欧州中銀が11年ぶり利上げ 0.5%

FXブログ
欧州中銀が11年ぶり利上げ 0.5%
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 欧州中銀が11年ぶり利上げ 0.5%

欧州中銀が11年ぶり利上げ 05

【フランクフルト時事】欧州中央銀行(ECB)は21日、金融政策を議論する定例理事会を開き、政策金利を0.5%引き上げることを決めた。

【ロンドン時事】欧州中央銀行(ECB)は21日、金融政策を決める定例理事会を開く。記録的な物価高騰に歯止めをかけるため、11年ぶりの利上げを決める見込みだ。米国や英国などの主要中銀に追随し、金融引き締めに転じる。利上げ幅は0.25%が有力。一部では0.5%の大幅な引き上げ観測も浮上している。 日銀は同日の金融政策決定会合で、大規模な金融緩和策を維持する公算。外国為替市場で円安・ドル高が加速する中、日欧の金利差が広がることで、円は対ユーロでも下落圧力が強まる。 6月のユーロ圏消費者物価指数の上昇率は前年同月比8.6%と、統計を開始した1997年以降で過去最大を記録。新型コロナウイルス禍で落ち込んだ景気の回復に加え、ロシアのウクライナ侵攻に伴うエネルギー、食料の価格高騰を背景に、ECBが目標とする2%を大きく上回った。 ECBは今会合で政策金利を0.25%上げ、金融機関がECBに資金を預ける際に適用する中銀預入金利を現行のマイナス0.5%からマイナス0.25%に引き上げると予告済み。ただ欧米メディアは19日、根強いインフレ圧力を考慮し、0.5%の大幅利上げも検討されると相次ぎ報じた。 ラガルド総裁は7月以降も緩やかな利上げを続ける意向を明言しており、利上げペースが今後の焦点となる。物価高を受けて景気後退が懸念されている。急速な引き締めは経済活動を一段と落ち込ませる可能性が高く、ECBは政策運営の難しいかじ取りを迫られる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました