FX/為替「メキシコペソのスワップが年間3,000万円を超えたら早期リタイア」 農業経営MATANさん トップトレーダーに聞く!(後編)

FXブログ
FX/為替「メキシコペソのスワップが年間3,000万円を超えたら早期リタイア」 農業経営MATANさん トップトレーダーに聞く!(後編)

トップトレーダーに聞く!

以下の取材記事は個人の経験や考えに基づくものです。その内容について当社が保証するものではありません。実際のお取引については充分内容をご理解の上ご自身の判断にてお取り組みください。

母親の生家業を継ぎ、現在は農業を営むMATAN氏はFX歴15年のベテラン兼業トレーダーです。サラリーマン時代のボーナスはそのままFX口座に入金し、どんどんと証拠金を大きくしながら、大きな失敗を経験することなくスイングトレードで着実に運用成績を伸ばしてきました。現在は農作業の傍らラジオで聴いたファンダメンタルズ情報をもとに、メキシコペソの売買で素晴らしい成績を残しています。MATAN氏がメキシコペソを選んだ理由、毎日の詳しい時間の使い方、夫婦での資産形成の役割分担、将来の目標などについて伺いました。

ハンドルネーム :MATAN氏
年齢性別    :40代男性
職業      :自営業(農業・不動産管理業など)
FX取引歴    :15年
収支(外為どっとコムのみ):約2年6ヶ月間で2,500万円超(2020年1月~2022年6月取材申込時点)
トレードスタイル:スイングトレード
投資商品    :2012年から株式(現物)
趣味      :旅行

▼目次

1.実効レバレッジを抑えて二番底に備える
2.高金利メキシコペソのスワップポイントが取引基準
3.重要指標発表日以外は早い時間に手仕舞い
4.魅力的なメキシコペソ
5.2021年末はトルコリラで大成功
6.動きそうな通貨は常に探す
7.私が運用で妻は貯蓄の役割分担
8.スワップで年収3,000万円を超えたらリタイア

実効レバレッジを抑えて二番底に備える

編集部
編集部:
ところで、MATANさんは、前日の夜などに相場を分析されて、翌日の相場予測をたてられたりされるのでしょうか?
MATAN氏
MATAN氏:
実はそういうことしていません。ラジオで投資歴の長い相場の”プロ”の人たちの話を聞いていて思うんですが、これが相場予測が結構外れるんですよ~ホントに!(一同爆笑)。
編集部
編集部:
相場予想は難しいですよね。
MATAN氏
MATAN氏:
そもそもFX取引を実践するのは自分のお金ですしね。他人の話を聞いて、それに従って失敗するのも悔しいなと。だから、注文を出す直前の相場を見て、全て自分で判断して発注しています。
編集部
編集部:
MATANさんの取引は「利食いがかなり多くて損切りが相当少ない」ので、ちょっと驚いているんですが、どうやればそういった取引が実現できるのですか?
MATAN氏
MATAN氏:
う〜ん、まあ、一言でいうとズドンって下がったときに買うからですかね。昔と違って投資環境は「AIやロボットで売買する」とか、最近は格差社会とよく言われますが「大きな資金を持った人が恣意的に相場を揺さぶる」とか、そういうケースがかなり増えていると思うんです。
編集部
編集部:
そう言われていますね。
MATAN氏
MATAN氏:
株式で言ったら、日経平均株価が1日に1,500円くらい下がるようなことも増えましたでしょ。大きく相場が変動することが昔よりも増えたように思うので、アプリのアラーム機能を使って、相場が大きく下がったときに買うようにしているのと、相場が下がったときに二番底があるかどうかも確認、この時にはテクニカル手法比率も高めます。ここからもっと下がるのか、それともかなり下げたんで、割安感から買いが入って「V字」で戻ってくるのかを判断して、戻ってきそうだと思ったら、すぐに買います。農作業をしているときでも(笑)。
編集部
編集部:
すぐに決断するわけですね?
MATAN氏
MATAN氏:
ただし、失敗しても大きな痛手にならないように、実効レバレッジは5倍程度にしておきます。 だから、資金目一杯まで売買することはありません。
編集部
編集部:
リスクを取り過ぎないようにするんですね。

高金利メキシコペソのスワップポイントが取引基準

MATAN氏
MATAN氏:
今、主に売買しているのはメキシコペソ/円です。私の現在の資金でずっと持ち続けられるのが、最大で5万ロット(5,000万通貨)くらいなんですね。メキシコペソ/円を5万ロット持っていると毎日約60,000円が入ってくる計算になります。
編集部
編集部:
スワップポイント(金利差調整分)が毎日受け取れるとのことですね?
MATAN氏
MATAN氏:
はい。だから60,000円以上の利益が見込めたときは、その日の利益が5万円や10万円程度で、少ないなと思っても、もう手仕舞い(決済)しちゃうんですね。
編集部
編集部:
30万円の資金がどんどん増えるにつれて、そのようなスタイルになったのではないですよね?
MATAN氏
MATAN氏:
運用資金が30万円だったFX初心者のときと、約5,000万円になった現在と、基本的な取引スタイルは本当に変わっていないんです。もし変わったところがあるとすれば、始めたころは50万円の資金を100万円にするために、勤労所得を口座に入れて資金を増やしていましたが、ある程度の資金になってからは、運用益が増えた結果、給料やボーナスには手を付けずに、運用益だけで資金が増やせるようになったことですね。

重要指標発表日以外は早い時間に手仕舞い

編集部
編集部:
ところで、1日のFX取引時間はどの程度なのか、教えてください。
MATAN氏
MATAN氏:
朝10時前後の実需の売買で相場が活発に動くので、まず日本時間の朝9時〜10時ですね。その次が、欧州エリアの取引開始時間帯。最近はロシアの動きを睨んだ16時~17時の時間帯。ヨーロッパの時間帯はあまり見ず、重要なのはやはりニューヨーク市場です。具体的には21時過ぎくらいからですね。加えて重要指標が出るときは、頑張って遅くまで起きているようにしています。FOMCがある日なんかは、結構つらいですが(笑)、まあLIVE感があるので、見るようにしていますね。
編集部
編集部:
ということは、結構早い時間帯で、普段は取引終了されているのですね?
MATAN氏
MATAN氏:
そうですね。動きのないときなどは早めに手仕舞いですね。
編集部
編集部:
非常に健康的な取引スタイルですね!
MATAN氏
MATAN氏:
相場が好きで張り付いている人いますよね。それはそれでいいと思うんですが、私は仕事が手につかなくなっちゃうんですよ。
編集部
編集部:
人によっては日常化してしまって「相場に張り付いていないとダメだ!」ってなる方もいらっしゃるようです。
MATAN氏
MATAN氏:
常に利益が得られるわけではないですから。本当は上手に「儲かる」ところだけをピックアップできるといいんですよね。だから、うまくいっていないときは、一度休むくらいがいいと思います。相場は土日がお休みなのもいいですよね。
編集部
編集部:
そうですね。ちなみに土日の使い方はどうですか?
MATAN氏
MATAN氏:
土曜日の朝は、前日のニューヨーク市場の結果を確認するようにしていますが、それ以外はまったく相場情報は見ていないです。
編集部
編集部:
週末はしっかり気分転換に使われているんですね?
MATAN氏
MATAN氏:
そうですね。それと金曜日にポジションを整理して、意識的にできるだけポジションは持ち越さないようにしています。
編集部
編集部:
素晴らしいですね。土日に市場で何かが起きると、月曜日の朝、リスクを抱えたまま相場が始まることになりますからね。
MATAN氏
MATAN氏:
このところ月曜の相場は上昇する傾向にありますが、自分が休めないのでね。

魅力的なメキシコペソ

編集部
編集部:
通貨ペアは、現在メキシコペソがメインということですが、ドル/円でスタートして、メキシコペソ/円に行き着いた理由等はあるのでしょうか?
MATAN氏
MATAN氏:
メキシコペソの場合は、トルコリラやブラジルレアルのように、中央銀行の総裁やその国のリーダーが”やらかさない”ってことですかね(笑)。紳士的で健全な財政運営をしているように見えるので「急落することはない」という印象を持っています。それとドル/円と同調するような動き方をするので分かりやすい。そして金利がやっぱり高い。現在のレートは1メキシコペソ=6.5円ですが(6月上旬の取材時点)、昨秋にオミクロン株の影響で下がったとしても、5円台をキープしました。何十円も振れない通貨というだけで安心感があります。それにメキシコペソ/円の場合は、証拠金低く取引ができるので、総合的にみて市場退場するリスクが低かったからですかね。
編集部
編集部:
なるほど。
MATAN氏
MATAN氏:
産出量は少ないですが、原油が出ますよね。だから今の原油高に同調して高くなる可能性もあるなと思いましたね。
編集部
編集部:
FX専門家の方々の多くが、メキシコペソのスワップポイントはまだ上がると見ていますよね?
MATAN氏
MATAN氏:
もう少し政策金利は上がってきそうですね。

2021年末はトルコリラで大成功

MATAN氏
MATAN氏:
実は昨年末はトルコリラ(※2)で大きな利益を獲得したんです。
編集部
編集部:
えっ!あの突然の大相場でですか?
MATAN氏
MATAN氏:
昨年10月くらいからエルドアン大統領が「迷走」して、上げるべき金利を下げましたよね。リラがかなり安くなってきました。
編集部
編集部:
確か、年末にドカンと下落しましたね?
MATAN氏
MATAN氏:
そうそう、そこでエルドアン大統領が急にハト派的に振れたというか、一旦普通の政策行動に転換しましたでしょ。
編集部
編集部:
そうしたら、その直後にグッと相場が戻しましたね。
MATAN氏
MATAN氏:
私は「これは来そうだな」と思っていたんで、「買い」を入れていたんです。そうしたら翌日に相場が戻って、そこで利益が取れたんですよ。
編集部
編集部:
うわー、あの”V字”で利益追求できたんですか?それはすごいです!
MATAN氏
MATAN氏:
ありがとうございます。あれは、すごく良かったです。

(※2)2021年「トルコリラ/円」相場の推移
2021年「トルコリラ/円」相場の推移
2021年トルコリラは対円で約37%、対ドルで約43%下落した。下落率は一時、対円で約56%、対ドルで約59%に達するなど、トルコリラの価値が前年末の半分以下になる場面もあったが、年末にかけて急速に値を戻した。

動きそうな通貨は常に探す

編集部
編集部:
MATANさんは意外といろいろな通貨で売買されるんですね?
MATAN氏
MATAN氏:
そうですね。自分の”嗅覚”を頼りに「どの通貨なら利益が出そうかな」というのを、常に見るようにしています。トルコリラについて言えば、エルドアン大統領の迷走とも言える政治行動から、トルコの外貨準備高がかなり低くなってしまっていたことに注目していて「トルコリラが世界中からそっぽを向かれるようなことはもうできないだろう」と思っていました。「きっと『襟元を正す』だろう」という読みがちょうど当たったという感じですかね。
編集部
編集部:
あのタイミングでは売っている人がほとんどでしたが、逆に跳ねたので、そこで利益獲得されているのは本当にすごいです。
MATAN氏
MATAN氏:
1トルコリラ=12円が7円になったんですよね。もう少し前から見れば18円でしたからね。
編集部
編集部:
ただ、複数通貨を同時並行で持たれることはないようですね?これは意識的に持たないようにしているということでしょうか?
MATAN氏
MATAN氏:
そうですね。それと今、メキシコペソの他に魅力を感じる通貨がないんですよね。だから、昨年末はトルコリラとメキシコペソでやっていましたが、今はメキシコペソだけですね。
編集部
編集部:
ドル/円は取引されないんでしょうか?
MATAN氏
MATAN氏:
私はドル/円は怖いですね。政権交代してトランプ大統領になることが確定した際に、110円が瞬間95円くらいになったこと覚えていますか?10円以上の乱高下がものの数分で起きたんです。強制ロスカットされてしまう可能性を考えると特に円安が進んだ現在は特に食指が動かないです。それと証拠金がたくさん必要なんですよね。1ポジションでの利益が少ないというか、それと政策金利が高ければいいんですが、まだアメリカはそれほどでもないですよね。

私が運用で妻は貯蓄の役割分担

編集部
編集部:
MATANさんはFX取引の運用成績などについて話をするような仲間はいますでしょうか?
MATAN氏
MATAN氏:
結論から言えば投資仲間はいません。私が住んでいるのはすごく田舎でしょ。資産運用して利益を得ていることが、なんだか悪いことをしているみたいな雰囲気がやはり今でもあるんですね。
編集部
編集部:
そうなのですね。
MATAN氏
MATAN氏:
まだまだ田舎では、汗水垂らして労働で稼いだお金だけが「正しい収入」と考える人が結構いて、投資の利益を”アブク銭”みたいに思う人がほとんど(笑)。だから投資話ができるのは本当にわずかしかいません。
編集部
編集部:
ご家族にも内緒なのでしょうか?
MATAN氏
MATAN氏:
いやいや、妻は応援してくれていますよ。稼いだ金額を10割と表現すると、まず2割は税金になりますよね。6割をそのまま御社の口座に残して、残りの2割は妻と消費に使っています。幸い利益が出ているので、今のところは理解してもらえています(笑)。
編集部
編集部:
奥様には運用成績はご報告されているということですね?
MATAN氏
MATAN氏:
はい。結構、全部を見せていますね。
編集部
編集部:
奥様の反応はいかがなのでしょうか?
MATAN氏
MATAN氏:
最初は「スゴイ!」って言ってくれていたんですが、もう慣れてしまったみたいで(笑)。
編集部
編集部:
「もっと頑張ってね」みたいな反応なのですか?
MATAN氏
MATAN氏:
「今月はいくらだったの?」みたいな!?(一同大爆笑)。
編集部
編集部:
奥様は「私もやってみたい」みたいなことは言われないのでしょうか?
MATAN氏
MATAN氏:
妻は保険代理店をやっているんですが、いまや生命保険も掛け捨てだけじゃなく、株式や外債を外貨で運用するようなタイプも出ていますよね。そういうことで妻も知見があるものだから「ちょっとやってみようかな」くらいまでは話がいったんですが、世帯としての収入の取り方の問題と貯蓄というところから、妻には資産運用というよりも貯蓄をお願いしようという話になりました。
編集部
編集部:
素晴らしい役割分担ですね。
MATAN氏
MATAN氏:
ただ・・。どれくらいの貯蓄があるのかは・・・教えてもらえていないです(爆笑)。

スワップで年収3,000万円を超えたらリタイア

編集部
編集部:
最後の質問です。今後の目標を教えてください。
MATAN氏
MATAN氏:
10万ロット(1億通貨)をメキシコペソ/円で持てば、毎日スワップポイントが現在であれば約12万円程度が入ってきますよね。そうすると年収3,000万円になる計算なんです。もしそれが実現できたら、夫婦で「FIRE(早期リタイアメント)してもいいかな」って思っています。外為どっとコムさんの口座に1億円があれば、メキシコペソ/円で10万ロットが持てますよね。それを目標に頑張るってことですかね!
編集部
編集部:
ありがとうございます!今のMATANさんの運用成績なら、そう遠くない将来に実現できそうですね。今日はお忙しい中、本当にありがとうございました。

マネ育PickUp編集部より

毎日、大自然に囲まれた田舎で農作業やスローライフを送りながら、その一方で、インターネットを利用して、スキャルパーなどがスピード感あふれる取引でシノギを削るFX市場に参加し、素晴らしい運用成績を残されてきたMATAN氏のお話を伺い、これからの時代に相応しい新しい兼業トレーダー像を見つけた気がしました。MATAN氏が、広大な水田の間の畦道で「ラジオNIKKEI」を聴きながら、携帯スマホでポジションをエントリーする姿が目に浮かびました。トレードスタイルはロングポジションの多いスイングトレードで、しかもレバレッジを低めに抑えた安全なやり方だったのは、日々の暮らしと無関係ではないように思えたのは私たちだけでしょうか。

【前編】

【トップトレーダーに聞く!インタビュー記事まとめ】

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替「メキシコペソのスワップが年間3,000万円を超えたら早期リタイア」 農業経営MATANさん トップトレーダーに聞く!(後編)

それがFX投資におけるスワップポイント獲得だ

下記は各FX会社のメキシコペソのスワップポイント推移です。

FX会社のホームページを見るとそれぞれの通貨で毎日いくらスワップ金利が受け取れるのかを確認することができる。なお高金利通貨の取引に際しては取引するためのFX会社選びも重要だ。FX会社には取引する上でスプレッドが設定されている。このスプレッドが広いほど、証券会社が得る手数料が多くなる。 例えばある通貨を購入するときに、100円ASK(買値)と99.9円BID(売値)というように2つの価格が設定されている。買うときには100円、売り時には99.9円を意味しているが、このスプレッド(差)が証券会社の手数料となり、証券会社ごとに異なっている。 基本的にはスプレッドは狭いほど手数量が安いということを意味するが、変動が生じることもあるので、よく調べた上で証券会社選びは慎重に行おう。

メキシコペソは、トルコリラや南アフリカランドと並び、FXで人気の三大高金利通貨のひとつ。

FXで高金利通貨として人気がある、トルコリラや南アフリカランドに比べて、メキシコペソの国家破綻(デフォルト)リスクは格段に低いです。

高スワップな事で有名で、スワップ金利狙いの長期運用には、FXプライム byGMOがオススメです!

母親の生家業を継ぎ、現在は農業を営むMATAN氏はFX歴15年のベテラン兼業トレーダーです。サラリーマン時代のボーナスはそのままFX口座に入金し、どんどんと証拠金を大きくしながら、大きな失敗を経験することなくスイングトレードで着実に運用成績を伸ばしてきました。現在は農作業の傍らラジオで聴いたファンダメンタルズ情報をもとに、メキシコペソの売買で素晴らしい成績を残しています。MATAN氏がメキシコペソを選んだ理由、毎日の詳しい時間の使い方、夫婦での資産形成の役割分担、将来の目標などについて伺いました。

金利獲得には昔ながらの外貨投資をするという方法もあるが、手数料が非常に高かったり、簡単に解約ができなかったりと、なにかと不便なことが多い。その一方で、手軽に金利を得る方法も存在する。 それがFX投資におけるスワップポイント獲得だ。スワップポイントを得る行為はFXの取引形態の一種で、金利の高い通貨を購入すると同時に金利の低い通貨を売るという行為を行う。これにより「高い金利—低い金利分の金利(スワップポイント)」が受け取れることになるのだ。さきほどのランキングで言えばトルコリラ買いの日本円売りをすることで8%ー0.1%=7.9%の金利を受け取ることが可能だと言える。 このスワップポイントの利点は毎日受け取れるというところにある。少ない資金でも投資をすることも可能なので、売買を繰り返して儲けを得るのが苦手という投資家でも、スワップ金利を得ることを目的に投資を行う人はいるようだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました