2022/7/24(日) 今週の見立て

FXブログ
2022/7/24(日) 今週の見立て
今週の見立てです。F1やってる週末はもはやおきまりみたいになってしまいましたが、昨夜も夜中に最後まで見てしまい、今朝4時に起きて泣きながらやりました笑 まずは今週主に見ていく通貨を上げておこうと思います。

■先週通しての通貨強弱
先週を通しての通貨強弱は、うちのブローカーだとこんな感じ。米ドルが一方的に弱く、対して強い方は、豪ドル、日本円あたり。ということで、このあたりから見ていきました。

AUD=JPY>NZD=CHF=EUR=GBP=CAD>>USD

これらのうち比較的目線方向がそろっていたのはオージークロスでしたが、難しいのは
・EURAUD/GBPAUDは目線方向下(オージー高)
・その他の通貨(AUDUSD, AUDCAD, AUDCHFなど)は典型的な戻り売りの場面で目線下(オージー安)

で、目線方向が分かれてしまっている、ということ。クロス円は短期的には下げそうですが、まだ買いも死んでないので、日足一波を狙える状況ではなさそう。米ドルは、先週は各通貨戻しの動きでしたが、ここから反転下落に転じても、レジを抜いて上昇してもよさそうな通貨が多い。

■今週主に見ていくクロス・通貨
ということで、今週は同期としてはやや難しいのですが、場面の良さを優先してオージークロスを中心に見ていこうと思います。主に見る通貨は、オージー安方向では典型的な戻り売りの場面のAUDUSDショート、オージー高方向ではEURAUD。 AURUSDは、ドルストレートの流れによっては裏切られてそのまま上げる動きもある程度見ておく必要がありそうです。逆にAUDUSDがしっかり下げる場合には、EURAUDはオージー安方向に引っ張られる可能性があるなと注意しておく感じでしょうか。

このほか、クロス円は1時間レベルの短期でショートの検討できそうな通貨がないか見ておこうと思います。

AUDUSD
ショート。週足日足ダウントレンド更新後にレジまで戻してきている典型的な戻り売りのセットアップ。懸念はドルストレートの同期で戻し継続。この場合はレジを破って上げそう。
2022_07_24_AUDUSD01_

EURAUD
ショート。このチャートは月足からストーリーをつなげると週足日足ともエッジは下。懸念はAUDUSD, AUDCAD, AUDCHFあたりの他のオージークロスと目線が逆のオージー高方向。
2022_07_24_EURAUD06_

このほか、クロス円は1時間レベルで小さなトレードができる通貨がないか、ときどき眺めておこうと思います。トレードの実現確率を考えると、本来はこの手のプランはチャートを切るまでもないですが、忙しい時に限ってチャートを切ってしまったので一枚挙げておきます。笑 ユーロ円。短期に降りるほど、チャート読みの量が増えますね。
2022_07_24_EURJPY06_

■指標等
今週は大きなところでは水曜日深夜にFOMC政策金利とその後のパウエル議長会見。

7/25(月)
めだったものなし

7/26(火)
米国 米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目
08:50 日本 日銀・金融政策決定会合議事要旨
23:00 米国 6月新築住宅販売件数

7/27(水)
10:30 オーストラリア 4-6月期四半期消費者物価(CPI)
27:00 米国 米連邦公開市場委員会(FOMC)政策金利
27:30 米国 パウエルFRB議長定例記者会見

7/28(木)
10:30 オーストラリア 6月小売売上高
21:30 米国 4-6月期四半期実質国内総生産(GDP)

7/29(金)
08:30 日本 6月失業率
18:00 ユーロ 7月消費者物価指数(HICP)
21:30 米国 6月個人消費支出(PCE)
21:30 カナダ 5月月次国内総生産(GDP)
[紹介元] trading notes 2022/7/24(日) 今週の見立て

コメント

タイトルとURLをコピーしました