[全般]日本のEEZにミサイル落下で円買い

FXブログ
[全般]日本のEEZにミサイル落下で円買い
中国が台湾沖にミサイルを発射すると日本のEEZ内にも落下。日本も含む地政学的リスクの高まりからリスクオフの円買いが一気に進んだ。
昨日の東京市場ではドル円が134円14銭を付けた後133円42銭まで下落したものの、日経平均株価の上昇を受け134円20銭付近まで戻すなど方向感の掴みにくい動きで推移。明日の米雇用統計発表を控え市場全体に慎重な動きが目立つ中、欧州市場ではクロス円が底堅い動きでスタート。
ロンドン時間に開かれたBOE政策会合では予想通り政策金利の0.5%引き上げを決定。ただ、メンバーの一人が0.25%を支持。また、金融政策報告書では今年の第4四半期にリセッション入りを予想しているとの内容を受けポンドは急落。130ポイント余り下落した。
その後中国が台湾沖にミサイルを発射。そのうち5発が日本の排他的経済水域に落下したとの報道を受けリスクオフの円買いが一気に進みドル円は134円前半から132円台に下落。安全な米国債に買いが集まり米長期金利の低下でドルも全面安となった。
日本にミサイルが落下したこと自体本来は円売りで反応するものだが、今の段階ではこれまでのように有事の円買いで反応している。
ただ、有事の円買いは一時的なもので長くは続きにくい。
市場の目先の注目材料はFRBの金融政策であり、今日のNY時間に発表される米雇用統計の結果次第で米長期金利が再び上昇に転じるか注目。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [全般]日本のEEZにミサイル落下で円買い

日本のEEZにミサイル落下で円買い”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました