社員に「侮辱賞状」会社が謝罪文

FXブログ
社員に「侮辱賞状」会社が謝罪文
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 社員に「侮辱賞状」会社が謝罪文

社員に 侮辱賞状 会社が謝罪文

ところで被告は、昭和六〇年頃以降(一部同五七年頃以降)の同原告の勤務態度を証するものとして、同原告の当時の直属長や上席者等の作成にかかる乙第二〇三四号証の一、第二〇三五ないし二〇三八号証、第二〇三九号証の一、第二〇四〇号証、第二〇四一号証の一、第二〇四二ないし二〇五九号証、第二〇六九号証、第二〇七〇号証及び第二〇七二号証の日記、報告書、業務日誌、メモ又は陳述書を多数提出しているところ、右各書類には、同原告が、上長の指導に従わず、あるいは上長を侮辱、中傷した言動があったことや、下請業者との間のトラブル等が頻繁に生じていたこと等が、同原告と上司らとのやりとりを再現するなどの方法で、詳細に記載されている。そして、その記載の体裁及び内容からして、右各証拠に記載された事実に沿う事実が相当程度存在していたことが推認できる。

青森県八戸市の住宅会社「ハシモトホーム」が、青森市の40代の男性社員=2018年に自殺=に、賞状を模し侮辱する内容の書面を渡していたことが、遺族側への取材で分かった。遺族は20日、パワハラや長時間労働が自殺につながったとして、会社などに約8千万円の損害賠償を求め、青森地裁に提訴した。会社側は「表彰の一環」と説明している。

すなわち、中電労組は、「賃金実態調査―私達の賃金は―四八年度」と題する冊子(甲第九〇一号証)及び「昭和四九年度―賃金実態調査特集号」と題する同五〇年一月号月報(甲第九〇二号証)において、同四八年度及び同四九年度における被告従業員の賃金実態について、中電労組組合員を対象に調査の上、これを統計的に分析、把握するとともに他の電力会社の実態と比較、対照する等してその結果を報告している。中電労組は、これらの資料のいずれにおいても、統計、分析上の基礎的指標を学歴、年齢、勤続年数、性に置き、被告の賃金実態の分析、把握を試みていることが認められるが、その際中電労組が、このような属人的要素を指標としたのは、被告の賃金実態を知る上でこれが最適な手法と判断した結果であると推認される。

40代の男性社員=2018年に自殺=に賞状を模して侮辱する内容の書面を渡すなどし、遺族から今月20日に青森地裁に提訴された青森県八戸市の住宅会社「ハシモトホーム」が23日までに、一連の報道に対する謝罪文を公式サイトに掲載した。

昭和五二年四月、定年後五か年の再雇用を行うことを骨子とする「特別社員制度」の発足に伴い、賃金体系及び職級段階等が改定された。

ところで、資格制度は現在でも施行されているが、後記のとおり、昭和五二年四月以降、資格の職級付与の要件としての性格を失い、社員の勤続貢献度を表すものとしての意義のみとなった。したがって、右以降、後記のとおり昭和五四年一〇月に資格調整手当が新設されるまで、資格は被告の賃金体系上意味を持たなくなった。

セクハラ問題の解決後、加害者も被害者も会社に残り続けるときは特に、今後の再発はあってはなりません。少しでも関係修復するためにも、再発防止策を謝罪文に書いておくのが重要です。

右関係資料のほか、昭和五二年ないし同五五年度の間における高卒者の各職級への任用と勤続年数との関係を調査整理した甲第九八七号証によれば、同五二年度ないし同五五年度の間においてみた場合、勤続二年から七年までは全員が社員二級であり、勤続八年(入社九年目)に始めて社員一級に進級するものが現われ、勤続九年(同一〇年目)になると社員一級の者が同期入社者の中で最多数を占め、勤続一四年(同一五年目)で主任級への進級が開始され、勤続一六年(同一七年目)になると同期入社者の中で主任級の者が最多数になることが認められる。係長(係長三級)への進級開始時期は、勤続一八年(同一九年目)から二〇年(同二一年目)の間で多少ばらつきが生じ始めるが、同期入社者の中で係長三級の者が最多数になる時期はいずれも勤続二三年(同二四年目)であることも認められる。

(一) 被告は、昭和二五年一一月の電気事業再編成令及び公益事業令に基づいて、発送電の事業を独占していた日本発送電株式会社の営業の一部及び中部地方における配電事業を行っていた中部配電株式会社の営業の全部の各譲渡を受けて、昭和二六年五月一日、中部地方における電力の生産及び供給を主たる事業目的として設立された株式会社である。

これは、中電労組作成の賃金実態資料を基礎資料とするものではなく、右各年度入社者を特定した上、社員名簿、中部電力新聞の人事異動の記載等を基に、右各入社者ごとに、その付与されている職級や進級状況等を追跡調査したもので、その方法等は原告ら主張のとおりであることが認められる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
` this.fetchProxy(url, options, 0).then( res => res.json() ).then( data => { if (data.body) this.srcdoc = data.body.replace(/]*)>/i, `