一時137円台 24年ぶりの円安水準

FXブログ
一時137円台 24年ぶりの円安水準
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 一時137円台 24年ぶりの円安水準

一時137円台 24年ぶりの円安水準

週明け11日午前の東京外国為替市場の円相場は一時、1ドル=137円台前半に下落した。日米の金利差が拡大するとの見方からドル買い円売りが進み、1998年9月以来、約24年ぶりの円安ドル高水準を再び更新した。日銀の黒田東彦総裁が同日、現在の大規模金融緩和を続ける姿勢を改めて示したことも円安に拍車をかけた。

きょうの東京外国為替市場で、円相場は、一時1ドル=137円10銭台まで円安が進み、24年ぶりの円安水準を更新しました。

【ニューヨーク共同】29日のニューヨーク外国為替市場の円相場は円がドルに対して大きく下落して一時1ドル=137円00銭と1998年9月以来、約24年ぶりの円安ドル高水準を付けた。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が物価高を抑えるために金融引き締めを積極的に進める方針を示し、日米の金利差拡大を意識した円売りドル買いが進んだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました