FX/為替「ドル/円、個人は安値で買い仕込み 下落幅拡大直前の131.30円回復を目論む」今日の注文情報 ドル/円 2022/8/2 19:00

FX/為替「ドル/円、個人は安値で買い仕込み 下落幅拡大直前の131.30円回復を目論む」今日の注文情報 ドル/円 2022/8/2 19:00

f:id:gaitamesk:20190819181541p:plain

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

ドル/円、個人は安値で買い仕込み 下落幅拡大直前の131.30円回復を目論む

本日アジア時間からロンドン時間にかけてのドル/円は、130.382円まで下落。米国の成長減速や同国ナンバー3ペロシ氏の台湾訪問による地政学リスクが意識された。ただ、大台割れを回避すると、131.10円台まで戻した。

近いところでは、130.650円、130.350円、130.300円にまとまったストップロスの売りオーダーが観測される以外は、目立つ注文は見当たらない。これらの投資家は、恐らくエントリーは成行注文で行い、コスト近辺にストップを置いて、本日下落幅を広げる直前のレベルである131.300円の回復を待っているのだろう。

ドル/円注文情報 19:00現在

※注文情報「米ドル/円」 1メモリ=1,000,000通貨

高機能チャート+注文情報 

高機能チャート ドル/円(60分足)

【情報提供:外為どっとコム】

  • ※ 「外為注文情報」とは、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況を確認できるツールのことを指します。
  • ※ 尚、この外為注文情報は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

「為替チャート|米ドル/円(USDJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析|米ドル/円(USDJPY)」はこちら
PC:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced.html
スマホ:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced_sp.html

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替「ドル/円、個人は安値で買い仕込み 下落幅拡大直前の131.30円回復を目論む」今日の注文情報 ドル/円 2022/8/2 19:00

FXとは それらの通貨のペア(組み合わせ)を売買する取引です

FXで利益を得るには、大きく分けてふたつの方法があります。ひとつは為替差益と呼ばれるもので、取引開始時と決済時の為替レートに違いがあった場合に得られるものです。もうひとつはスワップと呼ばれるもので、条件を満たせば取引を決済するまで日々利益が得られるものです。それぞれの方法を解説すると次のとおりです。

>FXのスプレッドとは?

レバレッジを効かせた取引を行えることもFXの大きな特徴だといえるでしょう。レバレッジとは「てこの原理」を意味する言葉で、少ない力でより大きなもの(資金)を動かせることを指します。

またFXは時間帯によって市場が変わり、値動きの特徴も変わります。24時間いつでも取引をすれば良いのではなく、各市場に合った取引をすることが大切です。

FXでは取引手数料は基本無料ですが、取引ごとにスプレッドが発生します。スプレッドとは買値と売値の差であり、取引手数料のようなものです。取引回数が多いほど、その分取引コストが増えます。

日本では円という単位の通貨を用いていますが、世界に目を向ければ米ドルやユーロ、英ポンド、豪ドル、南アフリカランドといったように、100種類以上の外貨(外国通貨)が存在します。FXとは、それらの通貨のペア(組み合わせ)を売買する取引です。

FXは一般的な外貨商品に比べ、スプレッド(買値と売値の幅)が比較的狭く設定されていますので、為替ヘッジコストが割安です。

しかも、FXで為替差益を追求する場合は柔軟な対応が可能です。特に取引の期限が設定されていないことから、数秒〜数分間の変動から利益を得るスキャルピングやその日のうちに取引を完結するデイトレード、数日〜数週間のスイングトレード、もっと長期のポジショントレードまで、相場の傾向や自分自身の方針に応じて自由自在な取引が行えます。

ボラティリティ確認ツールとは、銘柄毎にボラティリティ(価格変動率)を表示するツールです。弊社では、FXは28通貨ペア、CFDは15銘柄を、日足・時間帯別・曜日別に表示することが可能です。

しかし豪ドルが下落基調の場合、当然利益が減少します。そこでFXを活用すれば、相場が下落基調の時でも売りで利益を得ることが可能です。

「fx Trade」なら1通貨からの取引が可能であり、約4円から取引を始められます。少額からFXを始めたい方は、ぜひ弊社の口座開設をご検討ください。

1回の取引における利益と損失の比率を把握する方法として、リスクリワードがあります。FXで長期的に利益を上げ続けるのであれば、リスクリワードを活用することが大切です。

その点、外国為替市場では米ドル/円、ユーロ/米ドルなどといった通貨ペアが世界共通で取引されています。したがって、常に交換レートは変動するのでFXはたとえ日本時間の深夜であっても取引が可能なのです。

FXでは、預けた資金(証拠金)の最大25倍に相当する取引が行えるというルールが存在します。つまり、100万円分の運用をしたい場合(当然余裕をもって資金を運用すべきですが)単純計算で最低4万円(100万円÷25倍)の資金を準備することで取引ができるのです。

FXは売りからも取引できるため、円安傾向の時のみならず円高傾向の時においても、為替ヘッジをすることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました