海外勢に買われる 京都の高額物件

海外勢に買われる 京都の高額物件
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 海外勢に買われる 京都の高額物件

海外勢に買われる 京都の高額物件

京阪本線の終点「出町柳」駅と、叡山電鉄の始発駅「出町柳」駅が接するのがこのエリアです。京都大学のある吉田に近いこともあって、学生向けのリーズナブルな賃貸物件が多くあります。京都の中心から少しだけ離れていることもあり、鴨川近くの比較的静かな場所として今後、収益物件の投資対象として注目したいエリアの一つです。

2020年に開催迫るオリンピックや万博への期待から、東京・大阪の地価高騰が続いている。それに伴い上昇する物件価格の高騰に、賃料相場は対応しきれず、大都市圏の不動産投資利回りはジワジワと低下傾向にある。そんななか、一人勝ちの状況となっているのが京都である。本記事では、京都不動産投資の注目エリアについて見ていく。

「不動産 物件 京都市 高額 物件」に関する新築一戸建て・中古一戸建て・中古マンション・土地の販売情報を探すなら、SUUMO(スーモ)にお任せ下さい。SUUMOでは「不動産 物件 京都市 高額 物件」に関する新築一戸建て・中古一戸建て・中古マンション・土地の販売情報を5627件掲載中です。SUUMOで自分にピッタリの新築一戸建て・中古一戸建て・中古マンション・土地を見つけましょう。

京都の不動産を狙うのは、もちろん外国資本だけではありません。京都の市街地では、風情ある町並みの中に、安手のホテルを建設するパターンも増加しています。

金閣寺に近い京町家風の宿、駅近の投資用マンション…。中華圏の投資家が利用する日本の不動産情報アプリ「神居秒算」を開くと、数千万円から1億円超の値段が付いた京都市内の物件がずらりと並ぶ。

観光客の増加に伴い宿泊施設の充足が図られていますが、その裏では京都の町家が次々と取り壊され、宿泊施設に建て替えられているという現状があります。もちろんこれには日本の資本も入っていますが、外国人投資家達によっても町家が買い占められ、益々加速する状況を生んでいます。

京都は日本らしい伝統と文化が色濃く残る場所であり、訪日外国人観光客にとってもその美しい街並みを歩くことが一つの目的となっています。そのため潤沢な資金を持つ外国資本の流入によって京都らしさが壊される方向ではなく、伝統的な街並みを残す方向で宿泊施設や観光施設などの再開発が行われるべきです。

2016年10月には、京都市の東山区で「フォーシーズンズホテル京都」が開業したほか、「帝国ホテル」が2020年をめどに京都に進出し、祇園にある登録有形文化財の「弥栄会館」を改修して客室を整備する計画をしています。

一方で富裕層向けの高級リゾートホテルの進出も進んでいます。京都は老舗旅館が多いうえ、景観条例で建築物の高さやデザインが規制されており、土地取得も困難なことなどから、外資系ホテルの進出は遅れていました。しかし外国人観光客の増加により、ここにきて開業ラッシュが続いています。

どこへ出るにも大変便利な場所で、地下鉄東西線「二条城」駅から1本で烏丸御池へ出られるほか、JR嵯峨野線を使えば、わずか2駅でJR京都。このほか阪急「大宮」駅や京福「四条大宮」駅も利用しやすく、学生・社会人共に賃貸人気が高いエリアです。

2014年2月には「ザ・リッツ・カールトン京都」が鴨川沿いの中京区に、2015年3月には米国を拠点とするスターウッドホテル&リゾートの「翠嵐(すいらん)ラグジュアリーコレクションホテル京都」が京都・嵐山の保津川沿いにオープン。スターウッドは日本でも「セントレジス」「ウェスティン」「シェラトン」などのブランドを展開していますが、「ラグジュアリーコレクション」はなかでも最高級クラスに位置付けられており、京都が日本で最初のオープンとなりました。

不動産投資先として人気のある日本において、京都では外国資本の流入が早いスピードで進んでいます。町家などの不動産の再開発が活発に行われていることで、京都の伝統的な景観が損なわれることなどが危惧されています。ここからは現在京都でどんな問題が起こっているのか、そしてその一方でどのような恩恵が享受できるのかという、2つの側面を見ていきます。

同調査では、トップ5の2位から4位までは、京都市東山区と下京区が占めました。前年に比べた変動率、つまり上昇率は倶知安で45%以上、京都ではいずれも25%を上回っています。

1992年に日経ビルディング(現日本ホールディングス)の設立に参加。2011年、代表取締役に就任。顧客最重要の姿勢を徹底し、京都で唯一の投資用マンションディベロッパー会社を牽引。全国各地での新聞社等主催不動産投資セミナー、フェアにて多数の講演実績を持ち、京都の魅力を説く。

日本への外国人観光客が急増したことで、京都市はインバウンド特需で非常に活況を呈しています。インバウンド旋風は観光業界だけではなく、不動産業界全体にも大きな影響を及ぼしており、京都市の地価が急騰している大きな要因になっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました