[ポンド米ドル]BOE 0.5%の利上げ後にポンド売り

FXブログ
[ポンド米ドル]BOE 0.5%の利上げ後にポンド売り
(ポンド米ドル日足)

昨日のBOE政策会合では予想通り政策金利を0.5%引き上げ、1.75%とした。6回連続の利上げとなったがメンバーの一人が0.25%の利上げを支持したことや、金融政策報告書で「更なるインフレ加速を見込む」としたが「今年第4四半期のリセッション入りを予想」との内容から市場で懸念が広がりポンドは急落。1.2195の高値から1.2066まで下落した。しかし、その後は米長期金利が低下したこともあり1.2175まで買い戻されるなど往って来いの動きとなった。
ベイリーBOE総裁は「インフレ圧力に対し必要なら強力に対応する」など、今後も追加利上げの可能性を示しており、ポンドの下値も限定的とみる。
今日の米雇用統計を前に既に低下している米長期金利だけに一時的に上昇する可能性の方が高いとみており、ポンドも再度昨日の安値を試す展開を予想する。

ポンドドル予想レンジ:1.2200~1.2030(50%、BB中心)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [ポンド米ドル]BOE 0.5%の利上げ後にポンド売り

BOE 0.5%の利上げ後にポンド売り”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました