新幹線に貨物専用車両 導入検討へ

FXブログ
新幹線に貨物専用車両 導入検討へ
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 新幹線に貨物専用車両 導入検討へ

新幹線に貨物専用車両 導入検討へ

新幹線は旅客輸送前提で整備されたが、旅客各社は近年、車内の空きスペースなどに貨物を積む貨客混載輸送に取り組んでいる。検討会は「将来的に貨物専用車両で高頻度の大量高速輸送ができれば、物流改革を引き起こす可能性がある」とした。

貨物鉄道の強化に関する国土交通省有識者検討会の中間取りまとめ案が27日、分かった。新幹線ルートに貨物専用車両の導入を検討すると明記。高速走行と大量輸送を両立させ、低迷する貨物輸送をてこ入れする。ただ車両開発など課題も多い。貨物線については災害時の迂回輸送に向け、貨物列車をけん引する機関車の増強に取り組む。28日の会合で提示する。

北海道新幹線開業により移管される、函館本線の函館~長万部~小樽間でも大きな経営問題になるでしょう。

貨物鉄道の強化に関する国土交通省有識者検討会の中間取りまとめ案が27日、分かった。新幹線ルートに貨物専用車両の導入を検討すると明記。高速走行と大量輸送を両立させ、低迷する貨物輸送をてこ入れする。ただ車両開発など課題も多い。貨物線については災害時の迂回輸送に向け、貨物列車をけん引する機関車の増強に取り組む。28日の会合で提示する。 新幹線は旅客輸送前提で整備されたが、旅客各社は近年、車内の空きスペースなどに貨物を積む貨客混載輸送に取り組んでいる。検討会は「将来的に貨物専用車両で高頻度の大量高速輸送ができれば、物流改革を引き起こす可能性がある」とした。

仮に札幌~仙台付近を貨物新幹線で運べば、北海道と本州間の貨物輸送で、大きな時間短縮が達成できます。JR貨物にとって、悪い話ではありません。

貨物鉄道の強化に関する国土交通省有識者検討会の中間取りまとめ案が27日、分かった。新幹線ルートに貨物専用車両の導入を検討すると明記。高速走行と大量輸送を両立させ、低迷する貨物輸送をてこ入れする。ただ車両開発など課題も多い。貨物線については災害時の迂回輸送に向け、貨物列車をけん引する機関車の増強に取り組む。28日の会合で提示する。

「貨物新幹線」が実際にどのような形になるのか、現段階ではわかりません。ただ、青函トンネル区間を最大限活かすために、何らかの形で実現しそうな状況になってきたようです。

この問題を抜本的に解決するために、国土交通省では最高速度320km/hで運転できる貨物新幹線の導入に向けて、具体的な調査を進めているそうです。

ただ、貨物新幹線は、すべての貨物を運ぶわけではありません。新幹線を高速で走らせるには、あまり重い荷物を載せることができないからです。道新によれば、「パレット式の貨物新幹線は、1編成当たりの最大積載量が約65トン」だそうです。

こうした重量制限のため、貨物新幹線で扱うのは「宅配便や書籍など小型荷物」だけとのこと。つまり、農産物など重い荷物は運べません。在来線の貨物列車は1編成あたり500tを運べるので、輸送力の点からも、在来線の貨物列車をすべて廃止することはできないでしょう。

一方で、東北・北海道新幹線の並行在来線にとっては、貨物輸送の減少は死活問題です。既存のIGRいわて銀河鉄道、青い森鉄道、道南いさりび鉄道では、取り扱い貨物が減少すれば経営の大きな打撃となります。

同紙によれば、貨物新幹線は新造で、車内の座席を設けません。「宅配便や書籍など小型荷物を『パレット』と呼ばれる車輪付きの荷台に載せ、パレットごと車両側部のドアから積み込む方式を想定」しています。1編成10両の価格は約44億円で、「現行の旅客車両とほぼ変わらない見通し」だそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました