FX/為替予想「市場は南ア中銀の0.50%利上げを織り込む! ただし、スタグフレーション懸念の中では素直に喜べない」注目の高金利通貨 南アフリカランド/円 7月20日号

FX/為替予想「市場は南ア中銀の0.50%利上げを織り込む! ただし、スタグフレーション懸念の中では素直に喜べない」注目の高金利通貨 南アフリカランド/円 7月20日号

f:id:gaitamesk:20190821093810p:plain

執筆:外為どっとコム総合研究所 神田 卓也

南アフリカランド/円(4時間足)

ZAR/JPY 4時間足
※レポート内の為替レート・チャートは外為どっとコム「外貨ネクストネオ」を参照

直近1週間のポイント

・経済不安によるランド安一服
・円安がランドの支え
・ドル高がランドの重し

足元の南アフリカランド/円は下値もみ合いの展開

足元のランド/円相場は8.0~8.1円台でもみ合っています。
電力不足などを巡る南ア経済への懸念によるランド安は一服しつつありますが、5月以来の安値圏から大きく持ち直すことはできないまま方向感を欠く値動きが続いています。
円が多くの通貨に対して下落する中で18日には1ランド=8.135円前後まで上昇する場面もありましたが、その後は対ドルでのランド安が重しとなり8.037円前後に押し戻されるなど、一進一退の動きとなっています。

注目ポイントは政策金利

21日に南アフリカ中銀が政策金利を発表します。
市場は4.75%から5.25%への50bp利上げを見込んでいるようです。
前日20日に発表される6月消費者物価指数(CPI)が予想外に下振れしない限り50bpの追加利上げは確実と見られます(前回:前年比+6.5%)。
主要先進国の政策金利を大幅に上回ることで金利面でのランドの優位性は維持される公算です。
ただ、南ア経済の脆弱性を踏まえると、景気後退と物価高が共存するスタグフレーションへの懸念は拭えません。
利上げがランド高につながりにくい地合いと言えるかもしれません。
中銀声明で示される物価見通しや成長率見通しにも注目しておきましょう。

来週までのメキシコペソ/円の見通し

予想レンジ
7.875~8.200円
基調
波乱含み

来週までの注目ポイント

・7/20 南ア6月消費者物価指数
☆7/21 南ア中銀政策金利
・主要国株価、国際商品価格

「為替チャート|南アフリカランド/円(ZARJPY)|60分足」はこちら
「高機能チャート(テクニカル分析|南アフリカランド/円(ZARJPY)|60分足」はこちら 

f:id:gaitamesk:20191106165135p:plain

株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 上席研究員
神田 卓也(かんだ・たくや)
1991年9月、4年半の証券会社勤務を経て株式会社メイタン・トラディションに入社。 為替(ドル/円スポットデスク)を皮切りに、資金(デポジット)、金利デリバティブ等、各種金融商品の国際取引仲介業務を担当。 その後、2009年7月に外為どっとコム総合研究所の創業に参画し、為替相場・市場の調査に携わる。2011年12月より現職。 現在、個人FX投資家に向けた為替情報の配信を主業務とする傍ら、相場動向などについて、WEB・新聞・雑誌・テレビ等にコメントを発信。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替予想「市場は南ア中銀の0.50%利上げを織り込む! ただし、スタグフレーション懸念の中では素直に喜べない」注目の高金利通貨 南アフリカランド/円 7月20日号

FX 為替予想 市場は南ア中銀の050利上げを織り込む

南アフリカランドは政策金利の高さが魅力で、トルコリラやメキシコペソと並び、国内の多くの個人投資家に取引されている通貨です。SARB(南アフリカ準備銀行)が決定する政策金利はコロナショックを受けた利下げにより3.50%(2021年7月現在)となっています。一時の水準よりは低下していますが、南アフリカランド/円を保有することで得られるスワップポイント(金利差)は他の通貨と比較して依然高くなっています。SARB(南アフリカ準備銀行)は直近の政策声明にて金利の次の動きは引き上げであるとの姿勢を示しています。インフレ加速に対する警戒感が高まっている局面であることから、今後の利上げも十分に考えられます。また、南アランド相場は南アフリカが資源国であることから金価格と相関性が見られるといった特徴があります。金相場が上昇する場面では南アフリカランドも上昇する傾向があります。もう一つの魅力は南アフリカランドの価格の低さです。足元の南アランド/円相場は6.5円~8.0円付近で推移しており、他の高金利通貨と比べても少ない資金で取引ができます。みんなのFXでは1,000通貨から取引が可能で、約300円(7.5円換算)の証拠金を預けることで取引を始められます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました