先見えない 就活の「常識」に苦悩

FXブログ
先見えない 就活の「常識」に苦悩
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 先見えない 就活の「常識」に苦悩

先見えない 就活の 常識

就活成功を勝ち取る3月の過ごし方|勝負の月を有意義に過ごそう!

就活のゴールを目指すにあたって、将来の「やりたいこと」が明確になっていることはやはり重要です。ここで言う「就活のゴール」とは、単純な「内定獲得」という意味ではなく、入社後に訪れる「事前イメージとのギャップ」を防ぎ、仕事人生への充実したスタートを切ることです。

自分にとって楽しいことや苦手なことが曖昧なまま就活をしていると、アピールすべき自分の良さが理解できていなかったり、好きなこととつながっていかない職種や業界を受け続けてしまったりしがちです。さらに、志望先も世間の評判や福利厚生などほかの要素でブレてしまうなど、自分の軸が持てずに、その結果、長期化してしまうことにもなりかねないのです。

就活生の段階で、あるいは社会人でも、上場企業をすべて知っている人は少ない。優良企業であるにもかかわらず、CMを出していないなどの理由で知られていない企業を、シキホー!Mineでは発掘できる。

面接の最後は就活生からの逆質問の時間になるケースが一般的です。その際に避けるべき内容を聞いてしまうこともありがちなルール違反と言えます。

しかし、最終的に就活を終え、入社企業が決まっていてもなお「やりたいこと」が見つかってはいない学生も2割弱存在します。この数字が多いか少ないかは意見が分かれそうなところですが、常識的な感覚とはあまり乖離していないデータでしょう。

男性の場合、軽くあごを引いて、前をまっすぐ見る。口角を上げて、歯を見えない程度に微笑むのがポイントです。服装はスーツで、派手すぎないネクタイを選びましょう。髪型は程よい短髪がベスト。長髪やワックスを付けすぎた髪は、就活の場にはふさわしくないためNGです。

就活リサーチ 4社に3社はまだ「採用活動継続中」

入社後の「こんなはずじゃなかった」という何らかのイメージ・ギャップは、8割近くの新入社員が経験することもわかっています。そこで本コラムでは、この入社後のリアリティ・ショックを防ぐためにはどのような就活をすればいいのか、そしてそのことと、「やりたいこと」を持つということの関係を見ていきたいと思います。

また、3年生になると次第に就活に向けてやるべきことが増えて忙しくなります。今のうちにできることから始めておきましょう。

就職みらい研究所の『就職白書2019』によると、2019年卒の平均プレエントリー数は27.4社でした。「就活の時期や志望業界、就活を展開する地域によっても違いますが、目安としては25社ぐらいはエントリーを、また10社くらいは面接を経験してみてください。

【3〜4年生向け】就活で絶対やるべきこと8選!やることを明確にして就活を進めよう!

23年卒の先輩が語る!「就活生の夏の過ごし方」

最低限必要なルールやマナーから意識しよう多くの就活生にとってこのようなルールやマナーを意識する場面は不慣れなため、最初から完璧にこなすことは難しいです。面接官も毎年就活生を相手にしているので、その点は充分わかっています。安心してください。ただし、マナーの中には「できていると良いもの」と「できないと失礼にあたるもの」があります。まずは挨拶や名刺の受け取り方など、できないと失礼なものから注意深く意識するようにしてくださいね。

女性の場合、「表情」のポイントは男性と同じです。それに加えてメイクについてですが、就活時のメイクはお洒落のためのメイクではないので、厚化粧は避け、表情が明るく見えるような薄いメイクを心掛けましょう。特に注意したいのがファンデーション。首と顔の部分が馴染んでいないと目立つので、肌馴染みのいいものを選ぶようにしてください。服装はスーツで、インナーはシンプルなデザインのものにします。アクセサリーは外してから撮影しましょう。髪型は、前髪が目にかからないように気を付けて、髪が長い場合は結びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました