FX/為替「注目のFX週間イベント 来週の為替はどう動く?」 FX週間イベント 6/27~7/3

FXブログ
FX/為替「注目のFX週間イベント 来週の為替はどう動く?」 FX週間イベント 6/27~7/3

【週間イベント】

f:id:gaitamesk:20190823140851p:plain

4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

執筆・監修:株式会社外為どっとコム総合研究所 調査部長 神田卓也

目次

▼北米(米国・カナダ)
米国の景気後退を巡る懸念が広がっている

▼欧州(ユーロ圏・英国)
物価高と景気減速の板挟み

▼アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ)
ロックダウン再開で景気不安がくすぶる中国

▼新興国(トルコ・南ア・メキシコ・ロシア)
主要国株価の動向がカギ

北米(米国・カナダ)

重要イベント

6/26-28◎G7首脳会議
6/28◎米6月消費者信頼感指数
6/28◎デイリー米サンフランシスコ連銀総裁講演
6/29◎米1-3月期GDP・確定値
6/29◎メスター・クリーブランド連銀総裁講演
6/29☆パウエルFRB議長講演(ECBフォーラム)
6/29◎ブラード米セントルイス連銀総裁
6/30◎米5月個人消費支出
6/30☆米5月PCEデフレーター
6/30☆米新規失業保険申請件数
6/30◎OPECプラス閣僚級会合
7/1☆米6月ISM製造業景況指数
☆特に重要 ◎重要
※カレンダーにないイベントも掲載することがあります

ここがポイント

22日に行われたパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言を受けて米国の景気後退(リセッション)を巡る懸念が広がっています。1日に発表される米6月ISM製造業景況指数の結果が注目されそうです。

北米のイベント

欧州(ユーロ圏・英国)

重要イベント

6/26-28◎G7首脳会議
6/29☆ラガルドECB総裁/ベイリーBOE総裁講演(ECBフォーラム)
6/29☆独6月消費者物価指数・速報値
6/30◎英1-3月期GDP・改定値
6/30◎独6月雇用統計
6/30◎ユーロ圏6月失業率
6/30◎OPECプラス閣僚級会合
7/1☆ユーロ圏6月消費者物価指数・速報値
☆特に重要 ◎重要
※カレンダーにないイベントも掲載することがあります

ここがポイント

ユーロ圏や英国も物価高と景気減速の板挟みで苦しい状況です。ラガルド欧州中銀(ECB)総裁とベイリー英中銀(BOE)総裁の講演および、ドイツとユーロ圏の7月消費者物価指数の結果に注目です。

欧州のイベント

アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ)

重要イベント

6/26-28◎G7首脳会議
6/29◎豪5月小売売上高
6/30☆中国6月製造業PMI
6/30◎OPECプラス閣僚級会合
7/1☆日銀短観
7/1☆中国6月財新製造業PMI
☆特に重要 ◎重要
※カレンダーにないイベントも掲載することがあります

ここがポイント

ロックダウン(都市封鎖)の再開などで景気不安がくすぶる中国の6月購買担当者景気指数(PMI)に注目です。その他、日銀短観は円安の影響を企業がどう見ているのかが気になるところです。

アジア・オセアニアのイベント

新興国(トルコ・南ア・メキシコ・ロシア・シンガポール)

重要イベント

6/27◎メキシコ5月貿易収支
6/28◎メキシコ5月失業率
6/30◎トルコ5月貿易収支
6/30◎南ア5月生産者物価指数
6/30◎南ア5月貿易収支
6/30◎OPECプラス閣僚級会合
☆特に重要 ◎重要
※カレンダーにないイベントも掲載することがあります

ここがポイント

先進国の金融引き締めで世界景気に対する後退懸念が強まると、新興国通貨には下落圧力がかかりやすくなります。景気を映す鏡である主要国株価の動向が新興国通貨のカギとなりそうです。

新興国のイベント

 

f:id:gaitamesk:20191106165135p:plain

株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 上席研究員
神田 卓也(かんだ・たくや)
1991年9月、4年半の証券会社勤務を経て株式会社メイタン・トラディションに入社。 為替(ドル/円スポットデスク)を皮切りに、資金(デポジット)、金利デリバティブ等、各種金融商品の国際取引仲介業務を担当。 その後、2009年7月に外為どっとコム総合研究所の創業に参画し、為替相場・市場の調査に携わる。2011年12月より現職。 現在、個人FX投資家に向けた為替情報の配信を主業務とする傍ら、相場動向などについて、WEB・新聞・雑誌・テレビ等にコメントを発信。
【告知】7月10日開催の「第1回 資産運用EXPO【夏】」にてセミナーを開催。
『円安時代に突入!FX初心者こそ知っておきたい外貨投資のポイントを解説!』

詳細は
こちら

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替「注目のFX週間イベント 来週の為替はどう動く?」 FX週間イベント 6/27~7/3

謎の癒し系FXトレーダー

謎の癒し系FXトレーダー。 このブログは羊飼いの相場ノート。朝の記事は必見。

政策金利とは中央銀行(米国のFRB、英国のBOE、欧州のECBなど)が金融政策を実行する上で設定する金利です。政策金利を調整することで、景気の過熱時は経済を抑えたり、逆に失速時は経済を刺激したりします。またFX取引では2国間の金利が為替レートに影響を及ぼすことから、市場参加者の注目度が高いです。各国の物価や経済状況によっても金利が違い、新興国では通貨安防衛を目的として政策金利を引き上げる場合もあります。日本では「無担保コールレート翌日物」、米国では「FFレート金利の誘導目標」が政策金利を指します。「公定歩合」は政策金利を意味すると思われがちですが、国内金利が自由化されたことでその役目を終えました。

経済指標の発表結果が外国為替市場に大きな影響を与えるとは言っても、主要国のすべての経済指標をチェックするのは困難です。そこでここからは、FXを取引する際に必ず押さえておきたい経済指標とその内容について説明します。

失業率は一国の労働力人口のうちに占める失業者の比率を示す指標です。国によって算出方法や公表する頻度が異なり、失業率と新規雇用者数を同時に公表する場合もあります。雇用情勢を把握するのに用いられる代表的な指数で、中央銀行が金融政策を決定する上での重要な指標となります。FX取引では米国や英国、オーストラリア、カナダの失業率が発表される際に為替相場が大きく動く傾向があります。

FX大学対抗戦 第3節(2022年6月13日週)、北海道大学金融研究会チームは「わかりやすい相場だった」と、ようやく1万円以上の利益を上げたと、ガッチリ! 同志社大学の岩瀬颯汰さんは、米ドル円と英ポンド円で勝負。取引回数をジワリと増やすなど、週初めの躓きをカバーしてプラスにつなげた。一方、好スタートを切った一橋大学 チームmagisだったが、ユーロ/ポンドで思わぬ落とし穴にはまって......。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
` this.fetchProxy(url, options, 0).then( res => res.json() ).then( data => { if (data.body) this.srcdoc = data.body.replace(/]*)>/i, `