1本50円 熱中症対策自販機の狙い

FXブログ
1本50円 熱中症対策自販機の狙い
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 1本50円 熱中症対策自販機の狙い

1本50円 熱中症対策自販機の狙い

事務所の所長で、大和ハウス工業東京本店建築事業部の権藤繁雄さんによると、夏の現場は熱中症の危険性が高いことから「作業員が効果的に水分補給ができるようにサポートしたい」と建築事業部独自の取り組みで設置を決めたとのこと。差額分は熱中症対策の費用として会社が負担しているそうです。「水を飲むよう口頭で注意喚起をすることも大切ですが、低価格の商品があれば実際に飲んでもらえる。やってよかったです」と話しています。

熱中症対策自販機の設置場所は?

自販機を手がける大塚ウエルネスベンディングによると、「熱中症対策自販機」とするには、一定量のナトリウムを含んでなければいけないので、水やお茶は販売できないそうですが、建設現場などへの導入が増えてきているといいます。「自販機だと冷やす手間がかからない。熱中症への企業の意識が高まり、作業員への福利厚生という点から注目されている」と話しています。

ホテルの施工主は、大和ハウス工業で、「熱中症対策自動販売機」は、東京本店建築事業部による独自の取り組みだった。大和ハウスの広報企画室は8月9日、Jタウンネットの取材に対し、こうコメントした。 「ここ数年、建築工事現場などで熱中症にかかる方が増えていますので、1人でも患者の数を少なくしたい思いで取り組んでいます」スポーツドリンクばかり飲んでいると糖分を取り過ぎるのではとの懸念の声も出ていたが、普通の自販機も設置してあることから、狙いはあくまでも一時的な暑さ対策にあるようだ。

工事現場や工場など、夏場に高温になりやすい作業所で「熱中症対策自販機」の設置が進んでいる。事業者が飲料費用を負担することで、現場で働く人たちが安く飲料を買えたり、無料で飲料をもらえたりするシステムだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました