[ユーロ米ドル]1.03手前のレジスタンス

FXブログ
[ユーロ米ドル]1.03手前のレジスタンス
(ユーロ米ドル日足)

週明け東京市場からユーロは底堅い動きが先行。米景気減速懸念やFRBの積極的な引き締め観測が後退したことからドル売りがユーロを押し上げた。欧州市場では1.0270付近で一旦押し戻されたがNY市場では米長期金利が低下したことで1.0275まで上昇。このレベルは7月に入り何度も上値が抑えられたことから強いレジスタンスとして意識されている。
ただ、原油価格や米長期金利が一段と低下するようなら上抜けする可能性が高い。強いレジスタンスとして意識されているだけに一旦上抜けすれば勢いが加速する可能性は高い。
反対に、再度このレベルで上値が抑えられるようなら短期的にユーロ売りが一気に進む可能性もあり、このレベルには注目。

ユーロドル予想レンジ:1.0360(61.8%)~1.0220

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [ユーロ米ドル]1.03手前のレジスタンス

1.03手前のレジスタンス”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました