FX/為替【FXライブ企画】21:00スタートライブ配信番組「リアルトレードパフォーマンスレポート2022年7月版」(7月16日更新)

FXブログ
FX/為替【FXライブ企画】21:00スタートライブ配信番組「リアルトレードパフォーマンスレポート2022年7月版」(7月16日更新)

f:id:guh202109:20220119222933j:plain

外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズでは、平日毎日21時よりYotubeを使ったライブ配信番組を開催しており、本レポートでは番組内で行ったリアルトレードの取引結果と振り返りを纏めています。

番組内でのリアルトレード結果

7月1日(金)放送 Youtube動画はコチラ

7月4日(月)放送 Youtube動画はコチラ

7月5日(火)放送 Youtube動画はコチラ

7月6日(水)放送 Youtube動画はコチラ

7月7日(木)放送 Youtube動画はコチラ

7月11日(月)放送 Youtube動画はコチラ 

7月12日(火)放送 Youtube動画はコチラ

7月13日(水)放送 Youtube動画はコチラ

7月14日(木)放送 Youtube動画はコチラ

 

 

トレード戦略統括

今週(7/11-7/14)は、米6月CPIが1981年11月以来、約40年半ぶりの高い伸びとなり、今月のFOMCでの大幅利上げ期待を背景に、ドル円は140円手前まで急騰。一方で、ユーロドルはパリティ割れとなるなど、マーケットの急変動に方向感が読めず結果を残すことが出来なかった。来週は、日銀会合、ECB理事会が控える中、今週同様、ドル円、ユーロドルを中心に動意のある展開になる可能性が高いため、結果を残せるよう心掛けたい。

今週(7/4-7/6)は、株安、天然ガス急騰でユーロ急落する中、リスク回避的な円買いとドル買いが優勢となった。円買いとドル買いのパワーバランスが読みづらい中で、ドル円は収益を残すことが出来なかったが、その他の通貨ペアはまちまちの結果となった。来週は米CPIなどの重要経済指標の発表等も控えており、ドル円はレンジをブレイクする可能性が高いため、結果を残せるよう心掛けたい。

2022年月別トラックレコード

(6月のパフォーマンスレポートはコチラ 
(5月のパフォーマンスレポートはコチラ 
(4月のパフォーマンスレポートはコチラ 
(3月のパフォーマンスレポートはコチラ 
(2月のパフォーマンスレポートはコチラ

番組内のトレード方針

■前提条件 
・番組内で発表するトレード方針は、TEAMハロンズとしての見解のため、実際の投資は自己責任でお願いします 
・トレンドが発生していない場合、トレード方針を発表しない場合もあります 
・外貨ネクストネオでは、外為どっとコム総合研究所の法人アカウントでFX取引を行います 

■トレードルール
①投資用資金は100万円スタート 
②1日最大1円動く(ATR)前提で、1回の取引数量(ユニット)は10Lot(1万通貨) 
③ポジションごとの最大損失額は2万円(ATRの2倍・2%ルール)
④ポジション最大数は5個まで
⑤新規注文は成行注文にて行います(番組進行の関係です)
⑥オーバーナイトしない(各ポジションには「時間指定成行注文[am3:00]」を設定)

Teamハロンズ
円卓で有名だった旧・上田ハーローの元ディーラー・ストラテジスト・アナリストの所属のチーム。マネ育chに「3分テクニカル分析」(動画)、週刊為替レポート「ハロンズ」、米雇用統計レポート「米国雇用統計の予想と戦略」等執筆。TwitterアカウントTEAMハロンズ(@TeamHallons)では、マーケット雑感、経済指標のヘッドラインを呟いている。平日21:00からはLIVE番組【実践リアルトレード】も担当し、テクニカル分析の解説やリアル口座を使ったトレードをお見せするなど、FX個人投資家の皆様のお取引に有効な情報を日々、配信している。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替【FXライブ企画】21:00スタートライブ配信番組「リアルトレードパフォーマンスレポート2022年7月版」(7月16日更新)

2012年にサービスを開始したFX専業業者

取り扱い会社の違いや今おすすめの銘柄まで、FXを始める準備もしっかりお手伝いいたします。せっかく始めるなら続けられる運用スタイルを目指しましょう!

FinTechの先駆者としてインターネット金融サービスに革新を巻き起こし、多様な分野を有する金融生態系を構築してきたSBIグループ。SBI FXトレードは、SBIグループ内で唯一のFX専業会社として顧客中心主義を徹底するとともに、グループ内のシナジー効果によって生まれる新たな金融サービスの未来図を描いている。

28社もの欧米主要金融機関および国内主要銀行をカウンターパーティーとすることで、高い取引流動性および利便性を兼ね備えたマーケット基盤を実現。同社のインフラにより、SBIグループのSBI証券、住信SBIネット銀行、SBI FXトレードが個人投資家に対し低コストで安心安全に取引できる環境を提供。

FXの基本ルールから実践的な手法までそもそもFXってなに?どうなれば利益や損失が生まれるの?専門用語(レバレッジ、スワップポイントやロスカットなど)の意味は?といったお話から実際にトレードするときのテクニックや応用まで短時間でしっかり説明いたします!

2012年にサービスを開始したFX専業業者。業界最狭水準のスプレッド、業界初のレート4桁表示、ディーラー目線で設計された多機能かつ操作性に優れた取引画面など、顧客第一主義・利便性の高いサービスで、多くの個人投資家から支持を集めている。また、マーケット情報や基礎知識、FXのリスクなど幅広い情報提供を通じて、金融リテラシーの向上に貢献。

LION FXではお客様の取引環境にあわせたアプリを提供しています。

マイナンバーを共通IDに金融コングロマリットのサービス一体化を図る。高齢化社会本番を迎え、音声認識や生体認証などの技術を応用した高齢者に優しい個人認証サービスの検討が始まっているが、尾崎氏はSBI FXトレードを足がかりに、SBIグループ全体にこの仕組みを広げていければ、と語った。

FXを始める前に、基本となる円高と円安について理解しておく必要があります。外国の通貨に対して、日本円の価値が相対的に高くなることを「円高」といい、価値が低くなることを「円安」といいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました