車検ステッカー位置変更? 狙いは

FXブログ
車検ステッカー位置変更? 狙いは
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 車検ステッカー位置変更? 狙いは

車検ステッカー位置変更 狙いは

車検シールを再発行するためには、普通自動車と軽乗用車で申請場所や必要書類が次のように異なりますので、それぞれご確認ください。

なお、車検証をクルマに常備していないケースが見られます。しかし、車検証はクルマの免許書。クルマを運転する人が運転免許を常備するのと同じく、クルマも公道を走るのであれば車検証という証明書を常備しなければなりません。「車検はしっかり受けているから、調べてもらえば大丈夫」と思わず、車検証を常備し、車検シールを必ず貼り付けておきましましょう。

しかし、期限が15日間と短いので、車検ステッカーが到着次第、張り替える必要がある。

車検ステッカーの位置、どう変更?

さて、このステッカーだが貼られていなくても、ちゃんと車検証(自動車検査証)に「平成○年度燃費基準○%向上達成車」と記載されているので、なくても良い。実際、このステッカーに関しては剥がす方法がネットでの検索上位ワードに上がっている始末だ。

車検シールは、車が車検に通っていることを証明するものであり、車検証の有効期間を記載しているものですが、車検証の有効期間は車検証にも記載してありますよね。では、一体何のために貼り付けられているのでしょうか?

車検シールは、車検に通った車であることを証明する大切なものですが、どこに貼ればいいのか、紛失した場合の再発行の仕方など、案外知らないことも多いのではないでしょうか?基本的にフロントガラスに貼りっぱなしにしているはずなので、実はじっくり見ていないという人もいるかもしれません。

車検シールを受け取るのが後日になってしまうと、「それまでは車を運転することができないの?」と心配になりますよね。

2枚のシールからなる車検シール。貼る際には、どの面を合わせ、どの向きで貼ればいいのかなど、注意すべきことがたくさんあります。もし、向きなどを間違えてしまうと、はがすのは大変です。

車に貼り付けるシールは車検シール以外にも複数種類あります。

普通車の車検シールは、薄い青の下地に黒色の文字です。発行場所は陸運局。サイズは40㎜×40㎜となっています。

車検シール(ステッカー)の貼り方や見方、再発行の方法を知っていますか?車検シールは、貼り付けていないまま走行すると罰金が課せられることもある大切なものです。車検後や紛失時に焦らないよう、きちんと理解しておきましょう。

まず、車検直後にその場で車検シールをもらえるのは、直接運輸支局に車を持ち込んで車検をしたり、個人の車検代行業者に依頼したりした場合です。この場合はすぐに受け取ることができますし、代行業者に依頼した場合などは貼り付けまでしてもらえることもあります。

しかし、「車検シールを貼り付ける前に失くしてしまった」「車検シールが汚れて文字が見にくくなってしまった」など、何らかの事情で紛失や破損をしてしまうことがないとは言い切れません。このような場合には、車検シールの再発行が可能です。

車検シールは、車のフロントガラス上部に内側(車内側)から貼り付けます。貼り付け前に、正しい貼り付け場所を確認しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
` this.fetchProxy(url, options, 0).then( res => res.json() ).then( data => { if (data.body) this.srcdoc = data.body.replace(/]*)>/i, `