串カツの「2度漬け禁止」起源は

FXブログ
串カツの「2度漬け禁止」起源は
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 串カツの「2度漬け禁止」起源は

串カツの 2度漬け禁止 起源は

串カツは、“食い倒れの街”大阪を代表するグルメのひとつ。大阪を旅行するなら、絶対試してほしいメニューです。串カツの特徴や、「ソースの2度づけ禁止」のローカルルールの理由など、食べる前に必ず知っておきたい知識をレクチャーします。しっかり予習すれば、さらにおいしく串カツを味わえますよ!

各店舗が具材やソースの調合などにこだわり、それぞれ特色ある味を提供している。大阪の名物料理として観光客にも人気の品である。また、日本串カツ協会など串カツの普及を目的とした団体も立ち上げられている。

牛肉や野菜、魚介類などバラエティ豊かな具材を串に刺してフライにしたもの。揚げたてをソースが入った容器に突っ込んでから食べるが、ソースは客同士で共有するため「2度づけ禁止」の鉄則があることも広く知られている。 「串カツ」の起源については諸説あるが、一説には通天閣がある大阪の“新世界”で、大正末期から昭和初期に発祥したといわれる。近隣で働く労働者たちの腹を満たすために、安価で腹が膨れ、時間をかけずに食べられるよう、薄い牛肉に厚い衣をつけて揚げる串カツが考案された。戦後になると、食糧の供給が安定しない中、食中毒の心配がない串カツを出す店が増えたようだ。2000年代、串カツを主力とした全国チェーン店が登場し、串カツを大阪名物として宣伝したこともあり、全国に串カツの名が広まった。 「安い・早い・うまい」が揃った串カツは立ち食いの店も多いが、近年では松茸などの高級食材を使ったものや、若者がデートに使えるようなおしゃれな店もある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました