九州3県の在来線で車掌廃止へ JR

FXブログ
九州3県の在来線で車掌廃止へ JR
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 九州3県の在来線で車掌廃止へ JR

九州3県の在来線で車掌廃止へ JR

防犯カメラの設置には相当なコストが見込まれる。JR東日本が2018年、首都圏の8300両に導入した際は約110億円かかった。JR東は「1両あたりの金額は非公表」とするが、単純計算では百数十万円となる。

JR東海は3月から中央線名古屋―中津川駅間を走らせる新型通勤電車315系の車内に防犯カメラを設ける。

九州旅客鉄道のページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

ただでさえ地方の鉄道事業者の経営は厳しく、コロナ禍の影響が広がった20年度は全国の9割が赤字だった。JR西も同年度、過去最大の赤字を計上するなどJR旅客6社も全社が赤字に陥り、地方に投資できる余地は狭まっている。

相互利用の拡大も進められている。2010年3月13日からは、nimocaおよび福岡市交通局が導入しているはやかけん、JR東日本のSuicaを含めた、4社局のICカード乗車券の相互利用を開始した。2011年3月5日には、JR西日本のICOCAおよびJR東海のTOICAと相互利用を開始し[49]、2013年3月23日にはJR北海道のKitaca、関東私鉄・バス事業者のPASMO、中京圏私鉄・バス事業者のmanaca、近畿圏私鉄・バス事業者のPiTaPaとの相互利用(PiTaPaは交通利用のみ、他は交通利用と電子マネーサービス)を開始している。

2019年11月に筆者が所用で九州新幹線を利用した際、新たに久留米駅でホーム無人化に伴う機器新設の準備が行われていることに気づき、同駅でもホーム無人化が実施されることを知りました。そこで同駅を例に、ホーム無人化が行われる前と後の列車発着時取り扱いの変化をまとめました。

鉄道業界でタブレット端末の導入が進んでいる。最近では、JR九州が6月1日から在来線の全乗務員に大画面スマートフォンまたはタブレット端末を配備した。九州新幹線も導入を検討するという。ところで、鉄道業界では長い間、別の形の「タブレット」を使ってきたけれど、どんどん廃止されていった。現在は地方ローカル線でわずかに残っている。

JR九州は在来線では一部の特急のみに防犯カメラを付けている。

JR西日本の福永修二・三次鉄道部長は「ローカル線は都市部の電車よりも逃げることが難しい『密室』になりやすい」と話す。

JR北海道やJR四国も一部の特急を除いて、ほとんど防犯カメラはない。事故やトラブルの多発をきっかけに経営危機が続くJR北海道の担当者は「議論の俎上(そじょう)には載っても喫緊の課題を優先しなくてはならなかった」。JR四国の広報担当者は「実際に省令改正などが行われれば新造車両に設置していく」としつつ、「利用者減のため長らく普通列車の車両を新造しておらず、今後の予定も現時点ではない」と話した。

JR九州は、長崎、熊本、鹿児島県の在来線で、車掌を廃止する方向で検討に入った。新型コロナウイルス禍が続いている鉄道事業の収益回復に向けた経営合理化の一環で、西九州新幹線の開業にあわせてダイヤ改正を行う9月23日から適用する計画だ。

JR九州の九州新幹線では、人件費削減による鉄道事業の収支改善を目的に、2015年度から一部駅でホームに配置していた駅係員を廃止する「ホーム無人化」が実施されています。ホーム係員を廃止するのは新幹線駅としては全国初のことでした。

ただ、芸備線を含め、中国5県のJRの在来線で車内に防犯カメラを設置した車両は試験的に取り付けた4両だけだ。JR西はカメラの設置を広げる方針を示しているが、当面は利用が多い関西の一部区間に限られる見込みだ。

JRのタブレット閉塞は2012年9月に只見線での運用を終了した。大手私鉄もタブレット閉塞は使われていない。液晶画面を使ったタブレット端末を導入しても、混同するおそれはないだろう。しかし年配の鉄道ファンは、「鉄道会社でタブレットを導入」と聞くと、なんとなく「懐かしいな」と思ってしまうのだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
` this.fetchProxy(url, options, 0).then( res => res.json() ).then( data => { if (data.body) this.srcdoc = data.body.replace(/]*)>/i, `