[米ドル円]CPI控え調整も

FXブログ
[米ドル円]CPI控え調整も
(米ドル円日足)

週末に行われた参議院選挙で自民党が大勝したことを受け、日銀が今後も大規模緩和政策を継続するとの見方から週明け東京市場で円売りが先行。ドル円は一気に高値137円を上抜け137円27銭まで上昇した。その後は利食い売りに押されたもののドル買いの動きが強まり欧州市場で137円75銭まで上昇。先週末の好調な米雇用統計の結果を受け、7月FOMC会合では1%の利上げの可能性を織り込み始めた。
一方、中国上海でのコロナ感染拡大による規制強化の動きを受け、世界景気減速懸念からNY株式市場が三指数ともに下落。リスクオフの円買いの動きがドル円の上値を抑えた。
今月末のFOMC会合への思惑が先行し市場はドル買いに動いているが、明日の米6月CPIを控え138円付近では調整の動きが入る可能性が高いとみる。

ドル円予想レンジ:138円00銭(BB上限)~137円10銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

【公式】ヒロセ通商(LION FX)動画チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCYhBsV902gg58u-bXPsqipA

専門家による相場解説とFX攻略法動画を多数公開中
いいね&チャンネル登録お願いします

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [米ドル円]CPI控え調整も

CPI控え調整も”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました