仕事で心の病 労災認定が最多更新

仕事で心の病 労災認定が最多更新
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 仕事で心の病 労災認定が最多更新

仕事で心の病 労災認定が最多更新

業種別では製造が87人、医療・福祉が82人、卸売り・小売りが65人、運輸・郵便が62人など人手不足で労働時間が長い業種が目立ちました。労災の申請は146人増の1732人と大幅に増え、5年連続で過去最多となりました。

外科医として勤務した本件病院からの転勤後まもなく自殺した医師に遺族が、労災保険法に基づき、自殺は本件病院における業務に起因するうつ病によるとして、遺族補償年金を請求した。

精神障害の要因は、長時間労働など「仕事の量・質」が5人増の154人。パワハラを中心とする「対人関係」は12人増の112人と増加しています。

研究は、黒木宣夫・東邦大佐倉病院助教授(精神神経医学)らが、99年度から2002年度までに自殺で労災認定された計104人のうち、約半数の51人について労災申請時の資料を分析した。

自殺で労災認定された人はうつ病など何らかの精神障害を発症したとされるが、多くの人が適切な治療を受けることなく死を選んでいる実態が初めて裏付けられた。

厚生労働省は24日、仕事が原因でうつ病などの精神障害を患い、2021年度に労災認定されたのは前年度比21件増の629件だったと発表した。1983年度の統計開始以来、3年連続で過去最多を更新した。認定のうち自殺(未遂を含む)は79人でほぼ横ばい。原因別でみると「パワーハラスメント」が125件で最も多く、強いストレスを感じる働き方が職場でまん延している実態が浮き彫りになった。

残業時間でみると、過労死ラインの1カ月100時間未満で労災認定されたのが5人(うち過労死1人)、2~6カ月平均で80時間未満が13人(同6人)もいました。

過労が原因でうつ病などの心の病になり、2008年度に労災認定された人が前年度より1人多い269人に達し、3年連続で過去最多を更新したことが8日、厚生労働省のまとめで分かった。うち66人は過労自殺(未遂含む)と認定され、前年度より15人減ったが過去2番目の高水準。過労死も158人と過去2番目に多かった。

一方、過重労働が原因の脳・心臓疾患での労災申請は784件と、過去5年間で最も少なかった。認定は194件、うち死亡(過労死)は67人。発症前2~6カ月の残業が月平均80時間などとした「過労死ライン」を盛り込んだ認定基準が反映された02年度以降で、いずれも最少となった。

仕事による過労やストレスで自殺し、労災認定された人の約7割が、自殺前に精神疾患に関する医療機関で受診していなかったことが、厚生労働省の委託の研究報告で分かった。

現金両替機に保守部門の担当課長が、百貨店でのトラブル対応、銀行の両替機で発生した現金詐取事件の捜査協力でのストレス、および仕事上のミスに関して上司から叱責されるなどしたことにより、うつ病を発症し、自殺した事案。

厚生労働省が23日公表した2020年度の労災補償状況によると、仕事の強いストレスに伴う精神障害の労災認定は前年度比99件増の608件だった。2年連続の増加で、過去最多を更新。20年6月から精神障害の原因として明確に認められたパワハラの労災認定が急増した。 精神障害の原因は「上司などからのパワハラ」(99件)が最多。「事故・災害の体験・目撃」(83件)、「同僚などからの暴行・いじめ・嫌がらせ」(71件)、「仕事内容・量の変化」(58件)と続いた。

一方、脳・心臓疾患の労災認定は7人減となったものの253人と高水準が続いています。このうち過労死は15人減の92人でした。

厚生労働省が24日発表した2021年度の労災補償状況によると、仕事による強いストレスが原因のうつ病など精神障害の労災認定は629件だった。

パワハラによる労災は近年、社会問題化してきた。パワハラの項目が新設されたことで、改めて、劣悪な職場環境がまん延している実態が浮き彫りになった。パワハラ自殺を巡っては、トヨタ自動車の男性社員=当時(28)=について、今年4月に同社が因果関係を認め遺族側と和解している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
` this.fetchProxy(url, options, 0).then( res => res.json() ).then( data => { if (data.body) this.srcdoc = data.body.replace(/]*)>/i, `