飲料陳列ロボ ファミマで導入拡大

FXブログ
飲料陳列ロボ ファミマで導入拡大
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 飲料陳列ロボ ファミマで導入拡大

飲料陳列ロボ ファミマで導入拡大

現状、あらゆる国家のあらゆる産業の最大の制約要因は人的資源です。特に日本のような成熟した先進国においては、労働力の不足が人間の社会生活を下支えしている小売・物流業界などで急速に顕在化しつつあります。TXはファクトリーオートメーション以外の領域、かつ社会の生活インフラとして機能している産業向けにロボットの大規模な生産と社会実装を進めることで、ロボットという新たな労働力を実質的に無尽蔵に供給することを目指しています。TXのロボットが強力なアジテーションとなることで、これまでその大部分を人間が担っていた単純労働が減少し、新たに生まれる余剰リソースが市場メカニズムを通じて適切に再分配される動きがうまれることで、長期的には、人間社会は全自動資本主義、不労の社会へと移行していくと考えています。

ファミリーマートは、飲料を補充するAIロボットをファミリーマート店舗に導入する。これまで店舗スタッフが実施していた飲料補充業務をロボットに24時間体制で代行する。2022年8月から順次導入を開始し、今後300店舗へと拡大する(写真1)。

ファミリーマートは8月10日、Telexistenceが開発したAIロボット「TX SCARA」、店舗作業分析システム「TX Work Analytics」を順次導入し、今後300店舗へ拡大すると発表した。

環境の変化などにより、まれにロボットによる陳列エラーが発生した場合(陳列位置を間違える、飲料が倒れるなど)は、ロボットは遠隔操作モードに切り替わる。遠隔操作モードでは、VR(仮想現実)ヘッドセットとインターネットを介してロボットを遠隔制御する。

TX SCARAは飲料の在庫状況を24時間モニタリングします。AIシステム『GORDON』ではこれを受けながら、商品の陳列タイミングの予測やスケジュ-リングを行い、TX SCARAへの飲料補充の指示を行います。この『GORDON』の学習環境に、AIワークステーションであるNVIDIA DGX Stationを採用しました。多様なパターンでの商品陳列のシミュレーションを行うことで効率的で最適な画像認識のモデル作成を実現しています。

「TX SCARA」は、店舗従業員への作業負荷の大きい飲料補充業務を24時間行い、これまで人間が行っていた飲料補充業務を完全になくすことを目指す。

コンビニエンスストア大手のファミリーマートは10日、店舗の飲料補充にAI(人工知能)を搭載したロボットを活用すると発表した。

今月から順次導入を始め、令和6年までに全国300店舗にまで増やす。コンビニ業界は人手不足が深刻なうえ、飲料の補充は従業員への作業負荷も大きいことから、AIロボ導入で作業環境の改善を図る。

AIロボットとして、Telexistenceが開発した「TX SCARA」を採用した。24時間動作し、冷蔵ケースの陳列棚を常時スキャンして在庫状況を把握する。ロボットに搭載された複数のカメラで飲料陳列棚をスキャンし、品薄になっている飲料を検知して陳列のための最適な経路プランを生成し、ロボットに陳列を指示する。さらに、過去の時間帯別の売れ行きデータを踏まえて、陳列の優先順を判断する。

AIロボの活用で、1店舗あたり平均2割程度の作業時間を減らせるという。ファミマでは冷蔵ケース裏の温度が低いため、作業負担があると認識していた。

ファミマはこのAIロボのほかにも、JR東日本系のTOUCH TO GO(タッチトゥーゴー、東京都港区)が開発した無人決済システムを一部店舗ですでに導入するなど、人手不足と人件費高騰への対策を進めている。

●TX SCARA:CVSバックヤードでの飲料陳列にロボットの関節軸構成やリンク長などを最適化した自社開発ロボット。既存店舗のバックヤード環境を変更せずに導入可能なハードウェアを実現。

ファミリーマートによると、同チェーンでの1日あたりの飲料販売本数は1000本に達することもある。以前は店舗スタッフが1日に何度も売り場を離れ、冷蔵ケースに飲料を補充していた。低温のバックヤードでの陳列は作業負荷が高かったという。

このたび導入するTXが開発したAIロボット「TX SCARA」は、店舗従業員への作業負荷の大きい飲料補充業務を24時間行い、これまで人間が行っていた飲料補充業務を完全になくすことを目指します。TXのロボット・AI技術の活用により、店舗人員を増やすことなく新たな時間が創出され、店舗の労働環境や売り場の更なる質の向上、店舗の採算性の改善が可能となります。 また、店舗作業分析システム「TX Work Analytics」も併せて導入いたします。店舗従業員が位置情報の発信機を装着し、店内に設置された受信機が位置データを認識することにより、各時間帯における業務の作業時間を可視化・分析が可能となり、店舗業務の一部をAIロボットが担うことを前提とした最適なワークスケジュールと人員配置を進めることで、店舗経費の低減とより質の高い店舗運営の実現に繋げてまいります。

●Gordon:TX独自のAIシステムであり、冷蔵ケースの商品充足状況 (Shelf Scanning Module)や陳列すべき飲料の把持点などを認識し、把持から陳列までのエンドエフェクタの経路計画生成を行う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました