イオン 総合スーパー9年ぶり黒字

FXブログ
イオン 総合スーパー9年ぶり黒字
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 イオン 総合スーパー9年ぶり黒字

イオン 総合スーパー9年ぶり黒字

Ocadoは2000年に設立されたネットスーパーを運営する企業で、店舗を持たず、オンラインで食料品などの注文を受け、配送するサービスを提供しています。本提携により、イオンはデジタル、AI及びロボティクス機能の強化に向け、2020年3月までに新会社を設立し、2023年に日本で第1号のAIとロボットを駆使した最先端の顧客フルフィルメント・センター(中央集約型倉庫/CFC)を設立予定。

イオンフィナンシャルサービスは、コロナ下において、デジタル化対応を推進し、非対面営業や審査・回収部門における体制を強化した。イオン銀行は、住宅ローンにおいて、Webから申込、電話、郵送を活用し、顧客が自宅で契約を完結できる取り組みを推進している。

事業セグメント別では、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスなどSM(食品スーパー)事業の営業利益が約2.4倍の506億円、ドラッグストアのウエルシアホールディングスなどヘルス&ウエルネス事業の営業利益が16.6%増の415億円と好調だった一方、イオンリテールを中心とするGMS(総合スーパー)事業は156億円の営業赤字(前期は72億円の黒字)、サービス・専門店事業も176億円の営業赤字(同45億円の黒字)となった。

その背景には、ECの広がりは、インドネシアでも例外ではない。小売業の店舗販売の伸びが緩やかになっているという、外部環境の変化に対応し、イオンは自社プロダクトのラインアップを変更。新モールの開業で、収益の上がる想定顧客である、都市部の中高所得層の、潜在的な需要を掘り起こす意図があるとのことだ。モノ消費よりも、コト消費に対応する姿勢を明確に出している。

イオンの連結子会社であるイオンディライト株式会社は2019年4月5日、連結子会社である株式会社カジタクにおいて、不適切な会計処理が行われていた可能性があることが判明したと発表。4月11日に特別調査委員会を設置し、調査結果が6月28日に公表されました。

とある。通期においても、連結での営業利益は過去最高になった。しかし、全体の利益は改善されたものの、自社事業の中心となる、イオンリテールなどを含む、総合スーパーでは104億円の赤字、ダイエーなどの食品スーパーの部門も31%の減益となったとのこと。両部門の不信を、金融、ドラッグストア、不動産で補った。

先日、2017年3~8月期連結決算の営業利益が過去最高を記録したと発表したイオン。しかし本業のスーパー部門は赤字、株価も低迷するなどその苦悩は解消されたわけではありません。今回のメルマガ『理央 周 の 売れる仕組み創造ラボ 【Marketing Report】』では著者でMBAホルダーの理央さんが、イオン苦戦の原因を分析するとともに同社が取り組みを開始した「コト消費」について詳しく解説しています。

イオンが発表した2021年2月期の連結業績は、売上高に当たる営業収益が前期比ほぼ横ばいの8兆6039億円、営業利益は30.1%減の1505億円、最終損益は710億円の赤字(前期は268億円の黒字)だった。

イオンディライトは、施設における換気改善を目的に、新たに「ネットワーク型CO2濃度モニターシステム」をメーカーと共同開発し、複数の施設へ導入した。イオンファンタジーは、緊急事態宣言等が適用された地域において臨時休業や営業時間短縮を実施した影響があったが、対象地域以外の店舗の売上は順調に回復しており、大幅な増収増益となっている。

営業利益が減益となったのは、連結子会社のイオンディライト株式会社の子会社である株式会社カジタクで判明した過年度の不正会計処理及び誤謬の修正額を、当第1四半期連結累計期間に一括計上したことによるものです。不正会計処理の影響を除くと増益ですが、GMS事業は赤字、SM事業は減益と中核事業は不振です。

主力企業のイオンリテール(株)は1兆8173億9500万円で前年比7.6%減。営業損失は85億4500万円(133億3500万円の改善)、経常損失155億0200万円(137億9700万円の改善)、純損失206億6100万円(305億2400万円の改善)。損失幅は縮小した。イオンリテールではリバイバル期間の最終年度に当たった21年度に、「構造改革」「成長の基盤づくり」の両輪の改革を進めた。「構造改革」では、マーチャンダイジング・サイクルの精度改善を進め、既存店在庫高や回転日数は前期比で大幅に改善した。またデリカ(惣菜)部門で導入を進める、販売実績や天候・客数などの環境条件をAIが学習し、割引時に適切な価格を設定できる「AIカカク」の導入や、品揃えの見直しも奏功し、デリカ部門は食品部門における売上総利益率の改善に貢献した。一方、「成長の基盤づくり」では、衣料でのスポーツ、カジュアル、エシカルといった成長性の高い分野における「スポージアム」「エシーム」「SELF+SERVICE」のブランドを拡大展開した。また、ネットスーパーは前期比約2割の売上伸長となった。

イオン(株)(千葉市美浜区、吉田昭夫社長)の2022年2月期連結業績は、営業収益が過去最高を更新する8兆7159億5700万円(対前期比1.3%増)、営業利益は1743億1200万円(15.8%増)、経常利益1670億6800万円(20.4%増)の増収増益だ。当期純利益についても65億0400万円(前年より775億2900万円の増益)と大幅に損益改善して黒字化した。

なお、子会社のカジタクの不適切会計に続き、フィリピン子会社でも不適切な会計処理が行われていたと2019年11月1日にイオンフィナンシャルサービス株式会社が発表。フィリピン子会社の不適切な会計処理による影響額は、過年度において経常利益で約12億円ですが、現段階では連結業績の予想に修正はありません。前期比で増収増益となる見込みです。

岡田氏は1997年にジャスコ(現イオン)の社長に就任し、23年にわたり社長を務め、営業収益8.5兆円、時価総額1.9兆円の企業へと成長させました。一方、吉田氏は2015年にイオンモールの社長に、2019年にイオン副社長に就任しています。

イオンは、純粋持株会社及び293社の連結子会社、29社の持分法適用関連会社により構成され、GMS(総合スーパー)事業を核とした小売事業を中心として、総合金融、ディベロッパー、サービス・専門店等の各事業を複合的に展開しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました