[米ドル円]リスクオフでもドル買い優勢

FXブログ
[米ドル円]リスクオフでもドル買い優勢
(米ドル円日足)

アジア市場でドル円は上値の重い展開で推移するなか135円79銭まで下落。しかし欧米市場でドル買いの動きが強まるとドル円は136円58銭まで上昇。今年最高値となる136円70銭が意識され上値が抑えられた。しかしその後パウエル議長が「経済減速よりも物価安定に失敗する方が大きな過ち」「ドルの水準に責任を負わない」などと発言。積極的な引き締めと同時にドル高を止める意思がないとの見方から、ドル円は136円70銭を上回り137円まで上昇。その後は利食い売りに押されたものの底堅い動きは継続。NY株式市場の下落による円買いの動き以上に金融引き締め強化によるドル買いの勢いが継続するとみる。

ドル円予想レンジ:137円20銭~136円20銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

【公式】ヒロセ通商(LION FX)動画チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCYhBsV902gg58u-bXPsqipA

専門家による相場解説とFX攻略法動画を多数公開中
いいね&チャンネル登録お願いします

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [米ドル円]リスクオフでもドル買い優勢

リスクオフでもドル買い優勢”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました