<06月24日、更新4>、豪ドルドルはトリプルボトム?

FXブログ
<06月24日、更新4>、豪ドルドルはトリプルボトム?
<06月24日、更新4>

P&Fでは~
ドル円が下に3枠転換。
豪ドル円が下に3枠転換。
豪ドルドルが下に3枠転換。

日足P&Fの状況:(06月20日)~(06月24日)>に追記しました。

最近はボラティリティが高いですね。
昨日のドル円は、134円前半まで下押し。
さすが134.40あたりからロングにしてますが全力ではありません。
今朝、135円乗せでロングポジ増やしました。

やっぱりリセッション懸念が大きいのか・・・
かといってドル円が下がるとも思えませんのでしばらくは慎重にトレードすべきか。
それでもどっしり構えてやらないと上下動きがあるので往復でやられてしまいます。
どっしり構えるならロングポジの時ですか・・・。

豪ドルドルがトリプルボトムになるなら~

624豪$$

大きな反発を期待したいところですが、それなら豪ドル円の方かな?ということで
ポジションが軽くなってるところなので小さなポジで豪ドル円のロングを試しています。
あとは夢のポンドですね。
ボラが大きいので大きく動いた時の破壊力期待でこちらも下がったところを小さくロングを
試しています。

(個人的な見解ですので、投資は自己責任でお願いします。)

[紹介元] ポイント&フィギュアでFX <06月24日、更新4>、豪ドルドルはトリプルボトム?

06月24日 更新4 豪ドルドルはトリプルボトム

◇クロス通貨米ドルを通貨ペアに含まない通貨ペアのことを指します。NZドル/円を買う取引の場合、インターバンクでは、円で米ドルを買い、米ドルでNZドルを買う。という2度の取引を行うことで取引が成立します。そのような通貨ペアのことをクロス通貨と呼びます。また、ユーロ/米ドル・豪ドル/米ドルのように、米ドルが通貨ペアに含まれる場合、1度でその取引を行うことができ、そのような通貨ペアのことを「ドルストレート」と呼びます。

NZD円相場は、2014年の高値94.02から調整と継続しています。また、現状はロング・ランのサポートを割れて、更に2009年4月から2012年12月の揉み合いゾーンの上値圏となる68.90-69.37ゾーンも割り込んでいます。これはテクニカル的には、悪いパターンですが、ただ、現状はモメンタムを示すスロー・ストキャスティクスが、売られ過ぎ圏で、反転の兆しを見せ、更に調整は拡大していません。NZD円相場は、若干形が不揃いですが、豪ドル円同様、94.02をトップとして、57-58円ゾーンから68-69円ゾーンの左肩と70-73円ゾーンから83-84円ゾーンの右肩で、一種の変形的なH&Sを形成しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
` this.fetchProxy(url, options, 0).then( res => res.json() ).then( data => { if (data.body) this.srcdoc = data.body.replace(/]*)>/i, `