FX/為替予想「ドル/円は1ドル136円台へ上昇!対円通貨で下げ止まって戻ったところを買いで入る」2022/6/22

FXブログ
FX/為替予想「ドル/円は1ドル136円台へ上昇!対円通貨で下げ止まって戻ったところを買いで入る」2022/6/22

【明快!テクニカルレビュー】

動画配信期間:2022/6/22~2022/9/22
大手銀行で為替・債券・スワップ市場のチーフディーラーとして活躍した経験を持つ百戦錬磨のプロトレーダー、井上義教氏が、毎週掲載される「FX ウィークリーテクニカルレポート」のレビューを明快に解説いたします!

「FX ウィークリーテクニカルレポート」
https://www.gaitame.com/media/entry/2022/06/20/085416

「外為どっとコム20周年記念!」

総額1億円キャンペーンの詳細はこちら
https://www.gaitame.com/20th/campaign/billion_1st.html

「ジョージ・ソロスに見たマーケットの真実」井上義教 FX特別インタビュー(前編)

「個人投資家が勝てない本当の理由」井上義教 FX特別インタビュー(中編)

「チャンスの時リスクを増やす価値」井上義教 FX特別インタビュー(後編)

【関連】動画で学ぶチャートリーディングの神髄【チャートリーディングマスター講座】全7回

inouey_96_130.jpg井上義教
株式会社チャートリーディング 代表取締役 昭和39年東京都生まれ。 昭和63年大阪大学経済学部卒業、同年大和銀行入行、平成3年よりロンドンの証券現法にてディーリング業務に従事。 平成15年に退社するまで為替・債券・スワップ市場を歴任、チーフディーラーとしてチームを統括。 平成28年 株式会社チャートリーディング設立とともに代表取締役に就任。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替予想「ドル/円は1ドル136円台へ上昇!対円通貨で下げ止まって戻ったところを買いで入る」2022/6/22

FX 為替予想 ドル

実際、ユーロドルが1.03台の攻防へシフトする場合は、現時点での今年最安値1.0348レベルをトライするか?この点が焦点となろう。このサポートポイントを下方ブレイクする展開となれば、フィボナッチ・プロジェクション50.0%の水準1.02138レベルを次のサポートポイントと想定しておきたい。

2025年8月のドル円見通し。当月始値 154.50、最低 147.87、当月最高 154.50。平均 151.75。月末 150.12。変更 -2.8%。

ドル/円はリスクとの相関性が低下しつつある。米ドルと日本円は調達通貨としてみなされており、リスクオフの局面となったとしても、ドル高/円高となりやすい。このため、ドル/円の底値は固い。米連邦準備理事会(FRB)のタカ派化により、米実質金利は上昇していく。日米の実質金利差が拡大することから、ドル/円は上方向を試しやすい。

だが、米国債の利回りが低下する局面では、株式市場や国際商品市場も下落する展開が予想される。リスク資産の下落はリスク回避の米ドル買い要因となる。よって、ユーロドルが反発しても21日線もしくは短期レジスタンスラインで反発が止められる展開を現時点では想定しておきたい。

2025年9月のドル円予想。当月始値 150.12、最低 148.49、当月最高 153.01。平均 150.59。月末 150.75。変更 0.4%。

2025年6月のドル円見通し。当月始値 153.79、最低 152.23、当月最高 156.87。平均 154.36。月末 154.55。変更 0.5%。

最新のドル円為替レート 136.48円。日の範囲の 136.02 - 136.71円。前日 136.66円。前日比 -0.13%。

2024年5月のドル円予想。当月始値 158.07、最低 155.68、当月最高 160.42。平均 158.06。月末 158.05。変更 0.0%。

インフレ率が高くなると、外国為替市場での通貨は弱くなります。1990年のインフレ率は、日本は3.08%、米国は5.40%でした。その年のドル対円相場は、年末までに1ドル160円から135円にまで下落しています。2000年のインフ レ率は日本は-0.68%、米国では3.4%と、ドル対円相場は107.8円にまで下がっています。

2026年7月のドル円予想。当月始値 155.62、最低 152.60、当月最高 157.24。平均 155.10。月末 154.92。変更 -0.4%。

再び135円台を回復してきたドル円は、今週も上値を試す可能性が高いとみています。日銀の政策に変更がないことが確認され、米国では上述のように7月会合でも75bpの利上げの可能性が高まっている状況では、円売りの勢いは止まらないと予想されます。ただ、このところのドル円の動きは非常に早く、下げる場合でも値幅も大きく、想定を超える可能性があるため注意が必要です。本日のドル円は134円〜136円程度を予想します。

ほとんどの国家は赤字で運営しています。けれども、対外債務が増えると、投資家に懸念を与えます。莫大な対外債務と公的債務がインフレを加速させています。過去20〜30年間のドル/円相場の変動は、両国のうち、どちらかが借入を増や したか、あるいは赤字予算を削減したことに起因しています。

週明けのドル円(USDJPY)は、134.90レベルでスタートした。そして135円台へ難なく上昇した。一方、通貨オプション市場のリスクリバーサル(1週間/1ヶ月)の動きを確認すると、ドル・プットの基調が一服している。MACDでは、ドル円の地合いの強さを示す動きが続いている。これらの動向を総合的に考えると、日米金融政策スタンスの差を意識したドル円の上昇トレンドが続く可能性を意識したい。焦点は当然、新たなレジスタンスポイントを見極めることにある。

バイデン大統領は「近く」、中国の習近平国家主席と電話かオンラインで会談する可能性があることを発表しました。国内の高インフレを抑制する意味もあり、中国からの約3000億ドル(約40兆円)相当の輸入品を対象にトランプ前政権が課した制裁関税の緩和を提案する可能性が高く、一方でウクライナ情勢での中国の役割を期待するメッセージを伝える可能性もあります。ただ具体的な日程はまだ決まっていないようで、バイデン氏は「彼と会談するつもりだ」とだけ話しています。

2023年11月のドル円予想。当月始値 156.97、最低 156.97、当月最高 162.04。平均 158.91。月末 159.65。変更 1.7%。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
` this.fetchProxy(url, options, 0).then( res => res.json() ).then( data => { if (data.body) this.srcdoc = data.body.replace(/]*)>/i, `