リモート時代 オフィスの価値とは

FXブログ
リモート時代 オフィスの価値とは
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 リモート時代 オフィスの価値とは

リモート時代 オフィスの価値とは

インタラクティブ機能搭載モデルは、リモート参加する人と出社している人が混在するハイブリッドな会議にも便利に活用できる。「電子ペンを使用して投写画面に書き込み、そのデータを直接サーバに保存できるので、議事録を書く必要がありません。リモートによる参加者も画面に書き込んだ内容がすぐにクラウドで共有されるので、情報共有をしやすいメリットがあります」と小宮氏は胸を張る。

オフィスの移転・縮小を検討する際には現在の契約条件を見直し、移転までに掛かる費用を把握した上でコストシュミレーションをすることが重要です。

一方、リモートワークやテレワークでは、マネージャーの管理が届かないとして、適正な評価ができなかったり、不安に思ったりすることもあるとされる。また、直接向かい合って仕事をする場合と比較し、顔が見えないリモートワーク、テレワークはコミュニケーションが難しいともいわれている。これらの解決策はそれぞれの企業にゆだねられているが、多様な働き方をしたいという従業員の声を拾い、実行していくことは企業にとってもメリットではないだろうか。

一方、「同僚とのコミュニケーションがとりにくい」「オンオフの切り替え方がわからない」といった課題を抱えたままの方も多いのではないでしょうか。時間と場所の制約が少なくなった分、これからの働き方についてより柔軟に考えられるようになったことで、キャリアの選択肢を広げるスキルアップに注目が集まっています。

どこに無駄が多いのかは各企業によって異なります。まずはオフィスに掛かるコストを正しく理解して、自分の会社のどこに無駄があるのか把握します。その上でコスト削減できるところはしっかりと削っていくことが大切です。

リモートワークの「先駆者」とも言える秋沢さんに、リモートワークの課題を克服するコツやスキルアップについての考え方などを語っていただきました。

サテライトオフィスとは、会社が主拠点とするオフィスとは別の場所に設置しているオフィスのことを言います。

仮にそういったオフィスビルに空室が出たとしても、これまで入りたくても入れず、グレードBに入居していた二番手企業によって空室は順次埋められていくでしょう。また、オフィスビルも一番手企業の退去に応じて、賃料を下げる可能性もあります。

テレワークを導入した企業では、従業員全員のデスクを配置する必要もなく、スペースが削減できる。さらなるオフィスの省スペース化を目指すならば、会議室スペースを削減するという方法もある。

オフィス移転の具体的な検討に入る前に知っておきたいのは、「どれくらいのコストを削減できるのか」という概算です。

オフィスのランニングコストの内、①〜④は無駄な部分があればすぐに改善に取り掛かることができます。一方、⑤のオフィス賃料についてはその他と比べると高額でもあり、きちんとした計画に基づき取り組むことが重要です。コストパフォーマンスに優れたオフィスに再構築するため、思い切って移転してレイアウトから考え直すというのも一つの方法です(図表5)。

完全にリモートワークにする企業、オフィスへの出社に戻す企業、リモートワークと出社の併用をする企業というように、企業に応じて多種多様な選択ができるようになっていますが、それに伴いオフィスの空室率は上昇していくかというと、一概に断言できません。いわゆるグレードAと呼ばれるような、人気エリアの最新オフィスビルには依然として需要があると想定できるためです。

シェアオフィスは複数の企業が1つのオフィスを共有して使う形式のオフィスです。シェアオフィスには、異なる企業同士のコミュニケーションが生まれるような仕掛けが施されている場合もあり、オープンイノベーションの促進も期待できます。また、シェアオフィスは複合機や個室、会議室、ドリンクコーナーなど多くの設備が整っている場所もあり、快適に仕事が進められます。

テレワーク時代にオフィスが果たす役割や求められる機能について述べてきたところで、経営者としてどのような点に配慮しながらオフィスを設置すべきかにフォーカスしてみよう。

ただ今は私たちはリモートでどう現状を乗り切っていくかを考えざるを得ないのです。ではテレワークが常態化すると何が起きてくるか、思いつくものをあげてみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました