ドル・円は底堅い値動きか、米FRB議長の議会証言でドル買い再開も

FXブログ
ドル・円は底堅い値動きか、米FRB議長の議会証言でドル買い再開も

f:id:okinawa-support:20190820183959j:plain

 

欧米市場オープニングコメント

「ドル・円は底堅い値動きか、米FRB議長の議会証言でドル買い再開も」
 22日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。日米金融政策の違いを背景に、ドル買い・円売り地合いは継続の見通し。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言でタカ派姿勢が予想され、ドル買い再開の可能性があろう。
 22日の取引は米FRBと日銀の金融政策に関する正反対の方向性が意識され、ドル買い・円売り基調が鮮明となった。ドル・円は1998年10月以来、24年ぶりとなる136円70銭台に急伸。一方、欧州中銀(ECB)当局者はタカ派姿勢を維持し、ユーロ・ドルは下げ渋った。本日アジア市場は日経平均株価がマイナスに転じると日本株高を好感した円売りが後退し、ドル・円は失速。ただ、ドル買いは継続し136円台で底堅く推移した。
 この後の海外市場は各国中銀の政策がテーマ。主要国から新興国までインフレ高進が鮮明となり、ユーロのほかポンドやカナダドルにも追加の引き締めを期待した買いが入りやすい。他方、日銀の緩和継続方針で、円売り安心感が主要通貨を押し上げる可能性があろう。また、今晩のパウエルFRB議長の議会証言では引き締め加速の見解が見込まれ、ドル買い先行の見通し。もっとも、NY株式市場が急落すれば、ドルの上値を抑えそうだ。

通貨別分析

 

重要事項(ディスクレーマー)

■株式会社フィスコ(以下「フィスコ」という)は株価情報および指数情報の利用について東京証券取引所・大阪取引所・日本経済新聞社の承諾のもと提供しています。
■”JASDAQ INDEX” の指数値及び商標は、株式会社東京証券取引所の知的財産であり一切の権利は同社に帰属します。
■掲載される情報はフィスコが信頼できると判断した情報源をもとにフィスコが作成・表示したものですが、その内容および情報の正確性、完全性、適時性について、フィスコは保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
■本資料に記載された内容は、資料作成時点において作成されたものであり、予告無く変更する場合があります。
■本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権はフィスコに帰属し、事前にフィスコへの書面による承諾を得ることなく本資料およびその複製物に修正・加工することは堅く禁じられています。また、本資料およびその複製物を送信、複製および配布・譲渡することは堅く禁じられています。
■フィスコが提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
■本資料に掲載される株式、投資信託、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
■本資料は、本資料により投資された資金がその価値を維持または増大することを保証するものではなく、本資料に基づいて投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、フィスコは、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
■フィスコおよび関連会社とその取締役、役員、従業員は、本資料に掲載されている金融商品について保有している場合があります。
■投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください。

株式会社フィスコ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル・円は底堅い値動きか、米FRB議長の議会証言でドル買い再開も

日米金融政策の違いを背景に ドル買い・円売り地合いは継続の見通し

正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点からほぼ変わらずの110.03/05円だった。きょうの米連邦公開市場委員会(FOMC)声明などの発表を前に、110.00円付近での様子見ムードが継続した。

「ドル・円は底堅い値動きか、米FRB議長の議会証言でドル買い再開も」22日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。日米金融政策の違いを背景に、ドル買い・円売り地合いは継続の見通し。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言でタカ派姿勢が予想され、ドル買い再開の可能性があろう。22日の取引は米FRBと日銀の金融政策に関する正反対の方向性が意識され、ドル買い・円売り基調が鮮明となった。ドル・円は1998年10月以来、24年ぶりとなる136円70銭台に急伸。一方、欧州中銀(ECB)当局者はタカ派姿勢を維持し、ユーロ・ドルは下げ渋った。本日アジア市場は日経平均株価がマイナスに転じると日本株高を好感した円売りが後退し、ドル・円は失速。ただ、ドル買いは継続し136円台で底堅く推移した。この後の海外市場は各国中銀の政策がテーマ。主要国から新興国までインフレ高進が鮮明となり、ユーロのほかポンドやカナダドルにも追加の引き締めを期待した買いが入りやすい。他方、日銀の緩和継続方針で、円売り安心感が主要通貨を押し上げる可能性があろう。また、今晩のパウエルFRB議長の議会証言では引き締め加速の見解が見込まれ、ドル買い先行の見通し。もっとも、NY株式市場が急落すれば、ドルの上値を抑えそうだ。

ドルは110.08円付近。午後2時前に110.13円まで上昇したが、その後は伸び悩んでいる。特段目立ったニュースが見当たらないことから「米連邦公開市場委員会(FOMC)待ちの中で、実需筋などからまとまったフローが入ったのではないか」(外為アナリスト)との声が出ていた。

ドルは一時110.26円まで強含み、その後も高値圏で推移している。米連邦公開市場委員会(FOMC)待ちの中、調整主体の取引で上昇しているとみられる。

昨日、スイス中銀が大方の予想に反し、0.5%の利上げを決定。15年ぶりの利上げを決定したことから、日銀も何らかのサプライズに動くとの連想につながり、円買いにつながった一因となりました。しかし、 FRBが0.75%の利上げを決めたFOMCを終えた昨日16日に日銀は、10年物364回債から366回債を対象に、366回債の利回りが0.25%となるよう買い入れ、さらに10年物356回債利回りが0.25%の利回りとなるよう2本の指し値オペを実施。こうした動きを踏まえると、本日の日銀政策委員会での政策変更の可能性は低いと思われるものの、政策調整への期待もあることから、従来から政策調整も何もなければ円売りに動く可能性があるかもしれません。一方、黒田総裁の会見で政策調整を示唆する発言があれば、円買いが進み、昨日の安値(131円49銭)を下回る可能性もあり、日銀の政策決定のヘッドラインや黒田総裁の会見を含め、ドル円は上下に大きな振れ幅となるかもしれません。

ドル/円は109.99円付近、豪ドル/米ドルは0.7534米ドル付近。中国の経済指標が発表されたが、相場の反応は限られた。

先週の週足は5週ぶりの陰線引けとなったほか、高値圏で出現した長い下ヒゲで終えたことも調整入りの兆候の一つとして懸念されました。4月20日に当時の高値(95円74銭)を付け、長い上ヒゲを付けた陰線引けとなったのに続き、翌週も長い下ヒゲを残して2週連続の陰線引けとなり、その後調整が続いたことと同様のパターンを繰り返す可能性が懸念されました。一方、転換線(92円09銭)、さらに5月12日の安値(87円30銭)と6月16日の安値(91円97銭)を結んだライン①を下値支持線として終値ベースで上回って引けたこともあり、過度な弱気が後退。昨日のNY市場ではドル円が136円台後半まで上昇したことに伴い、95円33銭まで上昇。こうした中、6月8日の高値(96円88銭)を上抜けた場合、2015年5月14日の高値(97円30銭)を目指して一段高となる可能性もあるだけに注目されます。一方、ライン①や転換線を下抜け、5月12日の安値(87円30銭)を下回るまで反落した場合、4月20日および6月8日の高値(95円74銭、96円88銭)のダブルトップが完成することになり、調整が深まることになるだけに注意が必要です。

①機械受注、設備投資の持ち直し ②FOMCで物価見通しの大幅な上方修正 ③7月1日発表の日銀短観(予想では大企業製造業が3月時点から下振れ)で急速な円安の影響 などを考慮して物価見通しやイールドカーブコントロールの変更があるか、黒田日銀総裁の会見も含め注目されます。また、オプション市場ではドル円の期間1ヵ月物アット・ザ・マネー(ATM)のボラティリティが2019年後半以来の14%台へ急上昇しており、急激な変動には注意が必要かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
` this.fetchProxy(url, options, 0).then( res => res.json() ).then( data => { if (data.body) this.srcdoc = data.body.replace(/]*)>/i, `