FX週間テクニカル分析 2022/08/01〜08/05の見通し 米国長期金利低下でドル円は下落。今週は調整相場を予想。豪ドル円のMACDも反落を示唆

FXブログ
FX週間テクニカル分析 2022/08/01〜08/05の見通し 米国長期金利低下でドル円は下落。今週は調整相場を予想。豪ドル円のMACDも反落を示唆

▼USD/JPY FRB議長による利上げペースの鈍化示唆によって金利が低下し、ドル円は下落し、MACDはトレンド転換を示唆。予想レンジは125.400〜141.070
▼EUR/USD 米国長期金利低下によってユーロドルは上昇するも、下降トレンド継続か。予想レンジは0.9848〜1.0605
▼EUR/JPY 中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは131.800〜140.710
▼AUD/JPY +1σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは88.940〜97.400
▼GBP/JPY 短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは158.280〜166.360
▼ZAR/JPY 中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは7.690〜8.360
▼TRY/JPY −2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは7.070〜7.780
▼MXN/JPY 短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは6.120〜6.980

  1. USD/JPY
    1. USD/JPY 週足の見通し:FRB議長による利上げペースの鈍化示唆によって金利が低下し、ドル円は下落し、MACDはトレンド転換を示唆。予想レンジは125.400〜141.070
    2. USD/JPY 日足の見通し:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
    3. USD/JPY サマリー
  2. EUR/USD
    1. EUR/USD 週足の見通し:米国長期金利低下によってユーロドルは上昇するも、下降トレンド継続か。予想レンジは0.9848〜1.0605
    2. EUR/USD 日足の見通し:短期移動平均線をレジスタンスとして横ばいを予想
    3. EUR/USD サマリー
  3. EUR/JPY
    1. EUR/JPY 週足の見通し:中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは131.800〜140.710
    2. EUR/JPY 日足の見通し:中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
    3. EUR/JPY サマリー
  4. AUD/JPY
    1. AUD/JPY 週足の見通し:+1σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは88.940〜97.400
    2. AUD/JPY 日足の見通し:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
    3. AUD/JPY サマリー
  5. GBP/JPY
    1. GBP/JPY 週足の見通し:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは158.280〜166.360
    2. GBP/JPY 日足の見通し:中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
    3. GBP/JPY サマリー
  6. ZAR/JPY
    1. ZAR/JPY 週足の見通し:中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは7.690〜8.360
    2. ZAR/JPY 日足の見通し:−1σラインをデッドクロス。売りサイン点灯
    3. ZAR/JPY サマリー
  7. TRY/JPY
    1. TRY/JPY 週足の見通し:−2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは7.070〜7.780
    2. TRY/JPY 日足の見通し:−2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯
    3. TRY/JPY サマリー
  8. MXN/JPY
    1. MXN/JPY 週足の見通し:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは6.120〜6.980
    2. MXN/JPY 日足の見通し:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
    3. MXN/JPY サマリー
  9. FX週間テクニカル分析 2022 08

USD/JPY

USD/JPY 週足の見通し:FRB議長による利上げペースの鈍化示唆によって金利が低下し、ドル円は下落し、MACDはトレンド転換を示唆。予想レンジは125.400〜141.070

USD/JPY 週足

USD/JPY 週足

・2017年1月より長期的に下落基調だったがバイデン政権になって反発
・2022年3月米FOMCにて米国政策金利利上げ決定。ドル高トレンド加速
・先週のドル円週足はFRB議長による利上げペース鈍化示唆によって下落
・今週MACDがシグナル線をデッドクロスしており、トレンド転換を示唆
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26)は7.837
・今週の予想レンジ(終値±週足終値のσ(26))125.400〜141.070

USD/JPY 日足の見通し:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯

USD/JPY 日足分析

USD/JPY 日足

・先週のドル円日足は短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想

USD/JPY サマリー

・FRB議長による利上げペースの鈍化示唆によって金利が低下し、ドル円は下落し、MACDはトレンド転換を示唆。予想レンジは125.400〜141.070

EUR/USD

EUR/USD 週足の見通し:米国長期金利低下によってユーロドルは上昇するも、下降トレンド継続か。予想レンジは0.9848〜1.0605

EUR/USD 週足

EUR/USD 週足

・世界の外国為替市場で取引量世界2位のユーロ。ドイツの経済指標で相場が変動。周辺国である中東・東欧・アフリカで有事が起こった際には売りが出る傾向がある
・2021年半ばよりドル高ユーロ安トレンドが継続
・先週のユーロドル週足は上昇
・3本の移動平均線は下落トレンド継続を示唆
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26)は0.03786
・今週の予想レンジ(終値±週足終値のσ(26))0.98480〜1.06050

EUR/USD 日足の見通し:短期移動平均線をレジスタンスとして横ばいを予想

EUR/USD 日足

EUR/USD 日足

・先週のユーロドル日足は短期移動平均線に上値を抑えられる形で推移
・今週も下落トレンド継続を予想

EUR/USD サマリー

・米国長期金利低下によってユーロドルは上昇するも、下降トレンド継続か。予想レンジは0.9848〜1.0605

EUR/JPY

EUR/JPY 週足の見通し:中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは131.800〜140.710

EUR/JPY 週足

EUR/JPY 週足

・取引量世界2位のユーロ、3位の日本円による通貨ペア。EURUSDとUSDJPYのそれぞれの通貨ペアのトレンドの把握が大切
・コロナ禍対応の金融緩和政策の出口が模索されつつあり、3本の移動平均線は上昇トレンドの兆しを示す
・先週のユーロ円週足は中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26)は4.454
・今週の予想レンジ(終値±週足終値のσ(26))131.800〜140.710

EUR/JPY 日足の見通し:中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯

EUR/JPY 日足

EUR/JPY 日足

・先週のユーロ円日足は中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想

EUR/JPY サマリー

・中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは131.800〜140.710

AUD/JPY

AUD/JPY 週足の見通し:+1σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは88.940〜97.400

AUD/JPY 週足

AUD/JPY 週足

・オーストラリアは世界有数の資源国。輸出品目は1位から鉄鉱石、石炭、天然ガス。輸出相手は1位から中国、日本、韓国
・そのため、中国の鉱工業生産指数や小売売上高にも注目
・先週の豪ドル円週足は+1σラインをデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26)は4.227
・今週の予想レンジ(終値±週足終値のσ(26))88.940〜97.400

AUD/JPY 日足の見通し:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯

AUD/JPY 日足

AUD/JPY 日足

・先週の豪ドル円日足は短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想

AUD/JPY サマリー

・+1σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは88.940〜97.400

GBP/JPY

GBP/JPY 週足の見通し:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは158.280〜166.360

GBP/JPY 週足

GBP/JPY 週足

・イギリスの通貨であるポンドは第二次世界大戦前は基軸通貨として流注しており、現在も世界第4位の取引量のメジャー通貨。
・ドルやユーロに比べれば取引量が少ないため投機の対象になりやすくボラティリティ(変動幅)が大きいという特徴を持つ。
・先週のポンド円週足は短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26)は4.043
・今週の予想レンジ(終値±週足終値のσ(26))158.280〜166.360

GBP/JPY 日足の見通し:中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯

GBP/JPY 日足

GBP/JPY 日足

・先週のポンド円日足は中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想

GBP/JPY サマリー

・短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは158.280〜166.360

ZAR/JPY

ZAR/JPY 週足の見通し:中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは7.690〜8.360

ZAR/JPY 週足

ZAR/JPY 週足

・南アフリカ共和国は金やプラチナ、ダイヤモンドが算出する資源国。南アフリカ中銀は消費者物価指数を調整するために高い政策金利を設定。
・2020年3月15日の米国政策金利利下げ時点から上昇トレンド
・先週の南アランド円週足は中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26)は0.335
・今週の予想レンジ(終値±週足終値のσ(26))7.690〜8.360

ZAR/JPY 日足の見通し:−1σラインをデッドクロス。売りサイン点灯

ZAR/JPY 日足

ZAR/JPY 日足

・先週の南アランド円日足は−1σラインをデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想

ZAR/JPY サマリー

・中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは7.690〜8.360

TRY/JPY

TRY/JPY 週足の見通し:−2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは7.070〜7.780

TRY/JPY 週足

TRY/JPY 週足

・トルコは若年層の労働者人口が増加中で、長期的な経済成長が期待
・エルドアン大統領はリラ安政策を継続しておりTRY/JPYは長期的な下落トレンド継続中
・先週のトルコリラ円週足は−2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26)は0.351
・今週の予想レンジ(終値±週足終値のσ(26))7.070〜7.780

TRY/JPY 日足の見通し:−2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯

TRY/JPY 日足

TRY/JPY 日足

・先週のトルコリラ円日足は−2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想

TRY/JPY サマリー

・−2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは7.070〜7.780

MXN/JPY

MXN/JPY 週足の見通し:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは6.120〜6.980

MXN/JPY 週足

MXN/JPY 週足

・石油や天然ガス、銀などの鉱物資源が算出されるのでメキシコペソは資源国通貨。最大の貿易相手国であるアメリカとの関係が材料に。
・2020年3月15日の米国政策金利利下げ時点から上昇トレンド
・先週のメキシコペソ円週足は短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26)は0.43
・今週の予想レンジ(終値±週足終値のσ(26))6.120〜6.980

MXN/JPY 日足の見通し:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯

MXN/JPY 日足

MXN/JPY 日足

・先週のメキシコペソ円日足は短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想

MXN/JPY サマリー

・短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは6.120〜6.980

 

※外為どっとコムのFX口座「外貨ネクストネオ」よりチャートを参照しています。
sakou.jpg 岩田仙吉(いわたせんきち)氏
株式会社タートルズ代表/テクニカルアナリスト
2004年、東京工業大学から一橋大学へ編入学。専門は数理経済学。卒業後、FX会社のシステムトレードプロジェクトのリーダーになり、プラットフォーム開発および自動売買プログラムの開発に従事。その後、金融系ベンチャーの立ち上げに参画。より多くの人に金融のことを知ってほしいと思い金融教育コンテンツの制作に集中するために会社を創業。現在は、ハイリスク・ハイリターンの投資手法ではなく、初心者でも長く続けられるリスクを抑えた投資手法を研究中。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX週間テクニカル分析 2022/08/01〜08/05の見通し 米国長期金利低下でドル円は下落。今週は調整相場を予想。豪ドル円のMACDも反落を示唆

FX週間テクニカル分析 2022 08

シカゴはロング500枚数減、ショート3,700枚増で、ネット4,200枚の豪ドルショート増になりました。

本記事では、FXで失敗しないためのコツ、失敗を回避するコツについてご説明します。

南アランドの対円相場は6/9に記録した約4年ぶり高値8.81円(2018年5月28日以来)をトップに反落に転じると、週末にかけて一時8.43円まで急落しました。

FXは平日であれば、ほぼ24時間の取引が可能です。しかし、時間帯によって動きは異なりますし、重要な経済指標をチェックする必要もあります。FXで安定的に利益を得るのは、自分の得意なパターンの時のみエントリーすることです。常にポジションを持っていては得意パターンで取引できない時間帯が多くなり、結果的に大きな損失を負ってしまう可能性があります。

政策金利とは中央銀行(米国のFRB、英国のBOE、欧州のECBなど)が金融政策を実行する上で設定する金利です。政策金利を調整することで、景気の過熱時は経済を抑えたり、逆に失速時は経済を刺激したりします。またFX取引では2国間の金利が為替レートに影響を及ぼすことから、市場参加者の注目度が高いです。各国の物価や経済状況によっても金利が違い、新興国では通貨安防衛を目的として政策金利を引き上げる場合もあります。日本では「無担保コールレート翌日物」、米国では「FFレート金利の誘導目標」が政策金利を指します。「公定歩合」は政策金利を意味すると思われがちですが、国内金利が自由化されたことでその役目を終えました。

LINE FXでは口座開設手数料や取引手数料、入金手数料などの手数料が無料です。海外FX業者などには、口座維持手数料などを取るケースも少なくありません。スプレッドはかかりますが、ほとんど手数料が発生しないのは大きな特徴です。

失業率は一国の労働力人口のうちに占める失業者の比率を示す指標です。国によって算出方法や公表する頻度が異なり、失業率と新規雇用者数を同時に公表する場合もあります。雇用情勢を把握するのに用いられる代表的な指数で、中央銀行が金融政策を決定する上での重要な指標となります。FX取引では米国や英国、オーストラリア、カナダの失業率が発表される際に為替相場が大きく動く傾向があります。

LINE FXはアプリの使いやすさにも配慮されています。直感的に利用でき、画面の切り替えボタンやアイコンも大きめに表示されているため、誰でも簡単に取引が可能です。また、ワンタッチで取引できるので、相場急変時などスピーディーに対応しなければいけない場面でも安心して対応できるでしょう。

FXは為替が上昇するか下落するかを予想し、利益を狙う金融商品です。2択なので、FX初心者でも利益を出せる可能性はあります。実際に、ビギナーズラックで利益を出した人も少なくありません。

LION FXではお客様の取引環境にあわせたアプリを提供しています。

FXでの失敗を回避する方法には、代表的なものとして以下7つが挙げられます。

レバレッジは少ない投資資金でも大きな利益を上げられる、FXにおいて最大のメリットとも言える仕組みです。しかし、投資資金対比でレバレッジをかけすぎてしまうと、あっという間に資金はなくなってしまいます。レバレッジを利用する際は、資金に相当余裕を持って利用してください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。 取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。 取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。 当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。 原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。 当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券で証券口座を開設済みの場合、LINE FXとアカウントを連携できるため口座開設が簡単です。最短1分という早さで、急いでいる場合でもスムーズに取引を開始できます。

しかし、大切なのはわかっていても、実際に実行するのは非常に難しいでしょう。なぜなら、人間は本能で損切りを嫌がるからです。人間は本能的に利益を失いたくないので、早めに確定して損失は認めたくないと考えます。こうした本能は変えられるものではないため、適切な損切りを行うためにはルールが必要です。ロスカットされてしまう可能性があるので、適切な損切りを身に着けるのはFXで勝つために必須と言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました