社長の車 セダンよりSUVが人気か

FXブログ
社長の車 セダンよりSUVが人気か
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 社長の車 セダンよりSUVが人気か

社長の車 セダンよりSUVが人気か

左ハンドルの場合、一般的に社長が座るのは助手席後部のため、乗車してから役員自ら奥に進まなければならない、左ハンドルを運転できる運転手が探し難いというデメリットがあります。

今日の日本において、伝統と思われているもののなかには、実は明治以降に始まったものが少なくないらしい。初詣が一般化したのは1872年に東海道線が開通して川崎大師にお参りする人が増えてからだし、神前結婚式が庶民に広がったのは昭和20年代末からだという。恵方巻きに至っては、1989年にセブン-イレブンが仕掛けた宣伝が始まりだった。新型クラウンがクラウンらしいかどうかという議論には、あまり意味がないのかもしれない。16代目クラウンを明治維新と重ね合わせた豊田社長の言葉が正しいとすれば、伝統が作られるのはこれからなのである。

一方でスカイライン400Rのような突き抜けた動力性能はありません。またレクサスESがあるので仕方ないのですが、プレミアム感もやや薄いのが弱点でしょう。とはいえ、走りの質感などはスカイラインのハイブリッドモデルよりも確実に新しく、燃費も良好です。合理的なスポーティーセダンをお探しならスカイラインよりもこちらだと思います。

選び方としてGLEは、見た目からアクティブでお洒落な社長が乗るのに良い。セダンではないので固いイメージもつかない。しかし、ベンツはベンツなので、中小企業の社長などは企業間の事を考えて購入されるのが良い。営業などでは使いづらいが、プライベートにはふさわしい人気車種だ。

―グイド社長は、日本市場でマセラティブランドをどのようなブランドに育てていきたいとお考えですか?

さらに、大径タイヤの採用によって得られた従来のセダンより高いヒップポイントを活かし、乗り降りがしやすく、視界の良い着座位置を実現。頭の上や前後の空間もより広く確保し、どの席に座っても特等席と感じられる、居心地のいい室内空間を目指しました。

発表会の質疑応答で中日新聞の記者が質問すると、豊田章男社長は「最初に“セダン廃止”と報道していただいたのは中日新聞なのですが。まず、われわれは一切言っていませんから」と皮肉まじりに反撃していた。その後に「でも、そのおかげで本当にクラウンのムーブメントを作っていただいたと思っています」とフォローしたのは、大人の反応である。

スポーツセダン、ということだったら後述するスバルWRXが適任です。しかし今回は「スポーティーセダン」ですので、若干のプレミアム感も求められます。そうなるとBMW3シリーズなどに対抗できるのは、昨年マイナーチェンジでカンフル剤が投入されたスカイラインでしょう。

第3位はレクサスLSと悩みましたが、2014年日本デビューのホンダの最上級セダンのレジェンドとします。この車、月販台数は数十台と、全くといっていいほど売れていません。ただし中身はホンダの最新技術が惜しみなく投入された実力車。特に3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」は3.5Lエンジンに前輪1つ、後輪2つのモーターを組み合わせることで、前後だけでなく後輪左右の駆動配分をコントロールする先進のシステム、そう、ホンダが誇るスーパースポーツカーNSXと同じシステムが搭載されているのです。

ESはトヨタカムリをベースにしていることから分かるように現行レクサスのセダンとして唯一FF(フロントエンジン・フロントドライブ)を採用し、同クラスのライバルに比べて広い室内が特徴です。レクサスの日本導入前はトヨタウィンダムという名前で販売されていたESですが、その後は日本への導入が見送られていました。2018年10月に登場した7代目でようやく日本市場デビュー、日本には2.5Lハイブリッドの「ES300h」のみが導入されています。

なんと言っても、車はセダンが一番。

クラウンが日本の高級セダンだとしたら、ESはグローバルの高級セダンです。全長4,975mm、全幅1,865mm、全高1,445mmと、クラウン(全長4,910 mm、全幅1,800 mm、全高1,455 mm)と比べ、その長さと幅にグローバルを感じさせます。内装の仕立ても欧州車よりはややアメ車に近いテイストで、そのあたりにもグローバルを感じることができるでしょう。高級セダンなのにFF?という固定観念を持っている人には無理にすすめませんが、クラウンのそれでも残る日本的な世界観が好きではない方には最善の選択かと思います。

そうした背景もあり、今後も社長や役員などではセダンからSUVという需要の移り変わりは続くのかもしれません。

国内の月販目標は2200台と、セダンもあるインプレッサの2500台に迫る。スバルはSUVを中心に販売を伸ばしており、「こういうジャンルに強く反応する層に訴求する」(吉永社長)戦略でブランド力と規模拡大の両立を狙う。

ハイブリッドカーの代名詞であるトヨタプリウス。初代は奇抜なスタイルのセダンでしたが、2代目以降、独特なファストバックスタイルを持つハッチバックへと変更され、現行型となる4代目もその流れを汲むデザインを採用しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました