FX/為替「6月は円安再開。変動率ランキングはトルコリラがトップ独占」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 対象期間:2022年6月1日~6月30日

FX/為替「6月は円安再開。変動率ランキングはトルコリラがトップ独占」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 対象期間:2022年6月1日~6月30日

f:id:gaitamesk:20220413203002j:plain

外為どっとコムのFX取引口座『外貨ネクストネオ』1カ月間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。

文責:外為どっとコム総合研究所

集計期間:
2022年6月1日~6月30日の営業日

▼変動率ランキング
トルコリラ勢が上位を席捲

▼スワップポイント累計ランキング
ユーロ/トルコリラ(売)が首位

▼取引高ランキング
ドル/円が首位に

▼まとめ

変動率ランキング:トルコリラがトップ独占

計測期間である6月中で最も変動率が高かったのはユーロ/トルコリラだった。為替レートで見ると、月初から徐々に上昇(ユーロ高・リラ安)していた中、24日にトルコ政府は、銀行調整監視機構(BDDK)を通じ、潤沢な外貨を保有する企業に対して新規融資を停止すると発表した。この突然の発表を受け、リラ高が進んだ。トルコの企業が融資へのアクセスを維持するために外貨資産を売却してリラを買うとの見方が強まったためだ。

第2位はトルコリラ/円、第3位は米ドル/トルコリラになった。5月に続き、トルコリラ勢が上位を占めている。南アランド/円が第5位、メキシコペソ/円が第6位に入っている。いずれも、月初は円安の流れから上昇したが、米株価の下落など市場環境がリスクオフになると下落した。

ドル/円は変動率6.46%の第9位になった。5月の調整を終え、137円近くまで上昇。約24年ぶりの円安を記録した。

集計期間中、3%を超える変動があったのは集計対象29通貨ペアのうち27通貨ペアだった(前回:28通貨ペア)。その内5%以上の変動幅を記録したのは19通貨ペアだった(前回:14通貨ペア)。

順位 通貨ペア 変動率 高値 安値
1 EUR/TRY 10.12% 18.6345 16.9223
2 TRY/JPY 10.07% 8.35 7.586
3 USD/TRY 8.47% 17.3773 16.0201
4 NOK/JPY 8.18% 14.214 13.139
5 ZAR/JPY 7.63% 8.807 8.183
6 MXN/JPY 7.45% 6.868 6.392
7 CHF/JPY 7.28% 143.754 134.003
8 SEK/JPY 6.75% 13.732 12.864
9 USD/JPY 6.49% 136.998 128.649
9 HKD/JPY 6.49% 17.445 16.382
11 AUD/USD 6.32% 0.72827 0.68501
12 CNH/JPY 6.21% 20.436 19.242
13 NZD/USD 6.13% 0.65755 0.61959
14 USD/CHF 5.84% 1.00491 0.94945
15 GBP/USD 5.72% 1.26164 1.19335
16 GBP/JPY 5.47% 168.724 159.98
17 CAD/JPY 5.46% 107.205 101.652
18 AUD/JPY 5.34% 96.879 91.968
19 SGD/JPY 5.09% 98.636 93.857
20 EUR/JPY 4.67% 144.273 137.83
21 NZD/JPY 4.63% 86.809 82.965
22 USD/CAD 4.48% 1.3078 1.25178
23 EUR/USD 4.00% 1.07737 1.03589
24 EUR/AUD 3.99% 1.53445 1.47558
25 EUR/NZD 3.50% 1.69302 1.63576
26 AUD/CAD 3.40% 0.91455 0.88445
27 GBP/AUD 3.17% 1.78147 1.72678
28 EUR/GBP 2.84% 0.87204 0.84799
29 AUD/NZD 1.97% 1.11678 1.09521

 

スワップポイント累計ランキング:ユーロ/トルコリラ(売)が首位

ユーロ/トルコリラ(売)の首位は変わらなかった。ドル/トルコリラ(売)が第2位、メキシコペソ/円(買)が第3位、南アランド/円(買)が第4位、ユーロ/NZドル(売)が第5位になっている。

※MXN/JPY、ZAR/JPY、HKD/JPY、CNH/JPY、NOK/JPY、SEK/JPYは10万通貨あたり。
※前週終値に取引数量を掛け合わせた取引残高に対してのスワップポイント合計

順位 通貨ペア 売買区分 スワップ合計 円 取引保証金
1 EUR/TRY 14161 58,000
2 USD/TRY 9500 55,000
3 MXN/JPY 3880 30,000
4 ZAR/JPY 3420 40,000
5 EUR/NZD 2357 58,000
6 EUR/USD 1902 58,000
7 GBP/JPY 1560 67,000
8 USD/JPY 1411 55,000
9 EUR/GBP 1377 58,000
10 EUR/AUD 1348 58,000
11 SGD/JPY 1334 40,000
12 NZD/JPY 1230 35,000
13 CNH/JPY 1160 90,000
14 CAD/JPY 1045 43,000
15 TRY/JPY 983 4,000
16 AUD/JPY 765 38,000
17 USD/CHF 344 55,000
18 AUD/NZD 291 38,000
19 AUD/CAD 154 38,000
20 NZD/USD 135 35,000
21 EUR/JPY 35 58,000
22 NOK/JPY 0 60,000
22 HKD/JPY 0 70,000
24 AUD/USD -51 38,000
25 USD/CAD -118 55,000
26 GBP/AUD -155 67,000
27 GBP/USD -181 67,000
28 CHF/JPY -221 58,000
29 SEK/JPY -550 60,000

 

取引高ランキング:ドル/円が首位に

期間中の取引高ランキングは、ドル/円の首位は揺るがなかった。第2位に豪ドル/円、第3位にメキシコペソ/円、第4位にポンド/円が位置し、前回集計時から順位に変化が無かった。

順位 通貨ペア 前回順位
1 USD/JPY 1
2 AUD/JPY 2
3 MXN/JPY 3
4 GBP/JPY 4
5 EUR/JPY 5
6 EUR/USD 6
7 ZAR/JPY 7
8 GBP/USD 9
9 AUD/USD 8
10 NZD/JPY 10
11 TRY/JPY 11
12 CHF/JPY 18
13 EUR/AUD 12
14 CAD/JPY 14
15 CNH/JPY 16
16 GBP/AUD 13
17 USD/CHF 20
18 NZD/USD 15
19 EUR/GBP 17
20 USD/CAD 21
21 AUD/NZD 19
22 AUD/CAD 24
23 EUR/TRY 23
24 NOK/JPY 25
25 USD/TRY 26
26 EUR/NZD 22
27 HKD/JPY 27
28 SEK/JPY 28
29 SGD/JPY 29

 

まとめ

集計期間は、一旦休止した円安が再開、同時に世界的なリスクオフが垣間見えた期間だった。目下、ユーロの急落で欧州のリセッション懸念などが表面化している。ここまで円安が主導した大相場について、大きな揺り戻しとしての円高があるのか、一時的な調整になるのか、見極めていきたいところだ。

■関連情報

外為情報ナビ「騰落率」※画面中段

外為情報ナビ「取引データ」

スワップポイントカレンダー

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替「6月は円安再開。変動率ランキングはトルコリラがトップ独占」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 対象期間:2022年6月1日~6月30日

FX 為替 6月は円安再開

外為どっとコムのFX取引口座『外貨ネクストネオ』1カ月間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。 多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。 取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。 注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

FX取引をする上で、取引時間帯による値動きの特性を理解することは重要です。もちろん毎回同じ値動きとなるわけではありませんが、トレードを有利に運ぶには自分が実際にポジションを建てるときにマイナス要素をできるだけ減らしてエントリーすることが必要です。例えば五十日(ゴトウビ)の東京時間に米ドル円を買いで新規建玉しようとした場合は9時55分の仲値に向けて順張りのエントリーを検討するなどといった方法があります。またニューヨークカットのオプションの情報を調べてこれに絡んだフローを予想するのも面白いかもしれません。初心者の方でも自分なりの相場の分析手法やトレードルールをもっていると思いますが、チャートの時間軸にそれぞれの為替市場の流れがあることを忘れないでトレードに臨みたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました