FX/為替「ドル/円132円半ばへ急落、28日早朝から5円近く下落」今日の注文情報 ドル/円 2022/7/29 19:00

FXブログ
FX/為替「ドル/円132円半ばへ急落、28日早朝から5円近く下落」今日の注文情報 ドル/円 2022/7/29 19:00

f:id:gaitamesk:20190819181541p:plain

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

ドル/円132円半ばへ急落、28日早朝から5円近く下落

本日アジア時間からロンドン時間にかけての米ドル/円は大幅下落。グローバル経済に対する不透明感を背景とした円の買い戻しが強まり、米ドル/円は132.501円まで下落した。その後は、やり過ぎ感から値を戻したものの、133円半ばで戻りを抑えられた。日本時間28日、午前3時半に行われたパウエルFRB議長の会見後のドル円の下落幅は5円近になった。

近いところのオーダーは、133.600円にストップの買いが少しある程度で、それ以外はまばらな状況。スピードの速いマーケットだったため、投資家もオーダーを置かずに成行注文で取引していたようだ。

ドル/円注文情報 19:00現在

※注文情報「米ドル/円」 1メモリ=1,000,000通貨

高機能チャート+注文情報 

高機能チャート ドル/円(60分足)

【情報提供:外為どっとコム】

  • ※ 「外為注文情報」とは、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況を確認できるツールのことを指します。
  • ※ 尚、この外為注文情報は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

「為替チャート|米ドル/円(USDJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析|米ドル/円(USDJPY)」はこちら
PC:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced.html
スマホ:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced_sp.html

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替「ドル/円132円半ばへ急落、28日早朝から5円近く下落」今日の注文情報 ドル/円 2022/7/29 19:00

FXは買いと売りの両方で利益を得ることが可能です

しかし豪ドルが下落基調の場合、当然利益が減少します。そこでFXを活用すれば、相場が下落基調の時でも売りで利益を得ることが可能です。

FXは買いと売りの両方で利益を得ることが可能です。他の投資の為替ヘッジが期待できます。例えば外貨預金や外貨MMFなどで豪ドルを運用しており、含み益が発生していたとします。

比較的少額の資金から始められるFX。他の金融商品と比べFXは取引のチャンスが多く自由度が高いため、身近でポピュラーな存在となってきています。それだけに今さら「そもそもどんな取引なの?」と聞きづらくなっているのも実情でしょう。そこで、ここではFXの基本的な知識について解説していきます。

店頭外国為替証拠金取引(FX)及び店頭(株価指数)CFD取引は、元本及び利益が保証されている金融商品ではありません。外国為替、株式、金利市場等の変動により、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金額以上の投資が可能なため、損失額が証拠金額を上回るおそれがあります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は、個人口座の場合取引金額の4%以上、法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額と、当社が算出したリスク想定比率を用いた額のどちらか高い額以上の証拠金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。店頭(株価指数)CFD取引に関しては、個人口座・法人口座いずれも取引金額の10%以上の証拠金が必要となります。口座管理費及び取引手数料は、原則無料です。但し一部取引コースに関しては、取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、該当するコースの取引説明書をご覧ください。売付価格と買付価格には差(スプレッド)があり。相場急変動等により、スプレッド幅が拡大することがあります。お取引を始めるにあたっては「契約締結前交付書面」等を熟読し、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお取引くださるようお願い致します。

FXはForeign Exchange(外国為替)の略称で、外国為替とは、異なる通貨を交換(売買)することを意味します。海外旅行に出かける際に、現地の通貨に両替するのもそのひとつです。

豪ドルをFXで運用するデメリットは、以下の通りです。

また、外貨の持ち合わせがなくてもFXなら米ドル安・円高傾向を示すと思われる場面でも「米ドルを売って日本円を買う」という注文が入れられます。今度は、1米ドル=110円の時点で「1万米ドルを売って日本円を買う」という取引を行ったケースで考えてみましょう。そして、1米ドル=105円まで円高に振れたタイミングで、「日本円を売って1万米ドルを買い戻す」という決済を行ったことにします。

しかも、FXで為替差益を追求する場合は柔軟な対応が可能です。特に取引の期限が設定されていないことから、数秒〜数分間の変動から利益を得るスキャルピングやその日のうちに取引を完結するデイトレード、数日〜数週間のスイングトレード、もっと長期のポジショントレードまで、相場の傾向や自分自身の方針に応じて自由自在な取引が行えます。

FXではFX会社が定める一定の損失を発生させると、強制的に決済される「ロスカット」が適用されます。

FXでは、預けた資金(証拠金)の最大25倍に相当する取引が行えるというルールが存在します。つまり、100万円分の運用をしたい場合(当然余裕をもって資金を運用すべきですが)単純計算で最低4万円(100万円÷25倍)の資金を準備することで取引ができるのです。

このようにFXはただ利益を得られるだけではなく、他の投資の為替ヘッジとしても活用できます。

このようにエントリーのチャンスが頻繁に訪れるからこそ、多くの投資家がFXに期待を寄せるのでしょう。

FXは2ヵ国間の金利差によって、利益を得ることが可能です。2ヵ国間の金利差を「スワップポイント」とも呼びます。

FXは原則24時間取引(土日を除く)をすることが可能です。仕事や家事・育児などで忙しい方でも、自分のライフスタイルに合わせた取引ができます。

FXで利益を得るには、大きく分けてふたつの方法があります。ひとつは為替差益と呼ばれるもので、取引開始時と決済時の為替レートに違いがあった場合に得られるものです。もうひとつはスワップと呼ばれるもので、条件を満たせば取引を決済するまで日々利益が得られるものです。それぞれの方法を解説すると次のとおりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました