ドル・円は底堅い値動きか、米減速懸念もFOMCに思惑

FXブログ
ドル・円は底堅い値動きか、米減速懸念もFOMCに思惑

f:id:okinawa-support:20190820183959j:plain

 

欧米市場オープニングコメント

「ドル・円は底堅い値動きか、米減速懸念もFOMCに思惑」
 25日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。米リセッション懸念は根強く、ドルは買いづらい展開。一方、明日から開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)に向け、ドルは0.75%利上げを期待した買いが相場を支えそうだ。
 前週末の取引で米10年債利回りの低下を受けドル売りが進み、ユーロ・ドルは1.0250ドル台に浮上、ドル・円は135円50銭台に沈んだ。この日発表された欧米のPMIが予想外に低調な内容となり、リスク回避的な円買いが強まった。週明けアジア市場は日経平均株価や上海総合指数などアジアの主要指数が下げ、リスク回避的な円買いは継続。ただ、日本銀行と米連邦準備制度理事会(FRB)の政策の違いから、ドル・円は底堅さが目立つ。
 この後の海外市場は米金融政策に思惑が広がりやすい。26-27日開催のFOMCに向け、市場は0.75ポイントの利上げを織り込んでいる。ただ、前週発表された米経済指標でフィラデルフィア連銀製造業景気指数やサービス業PMIが予想外に低調な内容となり、景気減速への懸念は根強い。インフレとリセッションが同時進行するスタグフレーション入りも不安視され、ドル売り継続の可能性があろう。半面、利上げ期待で金利高・ドル高もあり得る。

通貨別分析

 

重要事項(ディスクレーマー)

■株式会社フィスコ(以下「フィスコ」という)は株価情報および指数情報の利用について東京証券取引所・大阪取引所・日本経済新聞社の承諾のもと提供しています。
■”JASDAQ INDEX” の指数値及び商標は、株式会社東京証券取引所の知的財産であり一切の権利は同社に帰属します。
■掲載される情報はフィスコが信頼できると判断した情報源をもとにフィスコが作成・表示したものですが、その内容および情報の正確性、完全性、適時性について、フィスコは保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
■本資料に記載された内容は、資料作成時点において作成されたものであり、予告無く変更する場合があります。
■本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権はフィスコに帰属し、事前にフィスコへの書面による承諾を得ることなく本資料およびその複製物に修正・加工することは堅く禁じられています。また、本資料およびその複製物を送信、複製および配布・譲渡することは堅く禁じられています。
■フィスコが提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
■本資料に掲載される株式、投資信託、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
■本資料は、本資料により投資された資金がその価値を維持または増大することを保証するものではなく、本資料に基づいて投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、フィスコは、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
■フィスコおよび関連会社とその取締役、役員、従業員は、本資料に掲載されている金融商品について保有している場合があります。
■投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください。

株式会社フィスコ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル・円は底堅い値動きか、米減速懸念もFOMCに思惑

先週のドル/円相場はドルが弱含み

ドル円は10月29日深夜に114.09円へ上昇、取引終了時も114.00円を維持して週を終えた。

先週のドル/円相場はドルが弱含み。週末にかけ下げ幅を拡大させると、8日以来およそ2週間ぶりの135円台を示現する局面も観測されていた。

米金利が一段と低下した動きからドル円は135円台半ばまでドル安が進行した後に、やや戻しての引けとなりました。

欧米市場に入ると豪ドル/円は反発。 欧州時間に下落した反動やショートカバーと見られる買いが優勢となり底堅い動きとなりました。また、金価格が史上最高値を更新したことや、NY原油先物がプラス圏での動きとなるなど、商品価格が上昇したことも資源産出国通貨である豪ドルサポートとして寄与したもよう。2日、国際通貨基金(IMF)は保有金200トンをインド準備銀行(中央銀行)に売却したと発表。同発表を受けNY金が急伸し、終値ベースでは約2週間ぶりに史上最高値を更新する動きとなりました。商品価格の上昇などを受け、豪ドル/円は80.20-25レベルで底を打つと反発に転じ、NY市場終盤にかけては81円台後半にまで戻す動きとなりました。

ドル円は7月22日夜の急落で135.56円の安値を付け、23日早朝にかけても136円を挟んだ揉み合いにとどまり週を終えた。

豪ドル/円は目先サポートとして機能していた一目均衡表の基準線を下抜き、一時下げ幅を加速するも、引け値ベースでは再び基準線を回復する動きとなっています。上値では一目均衡表の転換線が上値を阻んでおり、まずはこの転換線をしっかりと上抜けられるかが焦点となりそうです。下値では基準線が直近のサポートとして寄与しているものの、同線をを下回った場合、もう一段の豪ドルの調整売りに注意を払いたい場面です。豪ドル/円の価格は一目均衡表の雲が位置するレベルから未だ乖離する動きとなっており、今後この乖離を埋めに行くもう一段の調整的な豪ドル反落リスクに注意を払いたいところです。本日、一目均衡表の雲の上限は78.15-20レベルに位置しています。

東京市場では豪ドルが対円で一時大きく売り込まれる動きとなりました。RBA(豪中銀)は政策金利を0.25%引上げ3.50%とする事を決定しました。市場では一部、0.5%の利上げ予想もありましたが、RBA政策金利発表で0.25%の利上げに留まるようだと、織り込み済みで豪ドル売りに繋がりかねないとの懸念が出ていました。RBAが結果を発表した東京時間12:30前後では豪ドル/円は乱高下、RBAの利上げ幅を失望した動きから豪ドルは対円で一時大きく売り込まれ、82円台を割り込み、81円台なかばレベルまで急落。その後じりじりと値を下げ、一時80.20-25レベルにまで下げる動きとなりました。

「ドル・円は底堅い値動きか、米減速懸念もFOMCに思惑」 25日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。米リセッション懸念は根強く、ドルは買いづらい展開。一方、明日から開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)に向け、ドルは0.75%利上げを期待した買いが相場を支えそうだ。 前週末の取引で米10年債利回りの低下を受けドル売りが進み、ユーロ・ドルは1.0250ドル台に浮上、ドル・円は135円50銭台に沈んだ。この日発表された欧米のPMIが予想外に低調な内容となり、リスク回避的な円買いが強まった。週明けアジア市場は日経平均株価や上海総合指数などアジアの主要指数が下げ、リスク回避的な円買いは継続。ただ、日本銀行と米連邦準備制度理事会(FRB)の政策の違いから、ドル・円は底堅さが目立つ。 この後の海外市場は米金融政策に思惑が広がりやすい。26-27日開催のFOMCに向け、市場は0.75ポイントの利上げを織り込んでいる。ただ、前週発表された米経済指標でフィラデルフィア連銀製造業景気指数やサービス業PMIが予想外に低調な内容となり、景気減速への懸念は根強い。インフレとリセッションが同時進行するスタグフレーション入りも不安視され、ドル売り継続の可能性があろう。半面、利上げ期待で金利高・ドル高もあり得る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました