7月25日ポンド円本日の値動き予想

FXブログ
7月25日ポンド円本日の値動き予想

『4時間サイクル確定まで様子見』

※現在ノーポジ

今週は2週間連続でマイルールを破ってしまったためメイン口座(GMO)でのトレードはしないようにします。
先週の反省をまとめた記事はこちら

週足 PC 12本目

プライマリーサイクル(15〜21本目)12本目

エリオット波動5波目

先週は上ヒゲの陰線で確定しました。
ポンドも弱く、円が買われました。

短期的には163.000の先週安値を下抜けした時はショートもありかなと思っています。

しかし基本的な目線は上では見ています。

日足 MC 14本目

メジャーサイクル(35〜45本)14本目

エリオット波動週足5波目の3波目

サイクルの起点(サイクルの始まりの安値)を下抜けするまでは基本的には上目線で見ていきます。
まだまだサイクルも序盤です。
基本的な考えとしてこれからさらに高値をつけにいくだろうと思っているので、ロングしていきたいと考えています。

三角持ち合いとなっています。
個人的には上にブレイクすると予想しています。
もし下抜けした場合は160.000までは様子見で、160.000を下抜けしてからショートを考えるようにします。

目線は基本的に上。
160.000抜けで下目線に変更。

4時間足 4HC

4時間サイクル(60〜80本目)76本目or2本目

エリオット波動日足3波目の3波目

先週の安値をボトム(サイクルの終わりの安値)とした場合は現在2本目。
さらに下落するのであればサイクル継続としてみていきます。
サイクルの本数的に目安の本数に到達しているので現在新しいサイクルに突入している可能性も高いと思っています。
安易にショートするのも危険かなと思ってます。

163.000のライン抜けからショート取りたいとは思っていましたが、サイクルのこともあるので抜けても様子見でいきます。

目線は上。
サイクルが終了していない可能性もあるのでさらに下がる可能性もあり。

1時間足

1時間足で見ると完全に下目線で攻めていくのが良さそうに思えます。

しかし4時間サイクルのこともあるのでなかなかショートを入れるのも微妙なところ。
まずは様子見で個人的にわかりやすいところがくるまでは様子見とします。

163.000のラインがどのような反応をするのかに注目してみていきます。

ポンド円|本日の狙い(まとめ)

4時間サイクルが確定するまで様子見

特に狙い目なしということで様子見

にほんブログ村 為替ブログへ

[紹介元] ポンド円トレーダーruekaのFXブログ 7月25日ポンド円本日の値動き予想

7月25日ポンド円本日の値動き予想

■下げ渋り、豪準備銀行は利上げ継続の公算今週の豪ドル・円は下げ渋り。 豪準備銀行(中央銀行)の7月理事会議事要旨で中立金利(2.5%付近)の上昇懸念が示されたとの見方や、ロウ総裁が...

米7月総合PMIは47.5と市場予想(52.4)を大幅に下回り、好不況の分岐点とされる50.0を約2年ぶりに下回った。製造業PMIは52.3と予想(52.0)を上回り緩やかに成長していることを示したものの、サービス業PMIは47.0と予想(52.7)を大幅に下回り急減速していることを示した。これを受け米10年債利回りは2.7%台へと低下。それとともにドル売りが加速しドル/円は135.57円前後まで下落した。

22日のニューヨーク外為市場でドル・円は137円00銭からまで強含んだのち、135円57銭まで下落し引けた。 7月サービス業・総合PMIが予想外に50を割り込み活動縮小圏に落ち...

17:00 独・IFO企業景況感指数(7月) 90.5 92.320:00 ブ・FGV消費者信頼感(7月)7920:00 ブ・FGV消費者物価指数(IPC-S)(先週)0....

22日のドル/円は、米景気後退を巡る懸念が広がる中、終値ベースで約0.9%下落。米7月総合PMI(購買担当者景気指数)が好不況の分岐点を示す50.0を割り込んだことで1.3%安の135.57円前後まで下値を拡大する場面もあった。ユーロ圏7月PMIも50.0割れへと低下しており、高インフレと急速な金融引き締めが需要減につながり、世界的なリセッション(景気後退)は避けられないとの見方が強まっている。こうした中、本日のドル/円は上値が重い展開となりそうだ。22日に下抜けた20日移動平均線や日足一目均衡表の基準線が通る136.80円台付近では戻り売りが優勢となろう。もっとも、米10年債利回りは5月以来の2.7%台に低下しており、6月に付けた直近ピークの3.5%付近を大幅に下回る水準にあることから、米債市場は米国のリセッション入りをある程度織り込んだと見られる。明日26日から始まる米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、米長期金利の低下余地とドルの下落余地は小さいと考えられる。135円台半ばは引き続きドル/円のサポートになると見ている。

独7月製造業PMI・速報値は49.2(予想50.7)、同サービス業PMI・速報値は49.2(予想51.4)となり、それぞれ好不況の分かれ目となる50を下回った。その後に発表されたユーロ圏7月製造業PMI・速報値は49.6(予想51.0)、同サービス業PMI・速報値は50.6(予想52.0)となった。これより前に発表された仏7月PMIも低下しており、ユーロ圏のリセッション(景気後退)は避けられないとの見方が強まった。ユーロは独長期金利の低下とともに大きく下落した。

日本6月消費者物価指数(CPI)は生鮮食品を除いたコア指数が前年比+2.2%と予想通りに前月(+2.1%)から小幅に上昇した。CPIは10カ月連続で上昇しており、3カ月連続で日銀の目標である+2.0%を上回った。その後鈴木財務相はCPIの上昇について「原油をはじめとする世界的な原材料価格高騰が背景である」との認識を示した。なお、生鮮食品とエネルギーを除いた7月のコアCPIは前年比+1.0%だった(予想+0.9%、前回+0.8%)。

NY外為市場でドルが続落した。 米7月サービス業PMI速報値が47.0と、予想外に50を割り込み活動縮小圏に落ち込んだ。 欧州だけでなく、米国のPMIも冴えない結果となった。 米国...

22日の米国長期債相場は続伸。 米S&Pグローバルがこの日発表した7月総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は、47.5と6月実績の52.3を大幅に下回ったことが要因。 同サービス...

22日のニューヨーク外為市場でドル・円は、137円00銭から135円57銭まで下落し136円09銭で引けた。 7月サービス業・総合PMIが予想外に50を割り込み活動縮小圏に落ち込ん...

英7月製造業PMI・速報値は52.2、同サービス業PMI・速報値は53.3とそれぞれ予想(52.0、53.0)を上回った。この結果を受け、ユーロにつれて下落していたポンドの下げは一服した。これより前に発表された英6月小売売上高は前月比-0.1%、自動車燃料を除けば前月比+0.4%だった(予想-0.2%、-0.4%)。

欧州通貨のユーロとポンドがいずれもドルに対して弱含む展開です。 7月に入りイギリスとイタリアの首相が相次いで辞任していますが、後者の方がダメージは大きいようです。 それを反映し、ユ...

■インフレピークアウト期待や決算前の買い戻しで大幅高今週の新興市場は大幅に上昇。 米長期金利が安定して推移するなか、インフレピークアウト期待と7月米連邦公開市場委員会(FOMC)で...

コメント

タイトルとURLをコピーしました