから、籍を入れるでも遅くないと思います。

妊娠中、夫も仕事で忙しくて些細な事でキレるので、上の子どもを巻き込んだ時もう嫌だと思いしばらく実家に帰る事にした。実家に謝りに来たかと思いきや、「ホルモンの影響で…」などと両親に説明し私のせいにされ不信感をもった。 生まれてからも、夜泣きで上の子が起きそうで少し夫に抱っこしていてもらってミルクを作ってもどったら、「寝ろ!!」と言っていて、感覚の違いに愕然とした。後に覚えてないとか、謝っただろ、とか言われて、夫にとっては過去の事で、大した事では無いらしいが、私は大いに傷つき未だ信用出来ずに辛い。

現在11歳と8歳の子どもがまだ乳幼児のころ、ワンオペ育児兼アウェイ育児でした。仕事もやめて、見知らぬ土地についてきたのに、一緒に家事育児してほしいと訴えても、何もせず、部屋にこもってゲーム三昧の夫。仕事してるからいいだろと。お風呂に子どものおもちゃが広がっているとき、おれは仕事してるのに、お前はこの程度かと言われたこともありませいた。 家事育児一緒にしてほしいと訴えると、うるさいわずらわしいという扱いをうけつづけ、話の最後はたいていいつも私の人格否定をしてきて、逃げてその場をおわらせようとして、とてもつらかったです。専業主婦にはなってはいけないと、そのリスクを身をもって感じました。職場復帰して、4年ほどたち、その間何百回もの喧嘩と交渉を重ね、ようやく夫も家事育児を参画するようになりました。しかし、長くかかりすぎました。度重なる交渉と喧嘩で、もう愛情や信頼や尊敬の気持ちは減りました。今でもふつふつとわいてくる憎しみをどうしてよいかわかりません。 結婚前は優しく私のキャリアを応援してくれていたので、男尊女卑思考を持っていることを全くわかりませんでした。しかし、最近義母が古い男女固定観念を持っていることがわかり、育ちが大きな一因だったと納得しました。わが子には、同じ轍をふまないように、夫婦思いやって協働で家庭運営していかないといけないという基本的で重要なことを教育したいと思います。

以上、仕事ばかりの旦那の特徴と対処法でした。

産後1ヶ月は家になるべく居てほしいと妊娠中から再三言っていたのに、産後妊娠中以上に仕事の話があるとか言って仕事の話以外にも友達と話し込んだりして結局帰ってくるのは12時。泊まり込みの仕事もあるため、家に居ない日が多いにも関わらず休みの日でもそうもされるとこちらも冷める。 実家は遠方のため帰るに帰れない、旦那が妊娠中に産後は手伝うと言ったため親に手伝いをお願いしていなかったため、3歳児と0歳児のお世話でてんてこまいで、3歳児が具合悪いときでも家に居ない。 こんなんならシングルマザーのほうがましだ。

みなさんの体験談を読んで本当に腹が立つと同時にどうして日本の男性ってこんなんなの?何が原因なの?と思ってしまいます。主人は外国人です、生まれた時からおむつ替え、ミルクに、早朝から仕事でも朝まで子供抱えて眠ってくれ、家が散らかってたら片付けてくれます。確かに家事は私ほどしっかりはできません。でも嬉しいし助かります!そしてそこまでしても私の負担の方が大きい、私の方が大変、自分は自分のペースで仕事ができるし仕事が好きだからストレスないし疲れないと言ってくれます。実際やってると子育ての方が自分も疲れると言っています。逆に仕事で疲れて見える時は私も素直に今日は休んでと言えますしそのための余力もあります。今は息子も早く寝る子なので夜はゆっくり2人でご飯食べたりお話するのが楽しいです。

旦那が仕事ばかりしていると、妻は様々な不満や寂しさ、ストレスを感じるようになります。 どのような心境になるのか、簡単に見てみましょう。

―私の周りでは、子どもや夫が外に出ている間に家の近所でパートタイム勤務をして、家事も育児も学校の役員活動も担っている忙しいママは本当に多い。彼女たちは、介護や保育、流通業や小売業など、人手が不足している業界で15時や16時までの時短で働いて、子どもとの時間を優先させています。

子育てと仕事をうまく両立するためには、ママと家族だけのがんばりでは限界があります。そこで心強いのが、働くママを支援するさまざまな制度。上手に利用すれば、少しでも気持ちに余裕をもたせることができますよ。

産後一ヶ月だけ実家に里帰りし、その間も寂しいから早く帰ってこいと連絡。(でも本人は来ない) 「育児は俺もやるから」の言葉を信じて産後二ヶ月でマンションに帰るも激務で思うほどやってくれず。子供が寝た後、久しぶりにゆっくりお風呂に入ったら「いつまで入ってるつもりだ、長すぎる」と文句を言われた。子供が機嫌良ければ相手をするし、外にいるときはイクメンアピールで子供の面倒見てますよアピール。 私の仕事復帰前の慣らし保育中にずっと行きたくて行けなかった習い事に一日だけ行けると思っていたら子供発熱。旦那も休みの日だったから、日中看ててくれないかお願いしたら「こんな状況で無理。次あったら行ってきていいから(平日開催なので仕事復帰したら不可能なのわかってるのに)」。 子供が6ヶ月の時に0才入園が家のすぐ近くで内定もらえたのに「こんなに可愛いのに絶対にダメだ。俺も送り迎えするから今回は辞退しろ」と言われ、1才になったときに家から遠い保育園に決まる。旦那に保育園の送り迎えの分担を確認すると「は?俺には部下がいるから遅刻も早退もむりだから。大体自分のわがままで働くんだからお前がやれよ」と。 子供が保育園に通い始め、しばらくしたら旦那は異動となった。頑張れば通える距離にも関わらず「遠いから無理」で無理矢理引っ越し。保育園は激戦区で入れず高額な認可外保育所をようやっと見つけて手続きするも「そんな金ない」。私は子供が赤ちゃんの時から、実家から引き離されてどうしようもない時を支えてくれた土地から離れたくなかったし、子供も保育園のおともだちができていた。私の会社の子持ち男性は皆口を揃えて「その距離なら家族の負担を考えて、俺なら通う」と言っていた。その中で有給を使ってあちこち相談にいって保育所の見学もして心身ボロボロだった。 旦那は引っ越しの準備を全く進めなかった私に腹が立ったのと、仕事復帰してから子供優先の生活ではなくなったことと、産前のようにいちゃいちゃしなくなった(旦那に気をかけなくなったこと)が限界だと離婚を言い渡してきた。 私からすれば、飲みに行けば日付が変わるまで帰ってこず、毎週平日休みの日にはお一人様を満喫し、子供をつれて実家に私が帰っている間は完全なる独身生活を満喫している癖に、私の数ヵ月に一度あるかないかの仕事の飲みも20時までに帰ってこい、月にいちど趣味で出掛けるのも許さない、自分を犠牲にして子供を最優先にするのが母親だという旦那に限界。自分はよくて、妻はダメ。俺の方が大変で稼いでるし部下もいる。お前は平社員で好き勝手に働いてるんだからムカつくから疲れたって言うな。もう無理です。私はあなたの奴隷でもないし、家政婦でもない。

産後、里帰り中に眠れなくて辛いと訴えるたびに俺も仕事が忙しくて眠れてないと言われるのが本当に辛かった。ただ寄り添って欲しかっただけなのに。 また自宅に戻った後も喧嘩が増え、夫にキツい口調で物を言われる度に鬱っぽくなり眠れなくなったり昼間に涙が止まらなくなったりした。もう一度あれを繰り返すと思うと二人目は作れない。

例えば、共働き家庭で子どもが生まれた場合、妻は職場に復帰しても保育園の送り迎えなどがあるため、妻のみ時短勤務をせざるを得ません。

妊娠前から夫は仕事のストレスで鬱になり休職していたのだが妊娠中→出産→産休→育休中になっても自分のしたいことが1番で遊ぶことをしていて育児をするのは自分のすることが落ち着いたときだけ。少しでいいから育児をメインでしてくれたらわたしも1時間位寝れるのにとおもってしまった。 今は職場復帰したが自分が早く仕事変えれても子供の迎えも云ってくれず、自分ばかりバタバタしている。肩がこったというと子どもが寝ている深夜にならマッサージにいってもよいというが昼間に変わってほしいとおもってしまう。

0歳の息子を抱え、うちの中で朝から動き回り休む時間はほんとうに1分もなかった頃のことです。夜、仕事から帰宅した夫と夕食を囲んで、”一日でようやく初めて椅子に数分座れた(涙)”と思ったのですが、食べ終わって自分の飲み水をシンクに汲みに行く夫に、”わたしにもお茶ついでもらっていい?”とお願いした瞬間、「自分の飲み水を飲むときも好きにさせてくれないの?!」と夫から思いがけない言葉で怒鳴られて絶句しました。普段から不眠症の夫に対して、私がいくらフラフラでぐったりでも不眠症を治せるように食事は栄養バランス考えて手を抜いてないし、育児は極力頼らずはやく寝かせてあげてるし、私は息子を入浴させるのに必死で自分は行水で筋肉疲労も疲れも溜まる一方なのは黙っているけど、不眠症の夫にはお風呂もゆっくり入らせてあげるし、洗濯物畳みも四角いタオルくらいしか夫にはお願いしない心遣いまでしてるのに。一日中家のなかでゆっくり寛いでるわけではないことをわかってもらえなくて夫との距離が果てしなく遠くに感じた悲しい思い出です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
` this.fetchProxy(url, options, 0).then( res => res.json() ).then( data => { if (data.body) this.srcdoc = data.body.replace(/]*)>/i, `