FX/為替「7月は円安更新からの円高。トルコリラ/円が年初来安値更新」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 対象期間:2022年7月1日~7月31日

FXブログ
FX/為替「7月は円安更新からの円高。トルコリラ/円が年初来安値更新」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 対象期間:2022年7月1日~7月31日

f:id:gaitamesk:20220413203002j:plain

外為どっとコムのFX取引口座『外貨ネクストネオ』1カ月間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。

文責:外為どっとコム総合研究所

集計期間:
2022年7月1日~7月31日の営業日

▼変動率ランキング
トルコリラ/円がトップ

▼スワップポイント累計ランキング
ユーロ/トルコリラ(売)が首位

▼取引高ランキング
ユーロ/ドルが第3位に

▼まとめ

変動率ランキング:トルコリラ/円がトップ

計測期間である7月中で最も変動率が高かったのは、トルコリラ/円だった。為替レートで見ると、月初の8.13円台から7月29日には7.37円台まで下落し年初来安値を更新した。21日にトルコ中銀は、インフレ率が80%に迫る中でも政策金利を14%に据え置いたことがリラ安に繋がる要因となった。

ドル/円は変動率5.20%の第10位になった。6月の上昇の勢いは変わらず7月14日には139.39円台へ上伸。約24年ぶりの円安水準となった。しかし、その後は、米国の景気減速懸念や利上げペースの減退観測から調整局面となり7月29日に132.50円台まで下落した。

集計期間中、3%を超える変動があったのは集計対象29通貨ペアのうち27通貨ペアだった(前回:27通貨ペア)。その内5%以上の変動幅を記録したのは14通貨ペアだった(前回:19通貨ペア)。

順位 通貨ペア 変動率 高値 安値
1 TRY/JPY 10.32% 8.134 7.373
2 USD/TRY 7.86% 17.9739 16.6646
3 SEK/JPY 6.88% 13.637 12.759
4 EUR/TRY 6.82% 18.3976 17.2233
5 EUR/AUD 6.11% 1.53973 1.45112
6 NOK/JPY 6.09% 14.049 13.243
7 EUR/USD 5.36% 1.04847 0.99516
8 AUD/USD 5.25% 0.70319 0.66813
9 HKD/JPY 5.23% 17.747 16.865
10 USD/JPY 5.20% 139.393 132.501
11 EUR/NZD 5.17% 1.69666 1.61328
12 ZAR/JPY 5.13% 8.395 7.985
13 EUR/JPY 5.08% 142.429 135.546
14 CNH/JPY 5.06% 20.63 19.637
15 AUD/JPY 4.75% 95.76 91.416
16 NZD/USD 4.43% 0.63283 0.60599
17 NZD/JPY 4.30% 86.586 83.02
18 CAD/JPY 4.14% 107.64 103.358
19 GBP/USD 4.13% 1.22455 1.17601
20 MXN/JPY 4.12% 6.797 6.528
21 USD/CHF 4.04% 0.98851 0.95008
22 EUR/GBP 3.99% 0.86782 0.83454
23 SGD/JPY 3.79% 99.689 96.047
24 GBP/JPY 3.71% 166.341 160.396
25 GBP/AUD 3.55% 1.78185 1.72081
26 USD/CAD 3.40% 1.32228 1.27879
27 CHF/JPY 3.20% 143.111 138.673
28 AUD/CAD 2.97% 0.89931 0.87335
29 AUD/NZD 1.98% 1.11789 1.09615

 

スワップポイント累計ランキング:ユーロ/トルコリラ(売)が首位

ユーロ/トルコリラ(売)の首位は変わらなかった。ドル/トルコリラ(売)が第2位、メキシコペソ/円(買)が第3位、南アランド/円(買)が第4位、ユーロ/NZドル(売)が第5位になっている。

※MXN/JPY、ZAR/JPY、HKD/JPY、CNH/JPY、NOK/JPY、SEK/JPYは10万通貨あたり。
※前週終値に取引数量を掛け合わせた取引残高に対してのスワップポイント合計

順位 通貨ペア 売買区分 スワップ合計 円 取引保証金
1 EUR/TRY 8540 57,000
2 USD/TRY 5678 56,000
3 MXN/JPY 3650 30,000
4 ZAR/JPY 3080 40,000
5 EUR/NZD 2359 57,000
6 EUR/USD 2166 57,000
7 EUR/AUD 1776 57,000
8 USD/JPY 1747 56,000
9 GBP/JPY 1646 67,000
10 EUR/GBP 1488 57,000
11 SGD/JPY 1450 40,000
12 CAD/JPY 1412 43,000
13 NZD/JPY 1179 35,000
14 AUD/JPY 884 39,000
15 CNH/JPY 700 90,000
16 HKD/JPY 670 80,000
17 USD/CHF 642 56,000
18 TRY/JPY 565 4,000
19 GBP/USD 451 67,000
20 AUD/CAD 372 39,000
21 AUD/NZD 197 39,000
22 AUD/USD 133 39,000
23 USD/CAD 49 56,000
24 GBP/AUD 41 67,000
25 EUR/JPY 39 57,000
26 NOK/JPY 0 60,000
27 CHF/JPY -75 58,000
28 SEK/JPY -100 60,000
29 NZD/USD -116 35,000

 

取引高ランキング:ユーロ/ドルが第3位に

期間中の取引高ランキングは、ドル/円の首位は揺るがなかった。前回は第6位だったユーロ/ドルが第3位に躍進した。集計期間中、1.0(パリティ)割れを試すなど、歴史的な水準まで下落してきたことで、売買が交錯したものと思われる。一方で前回第3位だったメキシコペソ/円は第6位に下落している。

順位 通貨ペア 前回順位
1 USD/JPY 1
2 AUD/JPY 2
3 EUR/USD 6
4 EUR/JPY 5
5 GBP/JPY 4
6 MXN/JPY 3
7 ZAR/JPY 7
8 AUD/USD 9
9 GBP/USD 8
10 NZD/JPY 10
11 TRY/JPY 11
12 EUR/AUD 13
13 CAD/JPY 14
14 CHF/JPY 12
15 NZD/USD 18
16 GBP/AUD 16
17 CNH/JPY 15
18 EUR/GBP 19
19 AUD/NZD 21
20 USD/CHF 17
21 USD/CAD 20
22 NOK/JPY 24
23 EUR/NZD 26
24 USD/TRY 25
25 AUD/CAD 22
26 EUR/TRY 23
27 SEK/JPY 28
28 HKD/JPY 27
29 SGD/JPY 29

 

まとめ

取引高をみるとユーロ/ドルの順位変動が目立った(前回6位、今回3位)。米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げペースを早めるとの観測が浮上する中、ユーロ圏のリセッション(景気後退)懸念が台頭し、ドル高ユーロ安が進んだ。その中で7月中旬には、ユーロ/ドルがパリティ割れとなり歴史的な水準で売買が交錯したと思われる。
主要国では、高インフレを抑えるために利上げを行う一方でリセッション懸念が拭えない。今後も利上げペースや景気関連指標を注視していきたい。

■関連情報

外為情報ナビ「騰落率」※画面中段

外為情報ナビ「取引データ」

スワップポイントカレンダー

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替「7月は円安更新からの円高。トルコリラ/円が年初来安値更新」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 対象期間:2022年7月1日~7月31日

マネックス証券のFX PLUSなら取引手数料が0円です

FX PLUSでは、取引対象である通貨の価格の変動により元本損失が生じることがあります。また、取引金額が預託すべき証拠金の額に比して大きいため(具体的な倍率は当社ウェブサイトをよくご確認ください)、取引対象である通貨の価格の変動により、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損)ことがあります。 さらに、取引対象である通貨の金利の変動により、スワップポイントが受取りから支払いに転じることがあります。FX PLUSは、店頭取引であるため、当社・カバー先の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。FX PLUSでは、損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられていますが、相場の急激な変動により、元本超過損が生じることがあります。加えて、相場の急激な変動により、意図した取引ができない可能性があります。

将来円安が進むと考えるなら、資産全体の外貨比率を上げておくと良いでしょう。マネックス証券のFX PLUSなら取引手数料が0円です。自動ロスカット、追加証拠金制度による強制決済執行時の取引手数料も0円です。また、株式と異なり24時間お取引いただけます。

また、FX PLUS口座の開設には一定の審査がございます。審査の結果によっては開設できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

外為どっとコムのFX取引口座『外貨ネクストネオ』1カ月間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。

FX PLUSは、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「FX PLUS口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

外国為替証拠金取引(FX)では「高金利通貨買い・低金利通貨売り」を行うと、 2通貨の金利差相当の「スワップポイント」を受け取れますが、その源泉は「高金利通貨売り・低金利通貨買い」をしている人の支払うマイナスのスワップポイントです。FXは「参加者同士がお金を取り合う」もので、誰もが勝者になれるゲームではありません。

FX PLUSは、「FX PLUS口座」を開設すると、ご利用いただけます。もちろん口座開設・維持費は無料です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました