「流しそうめん」いつ始まった?

FXブログ
「流しそうめん」いつ始まった?
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 「流しそうめん」いつ始まった?

夏の風物詩「流しそうめん」

テーブルの周りを流れる人工的水流で食べるのは「そうめん流し」と言い、竹樋を使った自然水流で食べるのを「流しそうめん」と言います。「そうめん流し」はテーブル流し、「流しそうめん」は竹流しですね。「そうめん流し」の発祥は鹿児島県指宿市の唐船峡です。唐船峡の清水は1日10万トンも湧出するため、昭和37年に観光アピールとしてそうめん流しが始まりました。

空になった牛乳パックを希望の長さまでつなげて、そうめんの通路にすることができます。お子さんがいらっしゃるご家庭では、お子さんと一緒に作るのもおすすめです。様々な種類の薬味を準備して流しそうめんを楽しんではいかがでしょうか。

待望の「流しそうめん」子どもたちは大喜びです。

いつでもどこでも流しそうめんが楽しめる、ポケットサイズの流しそうめん機「流しそうめんPocket」公式サイトです。

流しそうめん発祥の地は宮崎県の高千穂町で、昭和30年生まれの意外と新しい食べ方です。暑い夏の野良仕事の際に野外でそうめんを茹で、竹と高千穂峡の冷水を利用して涼を得た光景から、思いついたと言われています。

夏の風物詩「流しそうめん」。そもそも、人はいつからそうめんを流し始めたのか、その歴史をひもときました。

一方の「そうめん流し」は、テーブルの周りを流れる水流で食べるタイプ。「流しそうめん」が高低差を利用するのに対し、こちらは人工的に流れを作ります。発祥は、昭和37年、鹿児島県指宿市の唐船峡。1日10万トンも湧出する唐船峡の清水をアピールするためだそうです。

タカラトミーアーツのカタログの中に、「流しそうめんPocket」というのを見つけました。

「流しそうめん」と「そうめん流し」。言葉の前後を変えたものですが、これの意味はかなり違います。「流しそうめん」というのは、竹樋を作り、冷水を流します。その冷水とともにそうめんが流れてくる、そして箸ですくい食べる。あー、よくぞ日本に生まれけり!なんとも言えない清涼感があります。夏の風物詩でお馴染みの、観光地なら必ずある定番イベントです。流しそうめんの始まりは、昭和30年、宮崎県高千穂と言われています。

夏の風物詩「流しそうめん」。考えただけで涼しげな気分になりますね。流しそうめんは竹を縦半分に割ったものを利用して水とそうめんを一緒に流し、流れてきたそうめんをお箸ですくいながら食べます。競い合い、お口に頬張りながら食べる流しそうめんはお腹も心も満たしてくれます。そんな流しそうめんを行う際に必要なものと言えば竹です。今では竹に似せて作られたプラスチック製のプラ竹も販売されています。とても軽く持ち運びにも便利ですが、本格的な流しそうめんを楽しみたいという方は、やっぱり本物の竹を使用するに限ります。準備にひと苦労あると思いますが、それも楽しみの一つです。お子様たちとワイワイ賑やかに流しそうめんパーティーはいかがですか?

流しそうめんで使用する樋は竹が基本ですが、竹をとってくるのは簡単ではありません。そんな時に自宅で流しそうめんを楽しみたいという方は、牛乳パックやペットボトルでも作ることが可能です。

一方、「そうめん流し」は、「流しそうめん」ほどのギミックはありません。どことなく地味です。しかし、その分、生活に密着したスタイルが要求されます。「流しそうめん」のようにハイになり、立って食べる様なことはないのですから。こんな時は、調理器具で名を馳せている「パール金属」のようなメーカーが適任です。特にそうめん流しは「水」を扱いますので、きちんとした品質が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました