パスタ専門店コパン経営 自己破産

FXブログ
パスタ専門店コパン経営 自己破産
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 パスタ専門店コパン経営 自己破産

パスタ専門店コパン経営 自己破産

(株)ダックス(TDB企業コード:100549001、資本金1000万円、宮城県仙台市泉区北中山2-33-1、代表遊佐宜晋氏ほか1名、従業員35名)は、7月18日に事業を停止し、19日に仙台地裁へ自己破産を申請、同日破産手続き開始決定を受けた。

パスタ料理店「生パスタ専門店コパン」などを東北や関東で展開する飲食店経営のダックス(仙台市泉区)が19日、仙台地裁に自己破産を申請し、破産開始決定を受けた。事業は18日に停止した。帝国データバンクによると、負債額は約7億円とみられる。 ダックスは1992年設立。「生パスタ専門店コパン」のほか、「クイックパスタコパン」「コパン真の生麺パスタ」などを宮城県中心に東北や関東で約20店展開。牛タン専門店やしゃぶしゃぶ店も数店運営していた。 デュラム小麦を使った生麺で本格的な味を実現し、10~30代女性をメインターゲットに高い知名度を誇った。ショッピングセンターを中心に出店し、2009年1月期は売上高15億円を計上した。 一方、急激な多店舗展開に管理態勢が伴わず、不採算店舗が相次いだ。返済猶予措置を受けながら経営再建を図ってきたが、新型コロナウイルスの感染拡大で営業自粛を余儀なくされ、21年7月期の売上高は6億5000万円に減少。債務超過に陥り、新型コロナ関連融資を活用して業績改善を図ったが、資金繰りが限界に達した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました