暮らし30代4人世帯だけ改善 背景

FXブログ
暮らし30代4人世帯だけ改善 背景
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 暮らし30代4人世帯だけ改善 背景

暮らし30代4人世帯だけ改善 背景

7月10日に投開票が行われる参議院選挙の1つの論点が、家計の暮らし向きの変化だ。

一人暮らしの電気代ってどれくらい?

月の黒字5万円を、どう貯蓄・運用すればいい? 実家暮らしで契約社員だった2014年に、一度ご相談させていただきました。 その後、アドバイスをもとに家計を改善。正社員登用を経て一人暮らしをスタートさせ、今年から彼と同居を始めました。結婚も視野に入れていますが、まだ具体的には何も決めていません。 もともと旅行やお酒を飲みに出掛けるのが好きでしたが、コロナ禍で外食が減り、最近は毎月5万円ほど黒字に。黒字分は貯蓄し、ある程度貯まったら定期預金に移しています。今年から賞与が月々の給料に上乗せになったので、特別支出は毎月の黒字から賄っています。 今年からつみたてNISAを始めましたが、今後、毎月の黒字5万円をどのように貯蓄・運用していくのか迷っています。

農林水産省「平成29年度食育白書 第1部特集:多様な暮らしに対応した食育の推進~食卓を囲み食事を共にすることから始める食育の環~」

一人暮らしの平均電気料金の平均は約6,000円です。電気を使いすぎている人はできるだけ、そのラインに近づけたいところです。 とはいえ、一人暮らしでも照明やエアコンなどの使用は欠かすことができません。そこで、エアコンの設定温度を見直したり、夜間に洗濯をしたりするなどの工夫で、節約を試みてください。また、お得になる電気料金プランも検討したいところです。

そこでおすすめなのがTERASELでんきです。一人暮らしでもお得に利用できるプランがあります。

一人暮らしの人は、友達や仲間を誘って一緒に食事をつくったり、食べたりする機会を増やしてみませんか。一緒にお弁当を食べたり、食堂で食べたり、誰かの家でホームパーティーをしたり。地域の食事会や食のイベントなどが開催されている場合もありますので、積極的に参加して、一緒に食べる楽しさを味わいましょう。

また、食の安全や信頼にかかわる問題や、外国からの食料輸入に依存する問題など、食を取り巻く環境が大きく変化しています。こうした中で、食に関する知識を身に付け、健康的な食生活を実践することにより、心と身体の健康を維持し、生き生きと暮らすために、食育を通じて、生涯にわたって「食べる力」=「生きる力」を育むことが重要になっているのです。

こうした「食育」がいま重要とされる背景には、近年、食に関連した様々な課題が浮上していることがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
` this.fetchProxy(url, options, 0).then( res => res.json() ).then( data => { if (data.body) this.srcdoc = data.body.replace(/]*)>/i, `