FX/為替予想 「人民元/円、買いバイアス強し、堅調に推移か?」見通しズバリ!3分テクニカル分析 週間見通し 2022年8月4日

FXブログ
FX/為替予想 「人民元/円、買いバイアス強し、堅調に推移か?」見通しズバリ!3分テクニカル分析 週間見通し 2022年8月4日

外為どっとコム総研のTEAMハロンズがお送りする「見通しズバリ!!3分テクニカル分析動画」。この番組は、TEAMハロンズ黒川が注目通貨ペアのテクニカル分析を3分でわかりやすく解説する番組です。

平日21:00よりTEAMハロンズLIVE番組【実践リアルトレード】を配信しています。テクニカル分析の解説やリアル口座を使ったトレードをお見せしています。チャットでお受けしたご質問もお答えします。お時間がありましたら、ぜひご参加ください!!

最新LIVE配信ページや過去動画はコチラからご覧いただけます。

本日のYoutube配信URL(21:00開始)

Teamハロンズ
円卓で有名だった旧・上田ハーローの元ディーラー・ストラテジスト・アナリストの所属のチーム。マネ育chに「3分テクニカル分析」(動画)、週刊為替レポート「ハロンズ」、米雇用統計レポート「米国雇用統計の予想と戦略」等執筆。TwitterアカウントTEAMハロンズ(@TeamHallons)では、マーケット雑感、経済指標のヘッドラインを呟いている。平日21:00からはLIVE番組【実践リアルトレード】も担当し、テクニカル分析の解説やリアル口座を使ったトレードをお見せするなど、FX個人投資家の皆様のお取引に有効な情報を日々、配信している。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替予想 「人民元/円、買いバイアス強し、堅調に推移か?」見通しズバリ!3分テクニカル分析 週間見通し 2022年8月4日

FX 為替予想 人民元

外貨預金では海外の高金利を享受できるほか、円安になれば為替差益が得られます。長期的な運用をすれば、為替リスクを抑えながら資産を増やすことも可能です。

まず簡単に足元の人民元相場を振り返ります。

以上の内容から、人民元は中長期的保有のスワップトレードを検討する方におすすめと言える。とくに金利差の大きい人民元/日本円を採用すればより効率的に運用していけるだろう。

為替相場が円高ドル安方向に転じるのは、早くても2022年(令和4年)秋以降と見られています。FRBは、数回にわたる金利引き上げを検討しています。2022年(令和4年)秋頃には、景気に対して中立的な「中立金利」の水準に達する見込みです。その後は利上げも緩やかになり、徐々に円安に歯止めがかかるでしょう。

こんにちは、戸田です。本シリーズでは、日本では情報の少ない人民元について、報道や公表データ、現地の報告などをもとに、相場の見通しを立てていきます。中国の金融経済が世界の金融市場に与える影響は年々大きくなっていますので、人民元や他通貨の売買のご参考にして頂ければ幸いです。第12回は「米中金利差の逆転で再び意識される人民元安」といたしまして、相場見通しをお伝えいたします。結論から申し上げますと、現在のレンジ水準を意識しつつも、基本的には人民元安を想定しトレードしていく方針です。順に見ていきましょう。

ただし、これまでのPBOCによる人民元の切り下げ動向から、依然として米ドルとの強い連動が見受けられている。

人民元には次のような特徴があり、中国当局による変動幅の抑制は急落・急騰リスクをある程度回避できる特性とも言えるだろう。

人民元が持つ大きな特徴の一つとしてあげられるのが、同一の通貨でありながらオンショアとオフショアという2種類に区分けされた取引市場であることだ。

中国はアリババ等の自国大手IT企業に対する規制強化を実施しており、株式市場の下落とそれにともなう人民元の下落ムードが発生している。

したがって、人民元の顕著な方向性は発生しにくい状態となっており、一時的なダウンサイドリスクは抱えつつも依然として資本流入は続く見通しであると考えられるため、長期的には元高方向への推移が見込めるだろう。

8日の人民元は対ドルで上昇している。一方、中国人民銀行は人民元の基準値を2008年以来最低水準に設定した。 午後4時23分時点で、USD/CNYは0.21%安の7.0443となっている。今週に入ってか...

前日の米国市場は中国人民銀行が人民元の基準値を7元以内に抑えたことなどから中国懸念が後退し、主要3指数揃って上昇した。とはいえSPXVI先物は20を超え、金融市場の動揺は収まってはおらず、さらに下値を...

そして中国は2005年の人民元改革を境に従来の米ドルのみに連動した調整(ドルペッグ制)を変更した。

そのため、テーパリングが進む環境下、対米ドル、対日本円といった相場において人民元が下落する可能性も考えられる。

これは為替レートの変動幅を限定する固定相場制の1種である。市場の需給に基づいて価格を決定する一方、必要に応じて中央銀行が介入し値動きを管理する制度だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました