誘導で「オーライ」100年続く理由

FXブログ
誘導で「オーライ」100年続く理由
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 誘導で「オーライ」100年続く理由

誘導で オーライ 100年続く理由

夏から秋への季節の変わり目は、春夏野菜と秋冬野菜の入れ替えの時期。家庭菜園にとっては最も忙しく、重要な時期です。夏野菜は収穫のピークを過ぎて少しずつ収量が減ってくるので、切り上げ時を見極めて片づけを進めます。 10月半ばまで収穫が続くナスやピーマンは、追肥で草勢を維持します。高温と乾燥は、野菜にとっては過酷な環境です。一部の野菜を除いて生育が停滞し、病害虫が発生しやすくなります。土壌由来の病気や害虫が発生した畑では、土壌消毒などで土をリセットするとよいでしょう。 一方、秋冬野菜の準備も着実に進みます。真っ先に始まるのは、梅雨明け前後のキャベツ類とニンジンのタネまき。真夏の育苗は暑さと害虫が大敵なので、寒冷紗など防虫ネットの被覆と適切な水やりで、健全なよい苗を作りましょう。次いで、ハクサイ、ダイコン、コマツナなどのタネまきが進み、ホウレンソウやカブは暑さが落ち着いた9月中旬以降にまきます(下表参照)。 秋冬野菜は、作付けは暑い時期ですが、収穫するころには気温が低くなっているのが特徴です。作付けが1週間~10日遅れても生育に大きな影響を及ぼすため、適期のタネまきと定植が順調な生育のポイントです。

❷ 苦土石灰を1m2当たり100~200gまく。

クルマの誘導と言えば「オーライ!」その歴史は100年前から? 大きな声で「オーライ!オーライ!」とクルマを誘導する様子は、ガソリンスタンドらしい光景のひとつです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました